消費者金融や銀行のカードローンの返済方式を詳しく見ると、「残高スライドリボルビング方式」と記載されていると思います。
これは一体どのような方式なのかを、実際の返済額を交えて解説していきます。

リボルビング払いとは?

リボルビング払いとは、借り入れ残高がどれだけある場合でも、原則的に毎月一定の金額だけを返済していく返済方式です。
例えば30万円の借り入れ残高がある場合に、毎月1万円つづ返済をしていくようなケースがこれに当たります。
クレジットカードを利用したキャッシングでリボルビング払いを選択すると、上記のような返済を行っていくことになり、返済を繰り返したことで借り入れ残高が減ってきても、毎月の返済額が変化することはありません。
クレジットカードではこのように毎月の返済額を自分で決めることができますが、カードローンのリボルビング払いでは多少異なります。
カードローンの場合、借り入れ残高によって、この毎月の返済額が変化することがあります。
一例ですが、新生銀行のカードローンでは、借り入れ残高が10万円を超えて20万円以下の場合は毎月5000円の返済額ですが、10万円以下になると3000円になります。
その他に、借り入れを行った時にその金額に応じて支払い回数と毎月の返済額が決定する場合があります。この例として、消費者金融のプロミスでは、20万円以下の借り入れの場合は原則的に1年間での返済となり、12回の均等払いの金額が最初に決定します。
カードローンを利用する時には、このどちらになるのかを最初に確認しておきましょう。

残高スライドリボルビング方式とは?

上記のクレジットカードの場合も含めたそれそれのリボルビング払いは、毎月の返済額が決定する仕組みこそ違いますが、どれも同じく残高スライドリボルビング方式です。
この残高スライドリボルビング方式とは、返済を行った後に残った借り入れ残高を次の返済日までスライドさせ、その返済日までの期間と残っている借り入れ残高に対して金利が発生する方式です。
この繰り返しによって返済を行っていくので、毎月の返済額は一定でも、その中に含まる金利の割合は序々に減っていきます。返済を繰り返すごとに返済額の中の元金に補填する金額が増えていくので、どんどん金利の割合が減っていくということです。
このリボルビング払いと似た返済方式に、いわゆる「分割払い」があります。分割払いの場合は全く金利が発生しないことや、金利掛かる場合でも計算方法がリボルビング払いとは異なることがありますが、ここではその説明は割愛します。

返済額の中の元金に補填される分と金利の割合

これは具体的な例で説明します。
まず、借り入れ金額によって最初に支払い回数と毎月の返済額が決まるカードローンを利用して、20万円の借り入れを年利18%で、12回で返済する場合です。
この場合、11回目までの返済額は18335円で、12回目だけ18342円になります。(12回目の金額が1回目で、残りが11回目までの金額のこともあります)
最初の返済額の18335円のうち、金利に相当する金額は20万円に対しての1ヶ月分で、ちょうど3000円です。この返済を行うと、元金が15335円減ります。
そして次の返済では、20万円から15335円を引いた184665円の借り入れ残高に対して1ヶ月分の金利が発生するので、返済額は同じく18335円ですが、その中の金利は2769円です。
そして、最初に支払い回数が決まらない場合ですが、この場合も考え方自体は一緒です。
ここでは同じく年利18%で、20万円の借り入れに対して毎月1万円づつ返済を行っていく場合で計算してみます。
最初の支払いで1万円を返済すると、その中の金利は上記のケースと同様に3000円です。
ここで元金が7000円減るので、次の返済日には残りの193000円に対して返済を行うことになり、次の1万円の返済の中の金利は2895円になります。よって、借り入れ残高は7105円減ります。
どちらの場合も、この繰り返しで返済を行っていきます。
このように、返済を行っていく度に返済額の中の金利が減っていき、元金に補填される分が増えていくのが残高スライドリボルビング方式です。

多く返済するに越したことはありません

この残高スライドリボルビング方式では、早く元金(借り入れ残高)を減らすことが、合計した返済額を減らすことに繋がります。
最初に支払い回数や返済額が決められてしまった場合でも、それ以上の金額を返済すると、残りの分は元金に補填されるので、余裕のある時には少しでも多く返済を行いましょう。
それによって、最後の返済額が予定されていた金額より少なくなったり、支払い回数自体が減ることにもなるのです。
返済額は少なくなるに越したことはありません。余裕がある時にはこの前倒しでの返済をすすんで行っていきましょう。
また、クレジットカードを利用したキャッシングでは、このような前倒しでの返済は行えないこともあるので、借り入れを行う前に確認しておくことが大切になります。
消費者金融や銀行のカードローンでは、そのようなことはありません。いつでも前倒しで返済額より多い金額の返済を行うことができます。