キャッシングとカードローンの違いの1つは返済の方法です。

分かりやすく説明をすると

  • キャッシングは一括払いで返済するのが一般的
  • カードローンの返済は分割払いが一般的

になります。
最近では金融機関によっては、キャッシングでもリボルビング払いが可能なところもある様ですが、アメックスなどは一括払いが基本で、リボルビング専用カードとは別に発行をされています。

キャッシングの融資から返済まで

キャッシングは融資出来る額(金融機関からお金を借りること)がカードローンに比べて小額で、1万円単位から借りることが出来ます。
借りる方法としては、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどから、クレジットカード(付帯している融資機能を使用)やキャッシングカードを利用してお金を引き出します。
契約の前には審査があり、審査を通過しなければ利用は出来ません。引き出せる額には上限があり、それは契約内容によって決められます。

カードローンの融資から返済まで

カードローンとは基本的に分割払い(リボルビング払い)です。
クレジットカードやキャッシュカードで、指定された銀行口座を通じて一定の限度額の範囲内で繰り返し借りることができる融資です。
キャッシングと同様に、ATMやキャッシュディスペンサー、直接窓口で借りることが出来ます。
カードローンは融資出来る額が、少ないもので数十万円程度ですが、多額になると数百万円になります。

カードローンの特徴は

銀行によっても違いはありますが、基本的に普通預金の口座とは別にカードローン専用口座があり、毎月の返済は普通預金の口座から引き落とされます。引き落とされる額はローンの残高によって変わることもありますが、一般的には定額のリボルビング払いです。

金利(お金を借りるときの利息)については、極度額が大きいローンほど低くなり、極度額が小さいローンほど高くなります。それでも、金利はキャッシングより高くなることはありません。

この様に金利の面からみてみると、キャッシングをリボルビング払いで返済することが出来ると上記しましたが、これはあまりお勧めしません。

審査の違いは?

キャッシングと同様にカードローンにももちろん審査がありますが、どちらが厳しいかというとカードローンです。
借りられる金額が大きいと言うこともありますが、基本的にカードローンは銀行が出しているローンなので金利が低いからです。

金利は、貸したまま返済されないときのリスクも加味されているので、金利が高い=審査は甘いといえます。
その逆に、金利が低いというのは確実に返済してくれる人を選ぶということなので、金利の低いカードローンのほうが必然的に審査は厳しくなるのです。

それぞれの返済について

返済のときにカードローンは、万が一最低返済額が用意できなくても、利息分を返済すればたいていの場合は大丈夫です。しかし、キャッシングはお金の容易が出来ないときに、利息分だけの支払いは基本的に認められません。
ここで金融機関からの視点でキャッシングとカードローンの違いを見てみます。

キャッシングは、基本的に翌月一括支払いが一般的です。そうなると、もしも金利が低ければ、金融機関からすると利息収入というものが得られません。

逆にカードローンはリボリビング払いが前提となるので、貸したお金が分割して返ってくるのに加えて、長期間に渡って利息収入(大体10%台)を得ることが出来ます。

そこで金融機関からするとキャッシングで少しでも利息による収入が欲しい訳ですから、カードローンよりも高額な金利(大体20パーセント以上)にする所が多いのです。消費者金融などの場合は利息制限法の上限近くの金利であることも少なくない様です。
キャッシングをリボルビング払いにすると、毎回の利息収入がより多くなるので、金融機関からみたら良いお客様ということになりますね。
つまり、キャッシングとカードローンを比較して見たときに
「高い金利でまとめてすぐに返すか、ちょっと高めの金利で長期に渡ってお金を少しずつ返し続けるか」
ということも併せて考えて、今の自分(お金の必要性と額)にとってどちらのほうがメリットであるのかを考えることと、どちらの方がリスクが少なくてすむのかもしっかりと考える必要がありますね。

キャッシングとカードローンの違いまとめ

トータルで見たときにどちらのほうが安くすむのかも考えたほうが良いです。
もちろん、カードローンでは融資や発行元によって特徴も強みも違いますので、利用目的が何であるのかも考えながら比較することが重要です。
ちなみに、キャッシングの中でもセゾンの様に利率が10%台のところもありますので、各カードの特徴もしっかりと調べたほうが良いと思われます。

最後にもう少し分かりやすく返済について述べると、キャッシングとカードローンで同じ10万円を借りたとします。キャッシングでは翌月に一括で10万円とその利息を支払うとそれで返済は終了です。
ただし一括で返済する力があれば・・・の話です。ですが、カードローンでは毎月一万円とその少しの利息を分割で支払っていきます。月々で見るとカードローンの方が少ない額の支払いになるので、負担は少なくなります。以上がキャッシングとカードローンの違いになります。