カードローンと一口に言ってもその会社によっていろいろな種類があります、カードローンを選ぶ時にはまずどのような系列の会社が取り扱っているカードローンなのかにも注意する必要があります、それぞれの種類によっても特長がありますので、自分のライフスタイルに合ったカードローンを選んだほうが有利に使えます。
カードローンの種類としては大きく分けると銀行系、流通、信販系、消費者金融系といったタイプに分けられます、銀行系のカードローンは金利が低めに設定されていることがメリットです、さらに給与振り込み口座や各種公共料金の引き落としなどに銀行口座を使って入ればカードローンにも優遇した禁裏が適用される場合もありますのでもしメインの口座として使っている銀行があればその銀行でカードローン契約するといいでしょう。
次に流通系、信販系のカードローンですが、こちらは主に百貨店やショッピングセンターなどの店舗で発行しているクレジットカードに付随しているもので審査やカードの発行までがスピーディーなのが特徴です、審査もゆるいという特徴がありますので比較的初心者向けといっていいでしょう、クレジットカードに付随している機能ですからあまりローンカードを持っているというイメージがないのも流通系カードの特徴です。
最期に消費者金融系のカードローンですが、こちらは大手の消費者金融が発行するカードで、カードローンやキャッシングといった場合主に消費者金融系のカードを意味する場合が多いです、消費者金融系のデメリットはやはり金利が若干高めという点です、金利は返済に直結しますので長期的に借りるのであれば向かないカードローンと言えます。

審査の違うカードローンを適切に利用するには

担保無しで利用できるカードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。審査は銀行、消費者金融によって通過のしやすさに違いがあり、一般的には消費者金融の方が通りやすいです。ただし銀行には消費者金融にはないメリットもあるため、実際には総合的な良しあしを把握し、比較するなどしてどの金融機関を利用するか判断するものです。
基本的には、収入がある人を対象としているサービスですが、中には主婦や学生向けのカードローンもあります。借りられる額は少ない場合もありますが、そういったキャッシングは審査が非常に甘いのが魅力です。また自営業向けのカードローンを提供しているところもあり、その場合は自営業者であれば収入が不安定であっても、審査に通過できる場合があります。
サービスは多様化傾向にあり、サラリーマンのみをターゲットにしているといったことはありません。ただし収入が安定している人ほど利用できる金融機関の幅が広がるのは確かです。年収がそれなりに高く勤続年数も長いのであれば、金利が低く高額借りられるカードローンを利用することも可能です。ちなみに、銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の融資を受けることができます。逆に消費者金融の場合はいろいろなところから借りたとしても、その合計借入額が年収の3分の1を超えることはないです。この辺の仕組みは予め理解し、審査を受けましょう。総じてどういったサービスも事前情報が大切です。