荘内銀行にはローンのプランとして「ドリームコンシェル」と「ドリームコンシェルリトライ」というかたは、2つのプランがあります。まずは「ドリームコンシェル」に申し込み、「ドリームコンシェル」の審査に落ちてしまった場合には「ドリームコンシェルリトライ」ん再び申し込むといった感じです。マイカーローンや学資ローンなどにこれらのプランが適用されているのですが、ローンの中でカードを使って自由に借り入れできるのが「カードローンプラン」と「学資プラン」です。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
4.5~14.6 500万 自行ATM、提携ATM 不明
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~70 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由

荘内銀行カードローン
公式サイトへ

荘内銀行カードローン申し込みと審査

荘内銀行のカードローン「ドリームコンシェルカードローンプラン」に申し込むには、インターネット以外にも、来店やファックス、電話で申し込みをすることができます。電話で申し込みをする際には、平日の9時から19時までが受付時間ですので注意してください。

ドリームコンシェル仮審査を通過しない場合はリトライで再審査できます

申し込みを完了させると、仮審査申込書に基づいて迅速に審査が開始されます。その段階で、自宅や勤務先へ電話がある場合もあります。仮審査の結果が連絡され、その結果融資可能と判断されればそのまま契約ですが、万が一「ドリームコンシェルカードローンプラン」の審査に落ちてしまった場合には、同条件で「ドリームコンシェルリトライカードローンプラン」の審査が行われ、その後その結果も知らされます。契約は来店して行う必要がありますので、本人確認書類と所得証明書、荘内銀行の口座とその届出印を持っていきます。なお、荘内銀行の口座を開設していない方は口座開設をしなければなりません。

荘内銀行カードローン特徴

主婦やアルバイトの方も申し込める「ドリームコンシェルカードローンプラン」

荘内銀行のカードローン「ドリームコンシェルカードローンプラン」は、主婦やパート、アルバイトの方も申し込みが可能なカードローンです。この商品の限度額は10万円から500万円の8段階ですが、主婦の方は10万円まで、パートやアルバイトの方は30万円が限度額の上限となります。借り換えや事業資金、投機資金としては使えません。「ドリームコンシェルリトライカードローンプラン」も、基本的な商品概要は同じなのですが、金利だが異なります。「ドリームコンシェルカードローンプラン」が年4.5~14.6%なのに対して、「ドリームコンシェルリトライカードローンプラン」は年10~14.6%となっており、下限金利の高さが目立ちます。

お子さんの教育資金には「ドリームコンシェル学資プラン」

荘内銀行のローン商品「ドリームコンシェル学資プラン」は、お子さんの教育資金を利用目的としたローン商品です。限度額は通常10万円から500万円までなのですが、お子さんが医学系や芸術系大学、大学院に限り1000万が限度額の上限となります。カードローンタイプの場合、通常の毎月返済タイプと比べると手数料がかかりません。学資プランにも「リトライ」があり、カードローンプランと同様に基本的なスペックは変わりありません。ただし金利が異なり、「ドリームコンシェル学資プラン」が年3~4.5%なのに対して、「ドリームコンシェルリトライ学資プラン」4.5~5%となっております。カードローンプランと比べると、リトライの金利面での不利はあまりなさそうです。

ドリームコンシェルカードローンプラン ドリームコンシェルカード学資プラン
年利(%) 4.5~14.6(リトライは10~14.6) 3~4.5(リトライは4.5~5)
限度額 500万 500万(一部は1000万)
年齢 20~70 20~70
年収条件 特になし 特になし
勤続年数 特になし 特になし
保証会社 フィデアカード(リトライはオリコ) フィデアカード(リトライはオリコ)

荘内銀行カードローン

荘内銀行カードローンまとめ

通常ですと、一度ローンに落ちてしまった後にすぐに申し込んでも、まず審査は通りません。しかし、荘内銀行のような「リトライ」制度を設けていることで、金利の条件は異なるものの、それ以外はほぼ同じ条件で融資を受けられるのはうれしいですね。