カードローンプロミスではおまとめローンを取り扱っています。これはご存知のように、複数の借り入れを一本化する為のローンですが、消費者金融では大手でしか取り扱っていません。借り入れ金額が高額になることと、長期の返済になることから、中小の消費者金融では取り扱いが難しいのが理由だと言えます。

ここではこのおまとめローン自体の基本的な概要と、プロミスのおまとめローンについて具体的に見ていきたいと思います。

プロミスおまとめローンの概要

例えばA社より50万円、B社より40万円、C社より30万円の借り入れがあるとします。この合計の120万円の借り入れをD社より行い、A、B、C各社への完済に充て、今後はD社だけに返済を行っていくのがおまとめローンです。

このおまとめローンは、総量規制の例外となる借り入れになります。よって、年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能ですが、審査は一般的なカードローンより厳しく行われます。

おまとめローンを組むことによるメリット

おまとめローンを組んだことで受けられるメリットは、主に2つあります。

  1. 1つは返済先が1社だけになることで、その管理が楽になり、返済日を忘れてしまうようなことが無くなります。
  2. そして2つ目は、金利を下げられることです。これは借り入れが100万円を超える場合に限りますが、100万円以上の借り入れになると、年利15%が最高金利になります。これは利息制限法上の規定なので、どの業者を利用してもこれ以上の金利になることはありません。

消費者金融やクレジットカードを利用すると、100万円以下の借り入れに対しては年利18%近いのことがほとんどなので、おまとめローンによって、今後の返済中の金利、及び返済総額を減らすことができるのです。

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンは自動契約機か店頭の窓口からのみ申し込みが可能です。

契約には借り入れ金額が高額になる為、身分証明書の他に収入証明書が必要です。通常のカードローンと同様に担保や保証人は必要ありません。

比較的借り入れ金額が高額になりますが、プロミスではこのおまとめローンでも即日融資も行っています。ただし、通常のカードローンより審査に時間が掛かるので、即日融資が希望の場合は14時までには申し込みを行う必要があります。

このおまとめローンでまとめることができる借り入れは、他の消費者金融やクレジットカードを利用したキャッシングなど、貸金業法が適用される借り入れに限ります。

自動的に他社へ返済が行われます

おまとめローンは、他社への返済に利用することが前提のローンです。
プロミスでは、借り入れを行った金額は全てそのまま返済に充てられる仕組みになっています。審査に合格すると、借り入れ金額全てを各借り入れ先に対して、申し込みを行った人の名義で振り込みます。その為、本人の手元には全く残りません。

あたかも本人が返済を行ったように見えるので、おまとめローンを組んだとは一見分からないように思えますが、総量規制を超えるような高額の借り入れを行ったということが信用情報から参照できる為、他社でおまとめローンを組んだことは分かってしまいます。

これにより、他社からの更なる借り入れはほぼ不可能になると考えてください。元々おまとめローンは借金を一本化する為の返済専用のローンなので、これを組んだ後に新たな借り入れを行おうと考えてはいけません。

返済期間と返済方法

プロミスのおまとめローンの返済期間は最長10年間です。最大の借り入れ可能金額は300万円で、申し込み時に相談によって、月々の返済金額と返済期間を決定します。

返済は原則的に銀行口座からの引き落としになります。返済日は三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座からの引き落としの場合、5日、15日、25日、末日の中から好きな日を選択できますが、それ以外の銀行の場合は5日になります。

無利息期間が利用できます

プロミスのおまとめローンでは、今までに通常のカードローンも含めて一度もプロミスを利用したことがないことと、契約時にメールアドレスの登録、及び明細書をWEB明細にすることで、通常のカードローンと同様に30日間の無利息期間を利用できます。

おまとめローンに無利息期間があることは通常では考えられませんが、プロミスではこれを行っています。ここが最大の特徴だと言えるかも知れません。

注意するべき点とは?

プロミス以外でも言えることですが、このおまとめローンを組む際の注意点は、返済期間をあまり長くしないことです。

借り入れ金額が高額になったことで金利が下がっても、返済期間が長くなることで金利が発生する期間が延びてしまい、支払い総額が逆転してしまうことがあります。

これを防ぐ為には、月々の返済金額をそれまでに合計して返済を行っていた金額と同等にすることです。多少であれば少なく設定しても構いませんが、あまり減らしてしまうと返済期間が延びてしまい、その分余計な金利を支払うことになってしまいます。

また、残りの借り入れ金額が総量規制の範囲内まで減ってくると、他社の利用が可能になります。ここで他社からまた借り入れを行ってしまうと、いつまで経っても完済は難しくなります。完済までは新たな借り入れは行わないように気を付けましょう。

返済は必ず行いましょう

プロミスのおまとめローンで無利息期間を利用した場合、その間にも返済日があることを忘れないようにしてください。

無利息期間はその間には一切返済も行う必要がないという意味ではありません。あくまでその期間だけ金利が発生しないというだけで返済はきちんと行わなくてはいけません。

おまとめローンの返済を遅延してしまうと、通常のカードローンより厳しい対応をとられることになります。1回や2回であれば、延滞期間中の金利と損害金の支払い程度で済むことも多いですが、それ以上遅延を繰り返してしまうと、残りの借り入れ金額を一気に全て返済しなくてはならなくなってしまう可能性があります。

総量規制の範囲を超える借り入れも可能なおまとめローンですが、返済に関しては通常のカードローン以上に厳しく管理されるということです。月々の返済は忘れずに必ず行いましょう。