カードローンの審査は、職業や年収、家族構成、住居形態といった申し込みを行った人自身の属性情報と、信用情報による借り入れ状況から総合的に判断が行われますが、少しでも審査を通過しやすく為には何を行えばいいのでしょうか?

ここではその方法をいくつか挙げてみます。

すぐに行える方法

申し込みをする前にすぐに行うことができる方法としては、以下の2つがあります。

他社への借り入れを返済する

消費者金融に申し込みを行う場合に限りますが、他の消費者金融から既に借り入れがある場合、それをいくらかでも返済することで、審査の通過率が上がる可能性があります。

これは、単純に借り入れ金額が減ることで、総量規制までの幅に余裕ができることと、きちんと返済を行っているというポーズの為です。返済日以外ですすんで返済を行っているという信用情報の記録を見せることで、多少ではありますが、審査に有利になると言えるでしょう。

ですが、申し込みの直前だと、さすがにいかにもに見えてしまう為、できれば前日までに行っておきましょう。もし可能であれば、1社でも完済できるとかなり審査に有利になると言えますが、1万円や2万円だけでも返済日以外に返済し、前倒しで返済を行う姿勢を見せることが大切になります。

可能な限り希望金額を小さくする

これは基本中の基本ですが、あまり小さくしてしまうと、それでは審査に通っても必要な金額に足りない場合が出てしまうと思います。

そこで、必要な金額に一番近い10万円単位の希望を出してみましょう。もし25万円が必要な場合は30万円といった具合です。

キャッシングの限度額は10万円単位の為、21万円とした場合でも、30万円として審査が行われます。もし21万円の場合は1万円は他から何とかするとして、希望金額を20万円にすると、その分審査を通過しやすくなると言えます。

後日申し込みを考えている場合に行う方法

今日明日といった話ではなく、そのうちまとまったお金を借りたいと思っている場合には、その前に行える方法があります。
それは、クレジットヒストリーを作っておくという方法です。このクレジットヒストリーとは今までの利用履歴のことで、上記の他社への返済もこの1つに当たります。

他社への返済にはその為のお金が必要になり、また、他社からの借り入れがない場合には行えません。そこで、クレジットカードでこのクレジットヒストリーを作ってしまおうという作戦になります。

具体的にはクレジットカードでショッピングを行って、その支払いをすぐに済ませてしまうという行動です。クレジットカードはショッピングでの利用の場合、一括払いであれば金利は発生しません。よって、本当に必要なものをクレジットカードで購入し、一括払いで支払うことで、特にお金を掛けずにクレジットヒストリーを作れるのです。

この方法で注意しなければならないのは、前倒しの返済では本来の支払い日まで信用情報に記録されないという点です。カードローンとは違い、クレジットカードの利用は支払日にきちんと支払いが行えたかどうかが記録される仕組みになっています。

その為、前倒しで支払いを行っても、その日に信用情報には記録されません。これはキャッシング枠を利用した場合でも同様です。

なので、この方法を行うには前もって準備しておく必要があると言えます。例えば毎月15日が締めで翌月の10日が支払い日のクレジットカードの場合、15日までに何かを購入し、翌月の10日に支払いを行うことでクレジットヒストリーとなります。カードローンの申し込みを行うのはこの翌日以降にしないと意味がないということです。

即日発行できるクレジットカードがあります

クレジットカード自体を所持していないとこの方法は使えません。その場合、すぐに発行できるクレジットカードを作ってしまい、クレジットヒストリーの為に利用するという手があります。

カードローンとは違い、クレジットカードの即日発行はほとんど行われていませんが、三菱UFJ銀行系のVIASOカードと、アコムの発行するACマスターカードは条件次第で即日発行が可能です。

例え即日発行が無理だった場合でも、他のクレジットカードより早く発行されることが多いので、この2つのどちらかを作って、すぐに利用をしてすぐに支払いを行いましょう。

その他のカードローンの審査を通しやすくする方法とは

その他にも収入証明書が要らない範囲の希望金額で、年収をなるべく多目に記載するといった手や、家賃を支払っている場合にはそれを多少少な目に記載するなどという手もありますが、どちらもそれほど効果的とは言えず、また、下手をすると虚偽の申告になってしまう為、こういったことはやらない方がいいでしょう。

やはり、他社への返済を行う方法と、クレジットヒストリーを作る方法をおすすめします。ですが、この他社への返済の為に余計な借り入れを行ってしまっては、それこそ本末転倒になります。借り入れの記録も当然信用情報に残るので、何をやっているのかと思われてしまうだけです。

よって、他社への返済は、借り入れ以外の方法でお金を作れる場合に行いましょう。少額だけでも行わない場合より評価が上がるのは間違いないので、他社からの借り入れがある場合には必ずこれを行ってから申し込みをするようにしてみてください。

今すぐお金を借りたいなら審査が速いカードローン

  1. アコム

    アコムは当日14時までに契約完了すれば即日振り込み融資が可能!

    審査時間は最短30分。融資も最速1時間!

    50万円以下なら必要書類は運転免許証(または個人番号カードや健康保険証等)のみ。

    ネットで簡単申込 →→ アコム

  2. アイフル

    アイフルの審査時間は最短30分!

    インターネット申込みの後に電話をすると融資にかかる時間が短縮されます。

    50万円以下なら本人確認書類(運転免許証、パスポート等)のみ。

    もちろん即日融資も可能!  →→ アイフル

  3. モビット

    一定の条件を満たせば「電話なし」「郵送物なし」でPC・スマホから申込みが完了する「WEB完結申込み」!即日振込融資にも対応!

    ネットから申しこみの後にフリーコールへ電話することで融資を急いでもらえます。

    詳しくはこちら →→ モビット