カードローンある程度まとまったお金ではなく、1万円や2万円だけを借りたい場合、消費者金融や銀行のカードローンを利用するのは気が引けると思ってしまうかも知れませんが、カードローンはそのような少額の借り入れでも全く問題なく利用できます。むしろ、限度額いっぱいまで一気に借りる人の方が少ないかも知れません。

限度額の範囲内でいつでも借り入れや返済が行えるのが、カードローンの最大の利点です。よって1万円や2万円程度の借り入れでも利用を躊躇する必要はありません。

10万円で申し込みを行ってみましょう

1万円や2万円だけが必要な場合、カードローンの申し込み時の希望金額を10万円にしてみましょう。

その理由として、まず、限度額が低ければ使い過ぎてしまう可能性がないからです。何十万円も限度額があると、つい余計な借り入れを行ってしまうことも少なくありません。そして10万円の希望で申し込みを行っても、勤務先や年収、借り入れ状況などから適正だと思われる限度額が設定される為です。

1つ目と矛盾してしまうかも知れませんが、少額の希望で申し込みを行っても、それ以上の限度額が設定されることは決して珍しくありません。それなりの年収があり借り入れ状況にも問題がない場合、限度額は30万円が1つの目安だと言われています。その為、10万円で希望を出した場合でも、30万円の限度額が設定される可能性があります。

ですが、あくまで希望は10万円の為、無理に総量規制の限度に迫るような限度額が設定されることはなく、通常では多くても30万円よほど年収が高額の場合でも50万円を超えることはありません。

キャッシングを行う場合、限度額はある程度大きいに越したことはありませんが、それによって借り過ぎてしまう可能性があります。そこで、10万円の希望を出すことで、それより大きくなったとしても、まだまだ返済に余裕のある限度額に落ち着くことになります。

場合によっては10万円そのままの限度額の場合もありますが、それでも1万円や2万円の借り入れを行う分には問題ないはずです。

少額の借り入れでも金利が高くなることはありません

キャッシングの金利は借り入れ金額が高額になるほど下がっていきます。少額の借り入れ時には最高の金利設定が適用されることがほとんどで、例えば年利3.5~18%といった範囲の場合、100万円未満の借り入れ時にはまず18%になると思ってください。

これには利息制限法が関係しており100万円以上になるとどこから借り入れを行った場合でも年利15%が上限金利になります。利息制限法では、10万円から100万円未満の場合の上限金利は年利18%です。よって、これを最高金利としているカードローンが多いのです。

しかし、10万円未満の場合、同法にて上限金利は年利20%になります。その為、1万円や2万円の借り入れ時にはその上限である20%になってしまうのかというと、そのようなことはありません。

それは、カードローンの金利は実際に借り入れを行った金額ではなく、限度額によって決定するからです。カードローンの限度額は最低でも10万円です。これは消費者金融でも銀行でも共通で、これより下の限度額は少額専用ローンなどでないと見掛けません。

カードローンでは限度額は必ず10万円以上なので、年利18%を超える金利になることはありません。1万円や2万円だけの借り入れでも、少額の為に金利が上がってしまうということはありません。

少額専用ローンは避けた方が無難です

上で少し書きましたが、限度額が10万円未満の少額専用ローンというものがあります。これはその名の通り数万円だけの借り入れを行う為のローンで、主に中小の消費者金融で扱っていることが多いです。

1万円や2万円だけが必要な場合、そのようなローンの方が使い過ぎる心配がないので合っていると思ってしまうかも知れませんが、そういったローンはあまりおすすめできません。

金利が一般的なカードローンより高くなってしまうからです。10万円未満の限度額の場合、間違いなく年利20%の金利になります。更に、そのようなローンはカードローンという形態ではないことが多い為、利便性に問題があることが多いからです。

そういったローンでは、借り入れ時には銀行口座まで振り込んでもらえることが多いですが、返済時にも同じように振り込みで行う必要があったり、直接店頭まで支払いに行かなければいけないようなこともあります。次の借り入れを行う場合も、すぐにコンビニのATMから借りられるという訳ではなく、利便性の面で問題があると言えます。

また、少額専用ローンだからといって、審査が甘いという訳ではありません。一般的な消費者金融にカードローンに10万円の希望で申し込みを行った場合と同様だと考えてください。

このような理由から、1万円や2万円の借り入れでも、無理にそのような少額専用ローンを利用することはありません。

カードローンは少額の申し込みでも全く問題はありません

少額の借り入れの為にカードローンの申し込みを行うことは、何も恥ずかしいことでもなく、何の問題もありません。また、10万円の希望で申し込みを行うことで、審査に最大限通過しやすくなるとも言えます。

限度額は余裕をもって返済できる範囲に設定されるので、その範囲で必要な金額の借り入れを行ってください。

少額の借り入れにおすすめのカードローン

新生銀行のカードローンのレイクでは、初回の5万円以下の借り入れの場合に限り、180日間無利息になるサービスを行っています。

1万円や2万円だけの借り入れの場合、このカードローンの利用も考えてみてはどうでしょう。
レイクに今すぐ申込む審査結果のお知らせ時間→平日・土曜・日曜・祝日8時10分~21時50分・毎月第3日曜日8時10分~19時※年末年始を除く