カードローンカードローンは気軽に使用出来しかも審査から融資までの時間も早いため非常に便利なローンと言えます。

基本的には消費者金融のカードローンであれば土日でも申し込みをしてお金を借りることができますし、銀行系のカードローンの場合でもネット銀行などであれば消費者金融同様に土日の申し込みも可能になっています。

もし平日以外の土日にカードローンを利用したい場合には、押さえておくべきポイントがあり土日ならではの問題と言うものもあるのでそれを理解しておかなければ即日融資が可能にならない場合もあります。

土日に申し込みを行う場合に重要なこと

申込金額や提出する書類、そして在籍確認が取れるかどうかが必須の項目となります。

まず申し込み金額に関しては申し込む業者が消費者金融なのか銀行系なのかで提出する書類の数も変ってきます。

  • 消費者金融の場合は50万円まで、もしくは他社の借り入れとの合計が100万円以下であれば収入証明書の提出が不必要になり審査が即日可能になります。
  • 銀行の場合は100~300万円以下の場合は収入証明書の提出不要の場合が多いので、金額が多く必要な場合は銀行のほうが利便性が高くなります。

決められている金額を超えての申し込みの場合審査に時間がかかりますので土日の利用が出来ないこともあるので、申し込み金額には注意が必要です。

提出書類に関して

身分証明書が必須となるので、現住所の分かる身分証明書を用意しておく必要があります。

もし身分証明書の住所が現住所と異なっている場合は審査に通らない、通った場合でも虚偽申請となるので注意しましょう。

最も重要になるのは申し込んだ後の審査の段階における在籍確認で、在籍確認を通過しない限り契約完了になりません。

この在籍確認は本当に働いており記載した会社に在籍しているのかどうか、在籍により安定した収入を得ているのかどうかを確認するため非常に重要な審査ポイントとなります。

もし在籍確認が取れない場合は在籍が確認できるまで審査はストップしてしまいます。

特に土日に関しては会社が休みのため在籍確認がとれないという場合も考えられますので、自分の勤務している会社が土日に営業しているかどうかも重要となってきます。

基本的には在籍確認は必ず電話で確認作業を行いますので、土日に自分が会社に居る、もしくは自分がいなくても会社が営業しており誰かが居る状態であれば何ら問題は起きません。

しかし会社自体が土日休業の場合、在籍確認の電話には誰も出ないため確認作業は営業日となる月曜日まで先延ばしになってしまいます。

ほとんどの消費者金融、銀行系カードローンは、電話以外の方法での在籍確認が出来ないというスタンスを取っていますので、申し込む前に在籍確認が電話以外の方法で可能なカードローンをチョイスすることが土日に確実に契約を完了させるために必要な事となります。

土日に電話以外の在籍確認が出来るのは?

土日にお金を借りる土日はなかなか在籍確認が取れない場合が多く、お金が必要なのに審査が完了できないというジレンマに陥りやすくなります。

ほとんどのカードローンが電話以外の方法での在籍確認を行っていませんが、その中でも数社電話以外で在籍確認を可能に出来る、もしくは在籍確認の必要が無いカードローンも存在しています。

それがカードローンのプロミスセブン銀行カードローンとなります。

まずプロミスの場合は基本的にwebや無人契約機での申し込みとなりますが、申し込みの際に在籍確認のできる社員証などを用意しておくことでそれを在籍確認の代わりとして電話での在籍確認無しで審査を進めることが出来ます。

その方法となるのが申し込みの際に会社に電話して欲しくない、会社が休みなので違う方法で在籍確認をしてほしいと相談すると良いでしょう。

一般的な消費者金融や銀行の場合は相談をしても電話以外の方法では受付できないと言われてしまいますが、プロミスの場合は違う方法での在籍確認を案内してくれますので、その指示に従い必要な社員証や書類を提出するとそのまま審査を続行してくれます。

この方法であれば土日会社が休みであってもそれが審査の妨げにはなりませんし、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるため非常にスピーディに審査を行うことが出来ます。

プロミスの場合電話以外の在籍確認を行うと土日の審査完了までの時間は早ければ20~30分程度で終了しすぐに融資が可能になりますので確実性が高く利便性も高いカードローンだと言えます。

ただしプロミスが指示した方法を実行できない場合や、在籍を確認できる社員証などがもともと無い会社の場合は電話での在籍確認を行うしか方法がないため、自分の会社に社員証があるかどうか、保険証などを準備できるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

次にセブン銀行カードローンに関しては、基本的に申し込みを行う際に在籍確認作業自体が無いため、土日でも関係なく審査を行って貰えます。

これはセブン銀行カードローンが少額融資のカードローンであるとともに、在籍確認を必要としない特殊なケースであるためです。

セブン銀行カードローンの場合、何故在籍確認を必要としないのかと言えば、セブン銀行の口座を申し込む際に記載した情報をそのままカードローンの審査に使用するためです。

他のカードローンよりも少額融資に特化しているため審査も通過しやすいですし、セブン銀行が保有している情報を利用する為在籍確認の電話を無しで融資が可能になるわけです。

ただしセブン銀行カードローンの場合セブン銀行の口座を保有していない場合は申し込み出来ませんし、同時申し込みの場合は土日の融資が難しい場合もあります。

そのためセブン銀行カードローンに関しては事前に口座を開設しておく必要があり、口座を開設している場合のみ土日の融資が可能になると考えた方が良いでしょう。

それと少額融資に特化しているため最大でも50万円までの融資しか行って貰えませんし、選べるコースも10万円、30万円、50万円となっており金利も一定なのでそれを理解しておかないといけないでしょう。

50万円以上の増額は出来ないので金額的な問題が生じる可能性があります。

プロミスの場合もセブン銀行の場合も土日の在籍確認が容易に可能、在籍確認すら必要ないという大きなメリットがありますので、どうしても土日にカードローンを利用しなければいけない場合は選択肢としてはかなり有益な業者だと言えます。

しかし金利面や借りることが出来る金額では銀行系カードローンには劣りますし、多額の借入には向いていないという側面もあるのでその点はデメリットとなると言えるでしょう。
プロミスの場合web申し込みの場合はカード発行が出来ないので無人契約機との併用が必要となりますので、web申し込みの場合はカード発行のことまで考えておきましょう。

セブン銀行の場合はwebだけで申し込みが完結出来ますし、セブン銀行のカードがそのままカードローンにも利用できるようになるので、その点においては非常に便利だと言えます。

基本的には土日の申し込みはwebでの申し込みが最短の方法ですので、在籍確認という問題をクリアしたいのであればweb経由でプロミスやセブン銀行を利用するのが確実に融資を行って貰える方法となるでしょう。時間帯によってはwebでも融資に時間がかかる場合もあるので、特に土日の場合は注意しましょう。