カードローン総量規制によってお金を借りるための貸付金額はどうなるのか?

総量規制について初心者の方向けにわかりやすく解説します

金融機関からお金を借りる時は、どんな場合でも融資限度額が決められます。たとえば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックや大手消費者金融のアコムなら、最大融資限度額は500万円となっています。ですからどんなに頑張っても、それ以上は借りられません。

しかし貸金業者からお金を借りる場合は、貸金業法による総量規制の対象となりますので、そうした融資限度額とは別に、最大でも年収の三分の一までの借り入れしかできないという決まりがあるのです。ですからアコムからの借り入れは、その規制の適用も受けます。

ゆえにアコムで100万円のお金を借りたいと思ったら、最低でも年収300万円以上は必要になるのです。ちなみに融資申請の必要書類は、各金融機関によって微妙に違いますので事前確認が必要です。特に借り入れ希望金額が大きくなればなるほど、収入証明書の提出が必要になるなど手続きが違ってきますので、詳細は必ず確認しておきましょう。

どうして総量規制が始まったのか

その昔、昭和の時代の貸金業者といえばサラリーマン金融が有名でした。多くの利用者が便利に借り入れを利用していました。しかしその一方で、サラ金地獄などと呼ばれ、金融事故が社会問題にもなっていたのです。

それはひとえに消費者の借り過ぎ、またはサラ金の貸し過ぎが原因でした。その原因から改善することを目的として誕生したのが総量規制なのです。これによって借り過ぎや貸し過ぎを規制して、悲惨な金融事故の減少に成功したのです。

総量規制にも例外が幾つかある

しかし貸金業者の融資であるといっても、どんな融資商品も総量規制の対象となるわけではありません。

たとえば、既に住宅ローンや自動車ローン、それに医療費ローンなどを利用中であっても、それは規制の対象とはなりません。

ですから年収が500万円の人が150万円の自動車ローンを組んでいたとしても、貸金業者に50万円の融資を申請しても審査に通る可能性は十分にあるのです。しかし自動車ローンではなくて他の貸金業者から既に150万円お金を借りている場合なら、別な貸金業者に50万円の融資申請をしても、審査に通る可能性はないと考えなければならないのです。

おまとめローンも総量規制の対象外

おまとめローンというのは、複数の借金を一まとめにすることのできるローン商品の総称です。今や、銀行や貸金業者をはじめとして多くの金融機関で広く取り扱われている商品です。

おまとめローンには非常に素晴らしいメリットがあります。それは、金利が比較的低めに設定されているため、複数の借金を一つに借り換えることで今までよりも金利が低くなることが見込めるので、利息の支払い負担を軽減することができるのです。

たとえば金利が年18%の借金を幾つか抱えている人が年10%のおまとめローンでお金を借りれば、単純計算ですが年8%もの金利の節約になるのです。

しかも複数の借金を一本化することで、それまでは月に数回あった返済約定日も、たった一日だけにまとめることができるのです。ですから借金の管理も楽になるに違いありません。こうしたメリットゆえに、おまとめローンは人気が高いのです。

個人的な事業資金としてお金を借りるのも総量規制の対象となるのか

総量規制の対象となるのは、原則として個人向けの貸付だけです。

それは、個人がお金を借り入れるということを意味しています。しかし個人がお金を借り入れるといっても、事業用資金の場合は総量規制の対象とはならないのです。

ただしひと月当たりの借り入れ額、借り入れ残高、それに他社も含めた総借り入れ額などによっては収入証明書などの提出を求められることがありますので、詳細は必ず確認しておきましょう。

銀行カードローンの特徴と総量規制

一般的なカードローンをはじめとした銀行のローン商品は、全て総量規制の対象とはなりません。その理由は銀行は貸金業者ではないからです。

総量規制は貸金業者が守るべき法律ですので、銀行は関係ないのです。ちなみに銀行には貸金業法ではなくて銀行法があります。それでは、なぜ銀行法には総量規制のような法律がないのでしょうか。それは銀行の厳格な審査体系が深く関係しています。

そもそも銀行とは、数ある金融機関の中でも最高レベルに審査が厳正に行われるのです。ですから銀行カードローンであるならば、貸金業者のように消費者に貸し過ぎてしまうような心配は元々ないのです。それに対して貸金業者とは、銀行と違ってお金を貸すことを専門としている業者なのです。

ですから一件でも多くの顧客を獲得するために、銀行ほど厳格な審査は行っていないのが普通です。それゆえに審査難易度は比較的低いですし、昔は貸付金額も可能な限り多めにしていたのです。

しかし社会問題が発生してしまったので、それで規制がスタートしたのです。いずれにしても借り入れは安全第一です。そのためには、自分の身の丈に合った金額しか借りてはいけません。その意味においては総量規制も安全装置のようなものですので、決して悪いものではありません。

年収の3分の1以上お金を借りられるカードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行