カードローン総量規制は、借り入れを行う時に、借り入れ総額が年収の3分の1までしかお金を借りることができないというルールです。総量規制は個人の借り入れを対象にし、借り入れをする人を借りすぎから保護する目的で生まれた制度で、提出書類として借り入れ時に、収入証明書類の提出が原則必要となります。

貸金業者からの借り入れが対象になり、消費者金融やクレジットカード、信販のキャッシングが総量規制の対象になりますが、銀行からの借り入れについては銀行法が対応するため、総量規制の対象にはなっていません。

総量規制導入の目的は、借り主を過度の借り入れから保護することです。総量規制が導入された背景には、消費者の返済能力を大きく超えるお金の借り過ぎと、貸金業者の貸し過ぎ体質によって過重債務となってしまった借り主の債務遅滞状態が深刻な社会問題として取り上げられたことなどありました。

総量規制の除外や例外の代表的な貸付

法律はこのような社会問題を防止するために制定され、借り過ぎによって借り主が生活破綻になるのを防ぐために導入されましたが、自動車ローンや住宅ローンなどは総量規制の対象にはなっていません。

総量規制は個人的な借り入れを対象としていますので、個人が個人事業者として借り入れを行う場合は総量規制の対象とはなりません。

おまとめローンと法律改正

おまとめローンは、平成22年6月に改正された貸金業法で既定された総量規制の除外規定とされています。

カードローンのおまとめローンは借換えローンともよばれて、原則、年収の3分の1以上の借り入れがあったとしても利用できるようになっています。これは、おまとめローンが借り入れを新たに増やすのではなくて、借り入れているいくつかの借り入れをまとめるためにお金を借りることを主な目的とするローンだからと考えられます。

法律が改正される前は、借り主が連帯保証人や担保を用意できない場合には借り入れを利用することが困難でした。また、担保が不当に高いため借り入れるのが難しい状態でした。

この背景として、お金を貸す消費者金融会社が、複数のローンなどをまとめる無担保無保証の高額融資はかなりリスクが高いと考えていたということがあります。

それに対して、改正貸金業法では法律規制によって消費者保護が厚く図られ、消費者に対してより有利になったといわれています。具体的には、月々の返済額などの金利を含めた総返済額の負担が軽減され、担保や保証に関する要件については、借換後の条件が借換前の条件より厳しくならないといった2つの特徴が強調されるようになり、おまとめローンは現在のところ無担保無保証になっています。

法改正後は借り主が、保証人や担保を用意しなくても貸金業者側にも債権上のメリットがあると考えられています。これは、借り入れ者がおまとめローンで借り入れをまとめたとしても、他の業者に借り入れを申し込んで新たな借り入れを行ってしまって負債額が増加してしまい、不良債権化してしまうということがなくなったからです。このことがリスクヘッジになって、実質的に無保証無担保でも貸す側にとってメリットが生まれます。

また、負債をまとめることによって、借り主側には適用利率が変わらなくても総支払額が少なくなるというメリットも生じます。複数業者への支払いが1つにまとまると、振込手数料などが1箇所分だけで済む上に、月々の支払い額が複数の業者へ別々に支払っていたときよりも少なくなります。

総量規制で容易な借り入れができなくなりますので、その結果、返済のみになります。そのため負債額については確実な減少が図れるという利点があります。このように借り手側と貸し手側の双方にとってのメリットが生まれる制度が総量規制です。

総量規制対象外の銀行系カードローン

貸金業法が対象としているのが消費者金融会社などの貸金業者です。そのため銀行は該当しません。

総量規制で新たな借り入れができない場合には、収入の制限のない総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことができます。例えば、三井住友銀行のカードローンは300万円以内の申し込みなら収入証明書が不要でお金を借りることができます。即日審査で最短30分で審査が完了し、銀行口座がなくても借り入れができます。

ソニー銀行のカードローンの場合、限度額800万円まで借り入れ可能で、年利率2.5%から借りることができます。また、月々の返済額が2000円から申し込めます。カードローンは300万円以内の申し込みなら収入証明書が不要となっています。

銀行系のカードローンなら年収によって規制がないため、専業主婦や収入のない方でも家族に定期的な収入があればお金を借りることが可能となっています。

また、おまとめや借り換えにも最適で、おまとめで年収の3分の1以上に借り換えたい場合でも融資可能という2点が大きな特徴です。借り入れを希望する銀行に口座を持っていると取引実績などで柔軟な審査や優遇される可能性もあって便利です。

年収の3分の1以上お金を借りられるカードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行