カードローンを利用してお金を借りれば、必ず「利息」を付けて返済しなければなりません。なお、カードローンの中には「無利息期間」というサービスを提供しているものがありますが、それは、無利息期間中に借入金を返済すれば利息が0円で済むということです。
そして、利息がいくらになるのかを計算する基になるのが「金利」です。例えば、消費者金融カードローンでは100万円未満の金利(年率)は通常18%になっているため、30万円を借りて1年後に返済したとすると、利息は「30万円×18%」で5万4,000円になります。つまり、元利合計で35万4,000円を支払うことになります。
なお、カードローンの利息は「日割り」で計算されることになっています。つまり、30日後に返済すれば、元金に対する30日分の利息を支払えば良いということです。そこで、金利は年率で表示されているため、利息を計算するには1日分の金利に直す必要があります。例えば、金利18%で借りた30万円を30日後に返済した場合は、「30万円×18%×(365日分の30日)」という計算式になり、利息は4,438円になります。

銀行系のカードローンは特色のある金利

ところで、金利は法律の規定の範囲内で業者が自由に設定することができます。しかし実際には、消費者金融のカードローンはどれも全く同じ金利になっています。それはすべての業者が利息制限法における上限金利通りの金利にしているため、100万円未満は18%、100万円以上は15%になっているからです。

一方、銀行のカードローンは様々な金利体系になっており、例えばネット専業銀行を見てみると、最高金利において高いものは18%、低いものは7.99%になっており、その差が10%にもなっています。当然、金利が低ければそれだけ利息も少なくなるため、高額な借入をする場合や、長期間借入を継続する場合は1%でも低い金利のカードローンを利用するのが賢明です。

返済方法の違いで金利に差が出る

ちなみに、借入額も金利も同じなのに、利息額の違うことがあります。それは、返済方式が異なるからです。カードローンの返済というのは毎月、元金と利息を合わせた額を支払っていきますが、その返済方式には一般的な「元利均等払い」と、稀に「元金均等払い」があります。

元利均等払いとは

元利均等払いというのは元金と利息を合わせた返済額を一定額にするものです。
例えば、金利18%で30万円を借り、元利均等払いで毎月の返済額を1万円にしたとします。その場合、1回目(30日後) の返済では30万円に対する30日分の利息が4,438円になるため、返済額の1万円から4,438円を引いた5,562円が元金に充当されます。
従って、元金残高は30万円から5,562円を引いた29万4,438円になります。つまり、元利均等払いというのは返済額の中から利息が先に引かれ、残額が元金に充てられる仕組みになっています。
そして、2回目(31日後)の返済では29万4,438円の31日分の利息が4,501円になるため、1万円から利息を引いた5,499円が元金の返済に充てられ、元金残高は28万8,939円になります。このような返済を完済するまで続けていきます。

元金均等払いとは

一方、元金均等払いというのは毎月一定の元金を返済し、それにその月の利息を加えた額を支払います。
従って元金が減るごとに利息も少なくなるため、返済額は回を追うごとに減っていきます。例えば同じように金利18%で30万円を借り、毎月の元金の返済を1万円とします。
1回目(30日後)の返済は1万円の元金返済分に30万円の30日分の利息である4,438円を加え1万4,438円を支払います。元金残高は1万円が減っているので29万円になります。
2回目(31日後)は1万円の元金返済分に29万円の31日分の利息の4,433円を加えた1万4,433円を支払います。
このように、元利均等払いの場合は元金の減り方が少ないため、毎月の利息が高くなるとともに返済が長期化することから、元金均等払いに比べると利息額が高額になる傾向にあります。