イオン銀行の教育ローンは年率2.80%で借り入れ期間が最長で15年、元金据え置きが最長で6年、最大500万円まで融資を受けることができ、さらにイオン銀行で給与振込をしている場合は年率0.1%、カードローンの取引がある場合なら年率0.9%の金利をそれぞれ優遇してもらえます。そのため、教育ローンでの借り入れとカードローン契約を同時に行うと最大1.0%の金利優遇が受けられます。
イオン銀行教育ローン
イオン銀行はイオンモールなどを運営するイオングループの銀行で、主にイオンのショッピングセンター内にイオン銀行の店舗があります。ショッピングで訪れる主婦などの多くの消費者の利用しやすい商品が提供されています。教育ローンは幼稚園から大学院、専門学校、予備校といった子どもの成長に合わせた利用しやすい商品になっています。教育ローンでは学校関連費用や、教科書代、引越し費用など学校の授業料や入学金以外の用途にも利用できます。
ただし、借り換えなどのように、学校に支払う資金以外の用途だけが目的の場合には申し込みができません。また、他社の教育ローンを利用している場合にも申し込みができません。
金利は変動金利となっており、1年に2回見直しされています。しかし、申し込み時の手数料や保証料がなく、担保や保証人も必要ありません。

イオン銀行の教育ローン申し込みに当たって

申し込みにかかる期間は、書類の返送や審などで最低2週間を見ておく必要がありますので、余裕をもった申し込みがおすすめです。
イオン銀行店舗で15時までに教育ローンを申し込んだ場合には審査結果が最短で当日中に受け取れるというスピード審査が特徴です。また、土日祝日いつでも審査を受けることができます。

イオン銀行の教育ローンに申し込むことができるのは、個人で申し込みを行う日本国内に居住している人で、就学予定者の親権者や兄弟、当人かその配偶者となっています。
海外に居住予定の人や外国籍で永住許可を受けていない人は申し込めません。また、前年度の税込年収が200万円以上で安定継続した収入が見込め、契約時の年齢が満20歳以上、完済時年齢満70歳未満、そしてイオン銀行に普通預金口座のある人で、保証会社であるイオンクレジットサービスの保証を受けることができる人となっています。
これらの条件をすべて満たす人が教育ローンを受けられます。しかし、年金受給を受けている人や学生、無職の人は利用できません。

まとめ

教育ローンは子どもの教育費といった特定の目的のために利用されルローンで、住宅ローンやカーローンなどに比べると金利面でも比較的優遇を受けられるという特徴をもっています。奨学金と比べると、申し込みの手続き面が手軽といえます。
イオン銀行の教育ローンは年率2.80%で借り入れ期間が最長で15年、元金据え置きが最長で6年、最大500万円まで融資を受けることができます。
子どもの成長に合わせた利用しやすい商品で、学校関連費用や教科書代、引越し費用など、学校の授業料や入学金以外の用途にも利用できます。教育ローンの申し込みを行う場合には今後の見通しをきちんともち、無理のない返済計画を立てておくことが重要です。

教育ローンの特徴と返済計画について

教育ローンは銀行や郵便局、国民金融公庫といった様々な金融関連の会社の金融商品です。教育ローンは他のローンに比べると、金利面でも比較的優遇されているという特徴があり子どもの教育費といった特定の目的のために利用されています。
しかし、その使途はフレキシブルなものもあり、学校の学費や入学金だけでなく、留学や下宿関連費、資格取得などにも利用できるものもあります。
教育資金の借り入れなどには奨学金などもありますが、教育ローンに比べると必要書類が多かったり、審査条件が細かく設定されており、お金が必要な時期に間に合わなかったり支給されないといった場合もあり、それを補うという点で教育ローンを検討する場合が多くあります。
そのため、申し込みの手続き面でいえば、教育ローンのほうが手軽といえます。しかし、金利や返済方法については奨学金のほうが負担は少ないと考えられます。

金利面で有利

銀行が提供する教育ローンサービスも、他の住宅ローンやカーローンなどと比べると、金利面で優遇されているといえます。これは学びたいにも関わらず経済的な理由で就学に困難を抱えている子どもの教育の機会均等を図るという目的のローンであるということが前提になっています。
しかし、どちら場合も借金であることに変わりはありません。借りる前には返済計画などを立てて、無理のない利用を行うことが重要になります。近年、学業のために借りたお金が返済できず、自己破産を選択する人も増えています。
自己破産を行うとその後の生活がたいへん不便になってしまう可能性が高く、教育ローンの申し込みを行う場合には今後の見通しをきちんともち、無理のない返済計画を立てておくことが重要です。借りに計画通りにいかなかったとしても、事前に計画を立てておくことで、計画がない場合に比べると柔軟な対応が行えるようになる可能性はより高くなります。