ドライブスルーのATMを設置するなど、ユニークな試みを多く行っている大垣共立銀行。そんな大垣共立銀行には、「ザ・マキシマム」「マキシマム・ミニ」、そして「青春太鼓判」「子育て太鼓判」の4種類のカードローン商品があります。それぞれに非常に特徴が際立っているカードローンです。
公式サイトへ

大垣共立銀行カードローン申し込みと審査

大垣共立銀行のカードローン「ザ・マキシマム」の申込は、電話やインターネット、店頭や郵送、ファックスで申し込み可能です。ユニークなのが、大垣共立銀行のATMで申し込みの予約ができるという点。登録の日時にネットプラザ支店から電話がかかってきて、申し込みを受け付けてくれるのです。店頭や郵送、ファックスの申込の際には、店舗やATMにある申込書を利用するのですが、希望の方は申込書を送付もしてもらえます。

大垣共立銀行のカードローンは200万円以下の限度額なら収入証明は不要です

インターネットでの申し込みの場合、まずは申込フォームに必要事項を入力していきます。この際、限度額が200万円以下であれば収入証明書の送付は必要ありません。申込フォームを送信したら審査が始まりますが、保証会社より在籍確認の電話があります。審査結果は電話で知らされ、その結果融資可能と判断されれば、その流れで契約内容の説明に入り、ローンカードを発送してもらえます。

大垣共立銀行カードローン特徴

限度額1000万円の「ザ・マキシマム」

大垣共立銀行のカードローン「ザ・マキシマム」は、その名の通り限度額がかなりすごいことになっています。なんと限度額は最高1000万円なのです。「ザ・マキシマム」は、大垣共立銀行に口座を持っていなくても申し込めますし、営業エリアないという制限もありません。さらに、契約には来店の必要もありませんので、岐阜県以外にお住いの方でも十分に利用可能です。「ザ・マキシマム」には自動融資機能がついています。所定の口座振替契約による自動出金時に残高不足となった時、不足分を自動で融資してくれるのです。

結構低金利な「マキシマム・ミニ」

「マキシマム・ミニ」という名前から、「ザ・マキシマム」の劣化版のようなイメージを持つかもしれませんが、そんなことはありません。金利は9.8%で、限度額は30万円と50万円の2種類です。限度額50万円であっても金利が10%を切るカードローンはなかなかありません。ただし、大垣共立銀行にキャッシュカード付きの口座を開設していなければなりません。

教育資金限定の「青春太鼓判」

「青春太鼓判」は、お子さんの教育資金限定ではありますが、低金利で融資してくれるカードローンです。入学決定前から借入金額を予約できますので、いざその時が来てもあわてることがありません。カード型の教育ローンですので、こまごまとした費用の借入にも向いています。大垣共立銀行に給与振込や年金振込を指定している方は、0.5%の金利引き下げもあります。

出産や子育てに必要な資金は「子育て太鼓判」

「子育て太鼓判」は、出産や子育てに必要な資金を応援してくれるカードローンです。子育てには優しい金利設定になっていますし、自動融資機能もついています。新規契約時は50万円ですが、利用状況や審査によって200万円まで限度額がアップします。様々な少子化対策事業に参加しており、参加すると金利優遇があります。ユニークなのが、損害賠償責任を500万円まで補償してくれる保険です。保険の掛け金は利用者が支払う必要はありません。

ザ・マキシマム マキシマム・ミニ 青春太鼓判 子育て太鼓判
年利(%) 4.5~12 9.8 3.975 4.975
限度額 1000万 50万 300万 200万
年齢 20~61 20~65 30~56 20~56
勤続年数 特になし 特になし 3年以上 2年以上
金利優遇 なし なし あり あり

大垣共立銀行カードローンまとめ

大垣共立銀行のカードローンは、どれもかなり特徴が際立っています。それでいて利便性も高く、金利や限度額などの基本的なスペックもしっかりとしています。それを選んでも損はしない銀行です。