親和銀行には、「ナイスカバー」と「教育カードローン」の2種類のカードローン商品がありましたが平成28年1月5日(火)より「親和銀行カードローン」へ移行しました。「親和銀行カードローン」は事業資金でなければ利用目的を特に問われず、簡単に申し込みができるカードローンです。一方の「教育カードローン」は、利用目的を教育に限定していますが、限度額が1000万円までありますので、お子さんの海外留学の際にも安心です。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
3.0~14.5 10万円~1,000万円 自行ATM、提携ATM、口座振込 不可
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~69 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由(事業性資金は除く)

公式サイトへ

親和銀行カードローン申し込みと審査

親和銀行カードローン」には、「WEB完結申し込み」と「郵送での手続き」の2種類の申込方法があります。「WEB完結申し込み」は、親和銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っている方が利用できる方法です。
インターネットから審査の申込を行いますと、在籍確認などの審査が行われます。その後、最短で翌営業日に電話で審査結果の連絡が来て、そのまま申し込み内容の確認、限度額や金利に関して了承いただければ契約完了です。急いでお金が必要な方は、その翌営業日までに口座へ振り込みもできます。ローンカードが郵送で届いた後は、ATMからも借り入れが可能です。

郵送の場合は最短で8営業日以降の振込み

「郵送の手続き」は、インターネット以外にもファックスや電話、そして郵送での仮審査申込が可能です。申込の翌営業日に、確認の電話が来る場合もあります(インターネットでの申し込みの場合は必須)。仮審査申込後最短3日で、審査結果が郵送で送られてきます。融資可能の場合には申込書などが送られてきますので、必要書類とともに返送してください。こちらの申込方法も、カード到着前に振り込んでもらうことが可能です。申込から最短で8営業日には振り込んでもらえます。

親和銀行カードローン特徴

初めての方でも安心の「親和銀行カードローン」

親和銀行カードローン
「親和銀行カードローン」では、運転免許証があれば申し込みは可能で、面倒な所得証明書などは準備する必要はありません。ローンカードの郵送の際には、カードローンと分からないように封筒を工夫してありますし、郵送の際には運送会社のセキュリティパックを利用しますので、安心ですね。パートやアルバイト、そして年金受給者の方も申し込めます。専業主婦(夫)の方は、配偶者の方に安定した収入があればお申込みできます。


ご利用限度額

ご融資利率

10万円~ 100万円

14.5%

100万円超~ 200万円

12.0%

200万円超~ 300万円

10.0%

300万円超~ 400万円

8.0%

400万円超~ 500万円

7.0%

500万円超~ 600万円

6.0%

600万円超~ 700万円

5.0%

700万円超~ 800万円

4.0%

800万円超~1,000万円

3.0%

1000万円まで融資してくれる「教育カードローン」

親和銀行教育カードローン
親和銀行の「教育カードローン」は、最高1000万円まで融資をしてくれる頼りになるカードローンです。ただし、設定される限度額は年収の2分の1を上限としますので、1000万円の限度額を手にするには年収が2000万円以上はなければなりません。教育カードローンには利用期限があり、お子さんの卒業予定年月+1年で、最長でも8年3か月までです。金利も年4.5%と安心の低金利ですし、何より教育ローンならではのゆとりの返済計画が魅力的です。お子さんが在学中は、利息のみの返済でOKですので、何かと物入りの在学中にはありがたいですね。必要な時に必要な分だけ、ATMから借り入れできるのは、カードローンのメリットを生かしています。

ナイスカバー 教育カードローン
限度額 1000万円 1000万円
年利(%) 3.0~14.5 4.5
利用目的 原則自由 お子さんの教育資金
申込方法 インターネット、電話ファックス、郵送 インターネット、電話ファックス、郵送、窓口
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ふくぎん保証株式会社株式会社ジャックス

親和銀行カードローンまとめ

「親和銀行カードローン」のWEB完結申し込みは魅力的ですが、即日融資はできず最短でも2営業日はかかってしまいます。一方で、「教育カードローン」はなかなかのハイスペックで、金利や限度額はもちろん、使い勝手もなかなかいいです。ただし、お子さんの教育のみで、親御さんの自己啓発などに使えないのは残念です。