カードローン楽天銀行はご存知のように、実店舗を持たないネットバンクです。

この楽天銀行でもカードローンを扱っていますが、このようなネットバンクのカードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

楽天銀行カードローン申し込み方法

楽天銀行のカードローンの申し込みは、インターネットを利用して行います。電話や郵送などによる受け付けは行っていません。これは、実店舗やローン契約機なども一切存在しない、インターネットありきの銀行ならではだと言えます。

その手順ですが、まず、楽天銀行のホームページのカードローン申し込み用フォームに必要事項を入力し、送信します。その送、受け付け完了メールが楽天銀行から送られてきます。これと同時に審査が行われ、審査結果は同様にメールで受け取ります。

審査に合格していた場合、楽天銀行より電話があります。これは最初に入力した電話番号まで掛かってきます。この番号は、もちろん携帯電話でも構いません。この電話で必要になる書類を用意するように言われますが、300万円までの借り入れの場合、用意するのは原則的に身分証明書だけです。

この必要書類の提出は、郵送、及びスマホ用の専用アプリから行えます。専用アプリでは、写真に撮ったものを送信するだけです。書類の送付後、楽天銀行側がその書類の確認を行い、問題が無ければキャッシング用のカードが送られてきます。これで契約は完了です。

金利と返済方法

ここまでで契約は完了しましたが、返済方法によっては続きがあります。

返済方法に口座振替を選択した場合、その書類を返送する必要があります。この場合の返済日は、1日、12日、20日の中から決めることができます。また、楽天銀行を指定した場合は、それに加えて27日も選択できます。

口座振替で返済を行わない場合、キャッシング用のカードで各種の提携先のATMから返済を行う方法と、Pay-easyを利用して、ネットバンクに振り込む方法があります。この振り込みは、通常の銀行のキャッシュカードなどでは行えないので注意してください。

カードローンの金利は、最近引き下げられたこともあり、年利1.9~14.5%とメガバンク並の低金利を実現しています。基本的に借り入れ金額が大きくなるほど、この金利は下がっていきますが、100万円未満の借り入れでは、まず最高金利になると考えてください。

最低金利の1.9%は、借り入れ額がこのカードローンでの最高額の800万円にならない限り、適用されることはありません。

無利息期間があります

この楽天銀行のカードローンには、無利息期間があります。特定の条件を満たすことで、契約をした日から30日間の無利息サービスを受けることができます。

この条件とは、まずはこのカードローンの申し込みと同時に、楽天銀行の口座を開設することです。既に楽天銀行に口座を持っている場合はこの無利息サービスを受けることはできません。

そして次に、返済方法にその楽天銀行の口座からの振替を選択することです。この2つの条件を満たすと、無利息サービスを受けることができます。銀行のカードローンで無利息期間があることは珍しいですが、口座の開設などの条件が付くこともあり、実際に利用するのは難しいこともあります。

楽天銀行カードローンのメリット・デメリット

このようなネットバンクでは、どうしても実店舗がないという点がデメリットになりがちですが、この楽天銀行ではそのようなことはまずありません。

キャッシング用のカードが発行された後は、全国のコンビニなどの各種の提携先のATMが利用できるので、ネットバンクという点は特に気にならなくなります。

パソコン

楽天銀行の口座を持っていると、24時間いつでも瞬時にその口座まで振り込みで借リ入れを行えるという点があります。このカードローンは、楽天銀行の口座と一緒に利用することで、無利息サービスが受けられたり、この瞬時に振り込みで借り入れを行うことができるなどのメリット面が増えると言っていいでしょう。

これといったデメリット面はありませんが、あくまで銀行のカードローンなので、審査に合格するのは消費者金融より厳しいと考えてください。

また、契約を行ってしまえば、その後はごく普通のカードローンですが、申し込み方法がインターネットだけということと、インターネットで申し込みを行うカードローンにしては、必ず電話が掛かってくる点や、スマホ用のアプリを利用しない場合は必要書類の送付が郵送になってしまう点などが面倒だと考える人もいるでしょう。

そのような点が気にならなければ、利用しやすいカードローンだと言えるかも知れません。
公式サイトへ