専業主婦の方は家事を専門で行っているので個人としての収入がないというケースです。この場合、専業主婦の方はカードローンを組みにくいと考えがちですが、銀行のカードローンを中心に考えれば多少の制限はありますが融資を受けることは可能です。

配偶者を合わせて総量規制をクリアするのが第一条件ですが銀行のカードローンの場合は除外される

専業主婦の方がカードローンを利用する場合、総量規制がもっとも重要なハードルです。

総量規制とは
ここでは2010年に大々的な法改正がなされた結果としての、いわゆる総量規制絡みの話となります。それまで消費者金融などから身の丈を超えるような多額のカードローンや借金をして返済に苦しんでいる人が多いことが再認識され、借り手の責任だけでなく貸し手の責任に対する社会的な非難が高まりました。大きな社会問題となったわけです。
そこでこういったことを未然に防ぐための措置として、総量規制という規制が行われ、消費者金融等の貸金業者が貸し出せるお金の限度額が年収の3分の1までに制限されました。これにより必要以上の借金を背負ってしまうような人の出現をあらかじめ防げるようになりました。
しかし、総量規制には例外があり配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付けという規定があります。
つまり夫に収入があったとして(仮に600万円で設定します)、年収の3分の1(この例では200万円)以下の貸付けは総量規制の例外ということで認められているのです。
総量規制について

もう一つの例外として銀行とカードローン契約を締結しようとする場合には、この総量規制の制限を受けません。総量規制は消費者金融等の貸金業者を縛る規制であって、法律上貸金業者に該当しない銀行は総量規制とは関係ありません。
このように整理していくカードローン契約を結ぶ場合

  1. 配偶者と合わせた年収の3分の1以下
  2. 総量規制の対象外である銀行のカードローン

のどちらかであれば法律上OKということになります。

旦那に知られたくないというケースも対応できる?!

消費者金融でカードローンを利用し配偶者と合わせた収入の3分の1以下を借りようとする場合は配偶者の同意書を求められる場合が多いのですが、近年では数十万円の規模の場合、同意書の提出が不要になりまた収入を証明する書類も100万円、200万円、多いところは300万円まで不要という謳い文句を宣伝している金融業者も多くなってきています(ホームページで確認してみると良いでしょう)。
配偶者の同意書が不要と言うことは配偶者にばれずにカードローンを利用できるということでもあります。
このように見えていくと一定の制限はあるものの専業主婦の方であってもカードローンを利用することは十分可能です。

借り入れできない場合とは

例えば夫の年収が少なかったり、夫が既に借金をしていてその総額が年収の3分の1ギリギリだった場合、総量規制の対象になるので消費者金融のカードローンを利用することはできません。また、総量規制の制限を受けない銀行のカードローンであっても、過去に延滞があったり返済等に問題があった場合審査に通らないというケースも十分に想定し得るでしょう。カードローンを利用しやすい環境を整えることが前提条件となります。
消費者金融のほうが審査も早く借りやすいイメージがありますが、専業主婦の方の場合は銀行系がおすすめではあります。銀行の場合は総量規制にかからないため、専業主婦の方でもカードローンが申し込みすることができます、銀行系のカードローンはなんとなく難しくて審査も厳しい気もしますが、申し込み時に銀行口座を持っていないとしても即日融資が可能な銀行もたくさんありますので思っているよりも実際は申込みは簡単です。

クレジットカードのキャッシング機能は?
確かにクレジットカードには最初からキャッシング機能も付加されていることがほとんどですし簡単に借りることができますが、金利などを考えるとカードローンを契約しておいた方が確実にお得に利用することができます。
そもそもクレジットカードのキャッシング機能は大抵はショッピング枠よりも限度額が低いため、金利などそれ以外の条件もカードローン単体で申し込んだ場合よりはるかに満足できない条件になっています。
さらにキャッシングばかり利用していたためにショッピング枠が減ってしまい買い物が出来なかったなんていうこともありますので注意が必要です。

借りられるからといって安易に借り過ぎないようにしましょう

銀行系のカードローンであれば低金利で豊富な限度額を利用できます、総量規制対象外の銀行だからこそできる借り入れ限度額の多さも魅力です。
ですがカードローンを何枚も作ることはやめましょう。さらに何枚ものローンカードを持っていると多重債務に陥りやすいというリスクも出てきます、また何枚ものカードローンを持っていると、実際に借り入れしていなくても信用情報は融資限度額分は借り入れしていると同じ扱いになるので審査に落ちやすくなることもあるくらいです。
できるだけ条件のいいカードを1枚見つけて財布に入れておくほうが紛失した時のことを考えても最良の策です。
専業主婦がカードローンを利用する前に知っておきたいことでも説明しています