カードローンおまとめローンとは、複数の借入れを一本化する為のローンです。複数の少額の借入れを1つの高額の借入れに借換えることで、いくつかのメリットを受けることができます。

このおまとめローンは返済専用のローンになるので、追加でお金を借りることは行えません。現在の借入れの完済を目指す為のローンになります。

おまとめローンを組むメリットとは?

金利を下げるおまとめローンを組む最大のメリットは、現在より金利を下げることができる点です。このメリットは基本的に、まとめる金額が100万円以上になった場合に受けることができます。

これには理由があり、1社からの借入れ額が100万円を超えると利息制限法により、上限金利が年利15%になるからです。100万円未満でお金を借りる場合、業者ごとに定められている最高金利が適用されます。これは消費者金融では18%のことがほとんどです。

100万円未満のいくつかの借入れをまとめて100万円以上の1つの借入れにしてしまうことで、この金利の優遇を受けることができます。どの業者を利用した場合でも、年利15%を超えることはありません。ほんの数%とはいえ、借入れ金額が大きくなると決して馬鹿にできない金額になります。金利は少しでも低いに越したことはありません。

その他のメリットとして、返済を行う業者が1社だけになるので、返済の管理が楽になります。残りの借入残高が一目で分かるようになり、いくつもの返済を抱えていると返済日が業者によってまちまちなことも多く、つい返済日を忘れてしまうことがあるかも知れませんが、そのような心配もなくなります。

また、ATMからの振込みで返済を行っていた場合、その度に発生していた手数料を軽減することができます。返済件数が多いと、このATMの手数料だけでも余計な出費になっていることがありますが、これを抑えることができます。これも立派なメリットだと言えます。

おまとめ金額によって有利になる業者が違います(消費者金融での事例)

大手の消費者金融でこのおまとめローンを扱っているのは、プロミスアコム、そしてアイフルです。この3社ではおまとめローンの金利が異なり、お金を借りる金額によって有利になる業者が変わってきます。
金利は借入れ金額が大きくなるほど下がっていきます。よって、借入れが大きいほど最低金利が低い業者を選択する方がお得になります。

プロミスはこのおまとめローンの最低金利がこの3社の中で一番低いので、100万円以上でお金を借りる場合には一番おすすめです。プロミスのおまとめローンの金利は年利6.3~17.8%になっており、100万円以上の場合は最高でも15%で、借入れ金額が大きくなるほど6.3%に近付いて下がっていきます。

借入れをまとめても100万円に満たない場合は消費者金融では基本的に金利は下がりませんが、アイフルのおまとめローンに限り、借入れ金額に関わらず、最高金利が15%になっています。その為、100万円未満の場合でもおまとめローンによる最大のメリットを受けることが可能になっています。

カード

ですがアイフルのおまとめローンは最低金利が12%とプロミスの倍近く高くなっているので、高額になる場合には向いていません。またアコムは最高金利、最低金利ともに中途半端になっている為、プロミスやアイフルが利用できない場合を除いて、進んでアコムからお金を借りる必要はないと言えそうです。

おまとめローンが組める場合と組めない場合

キャッシングには総量規制という決まりがある為、年収の1/3を超える借入れは原則的に行えません。

例えば年収が360万円の場合、120万円が借入れを行える限界になります。ですがこのおまとめローンは総量規制の適用外となり、120万円以上の借入れを行うことも可能です。
おまとめローンの審査ではこの点から、お金を借りる額が問題になることはあまりありません。元々おまとめローンを考える時点で、それなりの借入れがあるのが当たり前だからです。審査では今までの返済状況が一番重視されると考えてください。

それは、おまとめローンを組む金額までの借入れを行えたということは、収入面に問題がある場合は少ないと言えるからです。

それよりも、一本化によって一度に数社分の返済を行うようになるので、これまでに返済の遅延をしたことがある場合は余計にその心配がある為、今までの返済状況次第ではおまとめローンを組めない可能性もあります。

一本化ができない場合でも…

おまとめローンによる一本化は難しい場合でも、1件でもお金を借りている件数を減らすことができる金額の借入れが行える場合は、その分だけでもまとめてしまいましょう。

元々借入件数は少ないに越したことはありません。そしてアイフルのおまとめローンを利用するとその分は100万円未満でも最高でも15%まで金利を下げることができます。

このようにおまとめローンによって借入件数を減らすことで受けられるメリットはいくつかありますが、これといったデメリットは何もありません。強いて言えば、追加でお金を借りることが行えなくなるくらいです。よって、借入れの完済を考える場合はおまとめローンをすすんで利用するべきだと言えるでしょう。

低金利で限度額が多い銀行カードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行

  2. 武蔵野銀行

    金利年6.0%~年14.8%の限度額は300万円!

    パート、アルバイト、専業主婦の方もお申込みOK。

    借入額が100万円までなら所得証明書不要です

    詳しくはこちら →→ 武蔵野銀行