東京都民銀行には「パーソナルカードローン」と「Webカードローン」の2種類のカードローン商品があります。「パーソナルカードローン」は限度額にかかわらず金利が一律で分かりやすく、東京都民銀行との取引内容に応じて金利が優遇されます。「Webカードローン」は、来店不要でインターネットでの申し込みが簡単なカードローンです。

実質年率(%) 限度額 借入方法 即日融資
9.8 100万 自行ATM、提携ATM 不明
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~60 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由

公式サイトへ

東京都民銀行カードローン申し込みと審査

東京都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」は、インターネットでの申し込みは受け付けていません。申込方法としては、ファックスでの申し込みのみとなっております。ファックスでの申し込みは24時間受け付けております。

「パーソナルカードローン」は審査通過後来店しての手続きが必要です

申し込みを完了させると審査が始まり、審査の結果融資可能と判断されれば次は正式な手続きとなります。審査結果の連絡は、平日の9時から17時までとなっており、連絡先は選択可能です。審査結果が連絡されてから1か月以内に、東京都民銀行の本支店に来店してください。

東京都民銀行カードローン特徴

限度額にかかわらず一律金利の「パーソナルカードローン」

東京都民銀行パーソナルカードローン
東京都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」は、限度額にかかわらず一律金利なのがうれしいカードローンです。「パーソナルカードローン」の限度額は、審査に応じて30万円、50万円、そして100万円の3段階の設定となっていますが、どの限度額を設定されても金利は一律で、年9.8%の固定金利となっております。

金利優遇措置もあります

東京都民銀行との取引内容に応じて、金利がさらに優遇されます。公共料金の口座振替、給与振込または年金振込、クレジットカード、積立定期預金または財形預金のいずれかを満たすと、それぞれ0.5%の金利優遇、最大で2%の金利優遇が受けられるのです。

年収条件がある

東京都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」には、年収条件があります。サラリーマンの方は限度額にかかわらず年収150万円以上、個人事業主の方も年収にかかわらず年収100万円以上なければなりません。さらに、勤続年数(個人事業主の方は営業年数)も1年以上なければならず、これらの条件をクリアして10%切りの金利が実現可能です。

限度額が多めに設定されている「Webカードローン」

東京都民銀行WEBカードローン
東京都民銀行のカードローン「Webカードローン」は、限度額が多めに設定されているカードローンです。「パーソナルカードローン」の限度額が100万円なのに対して、「Webカードローン」は500万円までとゆとりの限度額です。しかも、300万円まででしたら所得証明書の提出も必要ありません。「Webカードローン」では、多くのATMを利用可能です。東京都民銀行のATM以外にも、京王駅のATM、コンビニATMに各種の銀行のATMが利用可能です。

ATM 借入 返済
東京都民銀行
京王駅
セブン銀行
イーネット
ローソン
東日本銀行
八千代銀行
ゆうちょ銀行
イオン銀行 ×
その他銀行 ×

パーソナルカードローン Webカードローン
年利(%) 9.8 4~14
限度額 100万 500万
年齢 20~60 20~65
年収条件 150万以上 特になし
勤続年数 1年以上 特になし
自動融資 なし あり

東京都民銀行カードローンまとめ

東京都民銀行のカードローンは、金利の低さを求めるならば「パーソナルカードローン」がいいでしょう。より利便性を求めるならば、インターネットでの申し込みが可能で利用可能なATMも多い「Webカードローン」がいいかもしれません。限度額も多いので、多額の融資を受けたい人向けでもあります。