但馬銀行には、「スピードポケットプラス」と「ストーク」という2種類のカードローン商品があります。「スピードポケット」は但馬銀行の口座を持っていなくても利用することができるため、よりスピーディーに使い始めたい人向けです。「ストーク」は口座が必要なため、口座を持っていない人は時間がかかるかもしれませんが、その分低金利で融資を受けられます。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
4.8~14.5 800万 自行ATM、提携ATM、自動融資 可能
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~69 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由

公式サイトへ

但馬銀行カードローン申し込みと審査

但馬銀行のカードローン「スピードポケットプラス」への申込は、インターネット以外にも、モバイルやファックス、電話に店頭にて申し込みが可能です。店頭は銀行の営業日、フリーダイヤルは平日は9時から20時、土日祝日は10時から20時まで受付していますので、比較的申込時間は長いです。

土日でも契約可能の窓口があります

申し込みを完了させたら、審査結果を電話にて知らせてくれます。審査の結果融資可能と判断されれば、その後は郵送か来店により契約をしていただくことになります。郵送ですとどうしても時間がかかるので、「できるだけ早く使いたい」と考えている方にはローンセンターや支店が便利です。ローンセンターや一部支店では、土日祝日でもカードローン契約が可能な窓口を設置しております。スピーディーに融資してもらえるのはもちろん、じっくり銀行員に不明点を尋ねたい方にもぴったりです。お手元にカードが届けば、ATMから利用可能です。

但馬銀行銀行カードローン特徴

借り入れや返済の利便性が高い

但馬銀行のカードローン商品では、但馬銀行のATMはもちろんのこと、ゆうちょ銀行やイオン銀行、そしてセブン銀行やイーネット、そしてローソンATMでも借り入れや返済ができます。コンビニATMで返済までできてしまうのが、ポイントが高いですね。
返済に関しては2種類から選ぶことができ、「ATM返済タイプ」は前回返済日から35日以内の返済となります。消費者金融の返済に近いスタイルですね。ATM画面では「預入」を選択して返済してください。もう一つの返済方法は「口座振替」です。「口座振替」の場合、毎月10日が返済日となりますので、「ATM返済タイプよりは期間が短いですね。

自動融資機能

返済方法で「口座振替」を選択した方のみとなりますが、自動融資機能がついています。公共料金やクレジットカードの口座引き落としで残高が足りない、キャッシュカードで預金を下ろそうとしたら残高が足りないときに、カードローンの口座から自動的に融資されます。残高不足で引き落とされないなんてことはありません。

多くの方が申し込める

「スピードポケットプラス」は、多くの方に申し込んでいただけます。20歳から69歳の方で安定した収入があれば、多くの方に申し込んでいただけます。パートやアルバイト、働いている主婦や専業主婦、さらには年金受給者の方も申し込めます。

低金利の「ストーク」

もう一つのカードローン「ストーク」は、「スピードポケットプラス」よりも低金利です。年3.9~13.8%となっております。お急ぎの方は、口座への振込によって融資してもらうことも可能です。「スピードポケットプラス」と同様、多くの方に申し込んでいただけます。

スピードポケットプラス ストーク
年利(%) 4.8~14.5 3.9~13.8
限度額 800万 200万
年齢 20~69 20~65
パートやアルバイトの限度額 100万 30万
専業主婦の限度額 100万 30万
年金受給者の限度額 100万 記載なし

但馬銀行銀行カードローンまとめ

どちらのカードローンも、幅広い方に申し込んでいただける点では共通していますので、あとは金利と限度額の問題です。多額の融資を受けたいときには「スピードポケットプラス」、とにかく低金利で融資を受けたい方は「ストーク」といった感じでしょうか。