北日本銀行には「アスモ」というカードローン商品があります。申し込みも非常に気軽に行えますし、契約まで面倒な来店は必要なし、自動融資機能もついており、充実のカードローン商品です。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
4.5~14.8 500万 自行ATM、提携ATM、自動融資 不明
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~63 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落、ネットバンク 原則自由

北日本銀行カードローン
公式サイトへ

北日本銀行カードローン申し込みと審査

北日本銀行のカードローン「アスモ」には、いろいろな申込方法があります。利便性重視ならば、年中無休24時間受付してくれるパソコンやスマートフォン、携帯電話がおすすめです。相談しながら疑問を解決して申し込みたい方は、平日は9時から19時まで、土曜日も9時から12時まで受け付けている電話がいいでしょう。窓口でも申し込みを受け付けていますので、こちらでも安心確実な申し込みができます。契約事は確実に書面でという方は、ファックスや郵送がおすすめです。ユニークなのはATM。北日本銀行のATMからであれば、タッチパネル操作で申し込むことができるのです。

「郵送契約」を選ぶと来店が不要です

インターネットで申し込みの方法は、3分で入力が完了して詳細は電話でうかがう「かんたん申し込み」とインターネット上で完結する「通常申込」とがあります。申し込みが完了しますと、内容確認のために北日本銀行ならびに保証会社から電話が来る場合があります。審査が完了しますと、申込書に書いた連絡先に電話連絡が来て、その結果融資可能と判断されれば、正式な申し込みへと進みます。契約は北日本銀行の口座の有無によって「郵送契約」と「窓口契約」とに分かれます。口座を持っていれば「郵送契約」となりまして、来店の必要はありません。自宅に申込書類が送られてきますので、記入の上返送してください。「窓口契約」の際にはその前に北日本で口座開設をしなければなりませんので、本人確認書類などを持参のうえ来店してください。

北日本銀行カードローン特徴

リトライサービスで再チャレンジできる

通常、カードローンやキャッシングの審査に落ちた直後にカードローンの申込をしても、「申し込みブラック」という状態になり、まず審査には通過しません。しかしそれでもすぐにお金を借りたいという方のために、北日本銀行では「リトライサービス」を実施しています。申し込みをする際、まず保証会社は「きたぎんユーシー」となるのですが、そこでの審査で落とされてしまった場合、保証会社を「オリコ」と「SMBCコンシューマーファイナンス」にして、同一内容で2社同時に「アスモ」に再申込みできるのです。きたぎんユーシーと比べれば審査は比較的柔軟な2社ですので、融資への扉は大きく開かれるでしょう。

自動融資サービスとスイングサービス

北日本銀行のカードローン「アスモ」ではほかにも、自動融資サービスとスイングサービスも実施しています。ATMから預金を引き出したり、公共料金やクレジットカードの口座振替で残高が不足する際に、「アスモ」から自動的に不足分を融資してくれるサービス、それが自動融資サービスです。スイングサービスとは、カードローンの返済に入金したら多く入れすぎてしまい残高がプラスになった時、自動的に預金口座の方に振替入金してくれるサービスです。

限度額 1stの年利(%) 2ndの年利(%) 3rdの年利(%)
~100万 7 10 14.8
100万~200万 6.5 9.5 なし
200万~300万 6 9 なし
300万~400万 5 8 なし
400万~500万 4.5 7.5 なし

北日本銀行カードローンまとめ

「アスモ」ではユニークなサービスを数多く実施していますが、もちろん限度額や金利も優れています。使い方次第では非常に使い勝手の良いカードローンとなるでしょう。