カードローンというのは手元にお金が無く、すぐにでも必要という時に簡単にお金を貸してもらえる便利なツールです。ただし、その便利さが却って両刃の剣にもなるため、カードローンの特徴を十分にわきまえておくことが肝心です。カードローンのメリットは色々ありますが、最も大きなものは簡単に契約できるということであり、契約する上で必要な書類も運転免許証(取得していない場合は保険証かパスポート)だけです。また、契約するために店舗に行く必要がなく、自動契約機やインターネットなどから申込んでも、その日の内に現金を借り入れることができます。

意外と安心の自動契約機

自動契約機からの申込でもその場で審査が行われ、審査に通ると契約手続きに進み、最後に自動契約機からカードが発行されます。従って、併設されているATMからすぐに現金を手にすることができます。しかも、申込からカードが発行されるまでの所要時間は1時間程度でしかありません。なお、自動契約機は駅前や幹線道路に数多く設置されているため探すのに手間が掛かりませんし、専用の個室に置かれているため周りから見られる心配がありません。

WEB申込みならいつでもどこからでも申し込みできる

インターネットを利用する場合はパソコンやスマホなどの端末さえあれば自宅のみならず、勤務先や電車の中、飲食店など、どこからでも申し込めますし、当然24時間の受付が可能になっています。申込方法は業者のホームページにアクセスし、専用の申込フォームに本人情報や勤務先情報、借入状況などを入力して送信するだけです。後は、審査結果の連絡を待つだけです。所定時間内の申込であれば30分ほどで結果の連絡があり、審査に通るとインターネット上で契約手続きと借入申請を済ませます。カードは2~3日後に送られてきます。

カードローンのメリットとは

カードローンの次のメリットは借入が何回でも簡単にできるということです。カードローンに契約すると最初に利用限度額が設定されますが、利用限度額というのは設定された金額の範囲内であれば任意の借入が可能ということです。つまり、業者に申込まなくても、また連絡をしなくても、利用者の都合のいい時に自由に借入ができるということです。そして、借入の手段としてセブンイレブンやローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。コンビニは日本全国どこにでもあるため旅先でも利用できますし、24時間営業のため、勤め帰りや買い物ついでに利用することもできます。
さらに、インターネットから申込んで、借入金を利用者の保有する銀行口座に振り込んでもらうことができます。しかも、銀行の営業時間に間に合うように申し込めば、その日の内に口座に入金してもらえます。従って、公共料金やクレジット代金などの口座引き落とし日に残高不足になっていた時には非常に便利です。なお、カードローンの中には24時間の即時振込キャッシングに対応しているカードローンもあります。

デメリットも上手く活用すればメリットに

一方、カードローンにもデメリットがあります。カードローンは担保や保証人が不要のため、金利が非常に高くなっています。最高金利は消費者金融で18%、メガバンクでも14%程度です。そのため仮に、消費者金融から18%の金利で50万円を借り、1年後に返済したとすると、50万円の元金の他に9万円という高額の利息を支払わなければなりません。
そして、返済方式が通常、元利均等リボルビング払いであるため、一定の少額返済になって楽ではありますが、利息を先に返済するシステムであることから、借入を継続的に行っていると利息だけを支払う形になり、元金がいつまでたっても減らないという現象を生じます。そこで、有効な返済方法が繰り上げ返済です。カードローンは繰り上げ返済が可能であり、返済された金額はすべて元金の返済に充当されます。カードローンの利息は日割り計算になっているため、繰り上げ返済によって1日でも早く元金を返済すれが、それだけ余計な利息を支払わずに済みます。

カードローン利用の注意点

最近のカードローンは借り入れや返済も便利になっており、頻繁に利用しているとなんとなく借金であることを忘れてしまうこともあります、とはいってもカードローンも立派な借金であることは忘れないで計画的に利用することが大事です、その点を忘れて使い方を間違えると返済できない状況に陥ってしまい、最悪債務整理が必用な状況になるケースも増えています。
カードローンを利用するうえで注意すべきことは、借りたい金額と返済計画をしっかりと把握しておくことです、借りられるなら限度額ぎりぎり借りてしまったほうがいい、そう思ってしまうこともありますが、借り入れ自体はその時点で必用な金額だけに留めておきましょう、返済に関しては、毎月の返済をシミュレーションできるサイトなどもありますので、そういったツールをフルに利用して返済遅延などがないようにしましょう。
少なくともカードローンを借りてその毎月の収入から返済額を差し引いた時に生活費が不足するようなことは避けるべきです、また、返済を楽にするためにはやはり金利は重要です、できるだけ金利の低いカードローンを選ぶのも大事なポイントです。カードローンを選ぶ時にはいくつかのポイントを念頭において選ぶようにしましょう、まずは安全な会社であること、金利や手数料が安いこと、自分が希望している金額を借りることができること、そして返済方法、返済期間が自分のライフサイクルに合っていることです。
少なくとも安全な業者かどうかは見きわめることが重用です、大手消費者金融や銀行などであればほぼ間違いありません。