カードローン銀行のカードローン同士でも、大手の都市銀行のカードローンと地方銀行のカードローンでは異なる点が多々あります。

特に銀行のカードローンは消費者金融と比べて金利が低いのが当たり前だと考えていると、そうでもない場合もあるので注意してください。

大手の都市銀行のカードローンの特徴

基本的な特徴としてはまず大手の都市銀行のカードローンの場合、最高融資金額が500~800万円程度のことが多く、金利は最高で年利14~14.6%になっています。

特別なプランでの契約を除き、また数百万円など高額な借り入れにならない限り、実際にそれほどの違いは無いと言えるので、近所にその銀行があるからといったような理由で選択しても構いません。

申し込みや融資までの期間はどう違うのか

ネットから申し込みが行えるのは当たり前で、消費者金融の自動契約機のようなローン契約機を用意していることも多く、希望の申し込み方法が無いようなことはないでしょう。

また、即日融資にも充分期待ができます。土日や祝日にも審査を行っている場合もあるので融資までに掛かる期間は地方銀行とは比べものになりません。

借り入れや返済については?

その銀行の口座まで借り入れを行う他に、キャッシングカードを利用して現金の借り入れが可能です。また、口座が必要にならない場合は消費者金融感覚で利用することができます。

一部その銀行の口座が必須となるカードローンもありますがそれは返済をその口座からの引き落としで行う為です。それ以外の場合はカードを使って返済を行うことができます。

おまとめローンとしての利用

銀行のカードローンは借り入れ金額が収入によって制限される総量規制の影響を受けない為、複数の借り入れを一本化して借り換えるおまとめローンとして利用するにはもってこいと言えます。

ですが、大手の都市銀行のカードローンはそのような利用を歓迎していません。はっきりと借り換えでの利用はできないと記載されていることもあり、おまとめローンとしての利用は難しい場合がほとんどです。

地方銀行のカードローンの特徴

地方銀行のカードローンは、その銀行によって様々な特徴があります。金利の面でも幅広く、最高で年利18%と消費者金融と同等のこともあり、銀行のカードローンだからといっても低金利だとは限りません。

最高融資金額も少ないところでは100万円未満だったり、多いと1000万円にもなる場合もあります。本当にそれぞれでバラバラだと言っていいでしょう。

また、その地方銀行の存在する地域に居住、もしくは勤務してないと利用できないといったことも多くあります。全国どこからでも利用できることが少なく、地方銀行のカードローンを利用する場合は地元の銀行だけに限られてしまうかも知れません。

申し込みや融資までの期間

最近ではネットから申し込みが行える銀行も増えていますが、ネットだけでは契約が完了せず、最後に店頭まで来店をして正式な契約となるケースも多いです。

即日融資を行っている銀行もありますが、少数だと言えます。基本的には申し込みから借り入れまでには数日掛かると考えておいた方がいいでしょう。

借り入れや返済について

その銀行の口座を開設しないとカードローンを利用できないというケースが多いです。これは返済はその口座からの引き落としと限定されている為で、地方銀行ではこの返済方法が普通だと言ってもいいくらいです。

借り入れはキャッシングカードを利用して行えることがほとんどですが、返済はそれでは行えないことも多いので、この点に注意が必要になります。

おまとめローンは?

このおまとめローンとしての利用を歓迎している銀行が多いのが、地方銀行のカードローンの特徴の1つだと言っていいでしょう。そのようなカードローンは”借り換えOK”などと記載があるのですぐに分かります。

地方銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合、消費者金融とは違ってそれほど大きくはない金額のショッピング分まで対象にすることができるので、場合によってはかなり重宝するかも知れません。

自分に合ったカードローンを見付けましょう

このように、大手の都市銀行はほぼ横並びのスペックだと言っていいですが、地方銀行のカードローンはそれこそ千差万別です。その銀行のある地域でないと利用できないことも多く、好きなカードローンが選べる訳ではないことも欠点だと言えます。

ですが、利用できる地域にスペックの優れたカードローンが存在する可能性も充分にあります。

地方銀行のカードローンは、条件が合えば利用するといった使い方になることが多いと言えます。中には大手の都市銀行のカードローンより自分にとって利用しやすいものがあるかも知れません。

逆に、自分が利用できる地域にこれとった地方銀行のカードローンが存在しない場合、大手の都市銀行のカードローンであれば全国どこからでも利用でき、スペックも安定しているので、無理に地方銀行のカードローンを利用しようとせずにそちらを利用するのがいいでしょう。