カードローン百十四銀行には、「114ニューカードローン」「114スマートネクスト」、そして「114カードローン住宅ローンプラス」の3種類のカードローン商品があります。

前2つは申込対象者が多いカードローンですが、「住宅ローンプラス」は、百十四銀行で住宅ローンを利用中の方限定のカードローンです。

実質年率 限度額 借入方法 即日融資
5~12 500万 自行ATM、提携ATM 可能
申込年齢 在籍確認 返済方法 利用目的
20~70 あり 自行ATM、提携ATM、口座引落 原則自由

申し込みと審査

百十四銀行百十四銀行のカードローン「114ニューカードローン」の申込は、インターネットとフリーダイヤルで受け付けております。インターネットが24時間365日申し込みを受け付けているのは不思議ではありませんが、フリーダイヤルも24時間365日申し込みを受け付けているのは、他の銀行カードローンではなかなかありません。

インターネットで仮審査申込をする際には、来店がいりません。審査結果は電話などお望みの方法で連絡をしてくれます。しかも、最短で申し込みしたその日に審査結果の回答があります。仮審査の審査を無事に通過したら、百十四銀行の店舗まで足を運んで契約をしてください。契約が完了すれば、近くのATMやCDから借り入れが可能です。

特徴

比較的低金利なのがうれしい「114ニューカードローン」

「114ニューカードローン」は、銀行のカードローンにしては比較的低金利なのがうれしいところです。下限金利は年5%と他の銀行カードローンと比べてむしろ高いのですが、注目すべきは上限金利。上限金利は年12%なのです。
「114ニューカードローン」の限度額は30万円から500万円まで設定されますが、30万円の限度額の方はほぼ上限金利が適用されるでしょう。しかし、「114ニューカードローン」の上限金利は年12%ですので、上限金利でも他の銀行カードローンと比べて2%強も違います。

取引内容に応じて、30万円は50万円に、50万円は100万円に限度額がアップする可能性があります。限度額がアップすればそれだけ適用金利も低くなる可能性がありますので、うれしいですね。個人事業主や会社の経営者も、事業目的で利用しなければ申し込みが可能ですが、限度額は100万円まで制限されます。

5秒診断がある「114スマートネクスト」

「114スマートネクスト」は、「114ニューカードローン」と比べると、より初めての方に優しいカードローンとなっております。その最たるものが「5秒診断」。年齢、年収、他社からの借入状況の3項目を入力もしくは選択するだけで、融資可能かどうかを診断してくれます。

そのまま「ネットでカンタン仮審査」へも進むことができますので、安心かつ迅速に申込みへ進めます。「114スマートネクスト」と「114ニューカードローン」を比較した場合、契約方法が異なります。「114ニューカードローン」は来店契約が必要ですが、「114スマートネクスト」は郵送契約が可能です。

住宅ローン利用者専用「114カードローン住宅ローンプラス」

「114カードローン住宅ローンプラス」は、百十四銀行銀行で住宅ローンを利用中の方専用のカードローンです。百十四銀行との取引がかなり密であることから、金利や限度額も優遇されています。限度額は最高500万円までですし、金利も年4.5%~7.9%とかなりの低金利です。

114ニューカードローン 114スマートネクスト カードローン住宅ローンプラス
年利(%) 5~12 9~14.5 4.5~7.9
限度額 500万 300万 500万
年齢 20~65 20~65 20~65
職業 パート・アルバイトOK パート・アルバイトOK 給与所得者
契約方法 店頭 郵送 店頭

まとめ

百十四銀行でカードローンを利用する場合、初めての方は「114スマートネクスト」、住宅ローンを利用中の方は「114カードローン住宅ローンプラス」がいいでしょう。それ以外でバランスの取れたカードローンをお探しの方は、「114ニューカードローン」がおすすめです。