老後資金の確保はセゾンファンデックスのリースバック

リバースモーゲージと比べて使い勝手の良いリースバック。自宅は売却しつつも住み続けることができます。

老後資金やその他ローンの返済などにも当てられるのがリースバックのポイント。資産の整理、管理にとても便利です。

セゾンファンデックスのリースバック

セゾンファンデックスリースバック
セゾンファンデックスのリースバックなら見積もりは最短即日、高齢者見守りサービスなどの特典もついてきます。

リースバックとは住み続けたまま自宅を売却して現金化できるサービスです。

住み慣れた自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することができます。

つまり、セゾンのリースバックでは大切な自宅をセゾンファンデックスが買い取り、その後は今まで通り賃貸という形にして退去せず住み続けることができます。

セゾンファンデックスが買主となり、直接自宅(不動産)を購入します。

老後の生活資金の悩みをまとめて解決

  • 住宅ローンを完済し安心して老後を送りたい
  • 老後の生活費が足りない
  • 子どもたちに平等に財産を残したい
  • お金は必要だが住み慣れた家から離れたくない
  • 早めに相続対策をしておきたい
  • 自宅を売りたいが近所の目が気になる
  • 金融機関からの借入債務・返済の負担を減らしたい
  • 滞納していた税金等を一括で支払いたい
  • 短期間でまとまった資金を調達したい
  • 一人暮らし(独り身)なので、早めに資産を整理したい
  • 定年退職後年金暮らしで生活が不安
  • リバースモーゲージでは条件が合わなかった
  • 子どもの学区変更による転校は避けたい
  • 急な病気で医療費がかさみ生活費が足りない

リースバックを活用すれば、新たな借入や環境の変化を心配することがなく今お持ちの資産を有効に活用することができるのです。

セゾンファンデックスのリースバックのデメリットとは

リースバックは日常の生活においてデメリットとなることはありませんが、売却という形を取ることにより以下の点が変わります。

自宅の名義が変わる

自宅の所有者はセゾンファンデックスに変わります。将来自宅をお子さんに相続したいと思われていた方にとってはデメリットになります。

ただし将来再度購入をすることも可能です。

家賃が発生する

リースバックは自宅を売却し住み続けることができますが毎月家賃が発生します。

セゾンファンデックスのリースバックのメリットとは

2つのデメリットに対しメリットが多彩。面倒な手続きが少なく特典が多いのが特徴です。

買い取り代金は一括してお支払い

セゾンファンデックスは支払う買取代金は一括して支払いされますので一時資金として有効に活用できます。

資金の使用目的は限定されていないので、日常生活の資金のほかローンの返済や事業資金などにも利用できます。

高齢者見守りサービス付き

握るだけですぐ通報。緊急通報ボタン「マイドクター」
高齢な方の急な発病や怪我の際、救急信号をセコムに送信するペンダント型の通報装置です。
泥棒などの侵入を検知する、玄関の「防犯センサー」
玄関に取り付けたセンサーで泥棒の侵入などを監視します。就寝中や外出中も警戒し、緊急時はセコムが駆けつけます。
火災を感知する「火災センサー」
火災を感知するとブザーが鳴って知らせるとともにセコムが駆けつけます。必要に応じて119番への通報も行います。
一定時間センサーの感知がないと異常を知らせる「安否見守り」
トイレなどのかならず使う生活導線上に設置したセンサーが一定時間動きを感知しない時に急病などで動けなくなったと判断し異常信号がセコムに送信され確認を行います。

固定資産税が不要になります

リースバックは売却する形になるため所有権が移り「使用者」になります。

所有者ではなくなるので固定資産税の支払義務はありません。

将来的に買い戻すことも出来ます

一度売却したら永遠にそのままかというとそうではありません。

再度自宅として購入し直すことが可能です。

家賃は低額に抑えることができ諸費費用もほぼかかりません

セゾンファンデックスが買主となり自宅を購入し、家主となって賃貸(リース)します。

賃料や初期費用をできるだけ抑えるのがセゾンファンデックスの方針です。

家財保険が無料で付きます

火災・落雷・盗難・水漏れなどで家財に損害が発生した場合や住宅内での偶然発生する事故を補償します。※物件により加入できない場合があります

最短2週間で契約可能!

セゾンファンデックスリースバック
※賃貸借契約により一定の保証委託料が必要です

\ お申込みはネットで完了します /