カードローンは誰でもいつでも利用できるため非常に便利なローンといえます。特にお金が必要となりやすい土日の場合にも申し込みが可能となっているため、必要な時に申し込みを行えばお金を都合できるというメリットがあると言えますが、全てのカードローンで必ず必要となるのが在籍確認という勤務先に在籍をしているのかの確認となります。

この在籍確認に関しては、ほぼ100%必ず行われるものだと言えますし、その確認方法は電話で在籍している会社へ確認をとると言う方法がほとんどだとえいえます。

確認が取れないと先延ばしになるケースも

土日にも営業をしている会社である場合や、自分自身が土日も仕事の場合は在籍確認が取れますので問題ないと言えますが、土日が休みの会社の場合は在籍確認をとることが出来ないため、その場合はカードローンの契約が完了できないと言うことになります。

基本的にほとんどのカードローンでは電話で在籍確認が取れない場合、電話確認が取れる会社の営業日に改めて在籍確認を行う事になりますので、その場合には土日のカードローン契約は出来ず、月曜日まで契約の完了が延びてしまうことになります。

電話連絡がないカードローンを選ぶのも一つの手

では土日に在籍確認を行うにはどうすればよいかと言えば、電話での在籍確認以外の方法で確認が取れる方法を採用しているカードローンを使用する、もしくは在籍確認が無いカードローンを利用することで土日のカードローン契約を可能にすることが出来ます。

例えばプロミスなら電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに相談することができモビットの場合はWEB完結を利用した申し込みで電話連絡なしでカードローンの契約が完了できることになります。

モビットの場合

WEB完結と呼ばれる方法を使用することで電話連絡なしとなります。ただモビットのWEB完結を利用するためには前もって準備しておくものがあり、それが三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座です。

このどちらかの普通預金口座が無いとWEB完結を利用できないため、あらかじめ口座開設を行っておく必要があります。

これはモビットのWEB完結は口座を利用してお金のやり取りを行うためで、口座の保有が無ければWEB完結でのカードローン利用が出来ないためです。口座があれば後は健康保険証を準備すればそれが在籍確認の代わりとなりますので土日のカードローン利用が可能になります。モビットの詳細

他にも在籍確認の必要が無いカードローンも存在しており、それがセブン銀行のカードローンとなります。セブン銀行の場合もモビット同様にセブン銀行の口座の保有が申し込みの条件となっています。
口座の保有があればカードローンの申し込みが可能となり、土日の審査も契約も出来ます。その場合、他と違う点は自責確認を必要としないと言う事です。これはセブン銀行カードローンがセブン銀行の口座開設時の情報をカードローンにも利用しているためで、その情報を元にしているため在籍確認を無しでカードローンの審査を可能にしていると言えます。

ただしセブン銀行の場合は利用できる金額が他のカードローンよりも低く設定がされており、10万円・30万円.50万円の3つのコースのみの利用となりますし、どのコースを利用しても金利は同じ設定となっていますので50万円以上の利用は出来ない点が注意点だと言えます。

このように土日でも在籍確認を行えるカードローンを利用すれば、会社が休みでもカードローンの利用が可能になります。