宮崎銀行には、2種類のカードローンがあります。WEB完結型の申込が可能な利便性の高いカードローンに、パートやアルバイト、そして主婦も利用可能な申込の間口が広いカードローンがあります。金利に関してはどちらも標準的ですし、申し込み方法もインターネット以外に多岐に渡っていますので、便利なカードローンといえそうです。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
6~14.6 500万 自行ATM、提携ATM、口座振込、自動融資 不可
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~65 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由

公式サイトへ

宮崎銀行カードローン申し込みと審査

宮崎銀行のカードローン「おまかせくん」であれば、WEB完結で申し込みが可能です。WEB完結とは、大手消費者金融などで採用荒れているもので、申し込みから審査、そして契約まですべてをインターネット上で行える便利なものです。WEB完結で申し込めばスピーディーに融資を受けられるものの、限度額は上限200万円に制限されますので、さらに多くの融資を受けたい方はそれ以外の申込方法にしましょう。

口座がない場合は郵送から移転での契約です

また、宮崎銀行の普通預金口座を持っている方とそうでない方では、申し込みの流れが多少異なります。ネット申し込みを例に挙げますと、ホームページに申し込み内容を入力しますと、審査結果が知らされます。その後来店して契約するか郵送で契約するかを選択し、契約を完了させれば融資の運びとなります。一方普通口座を持っている方は、WEB完結を利用可能です。ローン申込画面で受付を終了後、最短で翌営業日に電話でアコムによる審査の結果が知らされます。その後在籍確認の電話があり、電話にて契約内容の確認があります。カードが到着後にお金を借りることも可能ですし、到着前にお金を振り込んでもらうことも可能です。

宮崎銀行カードローン特徴

WEB完結が可能な「おまかせくん」

「おまかせくん」は、宮崎銀行の口座を持っていなくても申し込み可能ですが、その場合の返済はATMを使って行います。そのATMは宮崎銀行はもちろん、コンビニエンスストアや全国の提携金融機関のATMで、借入と返済の利用が可能です。専業主婦やパート、そしてアルバイトに年金受給者の方も申し込み可能です。
限度額は10万円から500万円までで10万円単位と、なかなかゆとりのある限度額です。限度額に応じて適用される金利も年6%から14.5%まで幅広いです。おまかせくんの金利は、限度額が10万円から100万円の間であれば、その限度額でも年14.5%です。より10万円に近い人は得をしますね。

「SaKuLa」

もう一つのカードローンは「SaKuLa」です。こちらのカードローンは、原則として宮崎銀行と取引のある方限定です。「おまかせくん」の保証会社がアコムなのに対して、「SaKuLa」の保証会社は株式会社宮崎信販となっています。宮崎信販の筆頭株主は宮崎銀行ですので、宮崎銀行との取引が審査に大きく影響してくるのは間違いありません。

主婦やパート・アルバイトでも申込可能(専業主婦は除く)

限度額は20万円、30万円、50万円、100万円、そして200万円で、金利は年11.4%~14.6%となっています。「SaKuLa」には自動融資機能がついており、引き落としで口座の残高が不足する場合、自動的に融資をしてくれる機能です。こちらのカードローンの場合、働いている主婦は申し込めそうですが、専業主婦は申し込めないようです。

おまかせくん SaKuLa
申込対象者 専業主婦、パート、アルバイト、年金受給者も可 主婦、パート、アルバイトも可
年利(%) 6~14.5 11.4~14.6
限度額 500万円まで 200万円まで
保証会社 アコム株式会社 株式会社宮崎信販
口座の必要性 不要 必要

宮崎銀行カードローンまとめ

2つのカードローンを比較してみると、スペックとしては「おまかせくん」の方が高いです。専業主婦や年金受給者も申し込めるのは、「おまかせくん」ならではです。利便性も金利も、そして限度額も「おまかせくん」が有利です。あえて「SaKuLa」に申し込めるメリットがあるとすれば、宮崎銀行と取引があり審査に一抹の不安を抱えている人、でしょうか。