カードローンおまとめローンは銀行では少しやり辛い?

おまとめローンと聞いたら、まず真っ先に銀行カードローンで行うもの、と思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、銀行はおまとめローンを積極的には取り扱っていません。

そもそも、おまとめローン専用の窓口を持っている銀行は、ほとんどないのです。

おまとめローンは金額も大きい上に多重債務者が行うもの

おまとめローン審査における不利な条件がかなり重なってしまっており、審査通過もかなかなか難しいという現状があるのです。

もちろん、銀行カードローンでおまとめローンをすると、金利はかなり安くなるので、おまとめローンの恩恵はかなり受けられます。

だからと言って、銀行カードローンのおまとめローンにばかり気を取られていると、いつまで経っても借金の一本化ができない、という状況に陥りかねません。

もしも、少しでも早くおまとめローンを利用したい、何が何でも借金の一本化をしてしまいたいと思うのならば、銀行カードローンでのおまとめローンに見切りをつけて、消費者金融のおまとめローンを利用することをおすすめします。

消費者金融のおまとめローンのメリットは何?

消費者金融と銀行カードローンのおまとめローンを比較すると、金利率については明らかに銀行カードローンの方に分があります。

それでも、借りやすさは圧倒的に消費者金融の方が良く、おまとめローンでも、それ以外の借入でも消費者金融の方が審査通過率は高いです。

おまとめ専用窓口が用意されているのも特徴

また、消費者金融の場合は、いくつかの大手消費者金融が専用の窓口を設けています。ですので、多重債務者で借金の金額が多い、という審査上不利になり易い方であっても、そのような方へ向けてのローンとして提供されているので、気おくれする必要がなく、審査に通過できる可能性もしっかりとあります。

また、審査にかかる時間も短いので、審査結果が出るまでに金利が膨らんでしまう心配もありません。

おまとめローンは借金の一本化を行ってこそ意味があるものです。おまとめローンをしているのかしていないのかで大きな違いが出るものですから、おまとめローンは消費者金融であっても十分なメリットを得られます。

ただ、そのメリットを得るためにはいくつかの注意点があります。

おまとめローンのメリットを得るための注意点

まずおまとめローンのメリットは簡単に挙げると、個々の借入先に返済をする際の手数料が一つに絞られること、一つの返済先になることで返済の計画が立てやすくなること、そしてバラバラだった金利が一定にまとめられることです。

前者の二つについては、どこの金融機関を使ったとしても得られるもので、手数料については金銭的な、返済計画の立てやすさについては、精神的なメリットだと言えるでしょう。

最後の金利が一定にまとめられることについてですが、これこそが注意すべきことです。金利については消費者金融と銀行カードローンで違いがあるように、消費者金融同士でも差ができてしまうものです。

そのため、何も考えずに適当な消費者金融でおまとめローンを行うと、金利が安くならなかったり、逆に金利が高くなってしまったりする危険性があるのです。

ですので、まとめる先の消費者金融を選ぶのであれば、それぞれの消費者金融における金利について注意しなくてはならないのです。

それぞれの消費者金融の金利率について

消費者金融の中でおまとめローンの専用の窓口を持っているのは、アコムプロミスアイフルの3社です。これらはそれぞれ、おまとめローンを行う際に適用される実質年率の上限金利と下限金利が違います。

  • アコムの場合は下限金利が7.7%、上限金利が18%
  • プロミスの場合は下限金利が4.5%、上限金利が17.8%
  • アイフルの場合は下限金利が12%、上限金利が15%

となっています。

金利の数値だけを見ても何が何だか分からないかと思います。上限金利は借入金が少ない場合に適用され、下限金利は借入金額が多いときに適用されるものです。つまり、借金を一本化する際の金額次第では、利用すべき消費者金融は変化するのです。

下限金利が最も安いのがプロミスです。ですので、プロミスを利用すべき場合は借金の金額がかなり高額になる場合だと言えるでしょう。逆に、上限金利の最も安いアイフルは、借金を一本化してもそこまで高額にはならない場合に利用すべきだと分かりますね。

怖い顔

消費者金融でおまとめローンを利用する場合は、このように金利率の違いがあることをしっかりと覚えておいて、自身が得をするように借入先を選ぶようにしましょう。

消費者金融のおまとめローンのまとめと補足

消費者金融のおまとめローンは、総量規制の対象にはならないので、年収の三分の一を超えても大丈夫です。

そのため、安心して利用することができますし、説明した通りにに得をする借入先の選び方をすれば、確実に損はしませんので、銀行カードローンでおまとめローンがどうしてもできない、これ以上こだわってはいられない、というのであれば、消費者金融でのおまとめローンを利用することを視野に入れてもいいと思います。

低金利で限度額が多い銀行カードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行

  2. 武蔵野銀行

    金利年6.0%~年14.8%の限度額は300万円!

    パート、アルバイト、専業主婦の方もお申込みOK。

    借入額が100万円までなら所得証明書不要です

    詳しくはこちら →→ 武蔵野銀行