カードローン
おまとめローンは文字通り、複数の借り入れをまとめる為のローンです。これはいわゆる借り換えに当たり、多くの場合で金利面でのメリットが受けられます。そして、一本化した後の借り入れを返済してくことになります。

ですがこのおまとめローンにはメリットだけでなくデメリットも存在します。特に総量規制に達するまでまだ余裕がある場合におまとめローンを組んでしまうとその後に後悔してしまうかも知れません。

おまとめローンは返済専用のローンです

おまとめローンは複数の借り入れを一本化する借り入れになる為、その借り入れ額が高額になります。ですが、借り手が一方的に有利になるという性質から、総量規制の例外に指定されており、年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能です。

この借り入れは返済専用のローン契約となります。総量規制を超えてお金を借りている可能性もあるので、これは当然だとも言えます。

つまり、このおまとめローンを組んでしまうと、追加での借り入れは一切行えなくなるのです。これはまだ総量規制に達していなかった場合でも同様です。また、返済が進んで総量規制までに余裕ができた場合でも、追加でお金を借りることは行えません。

これは、おまとめローン自体がそういう契約になっている為です。これを知らずにまとめてしまうと、また借り入れを行わなくてはいけない事態になった場合に困ることになってしまいます。

他の金融機関も利用できないと思ってください

では、おまとめローンを契約したのとは別の金融機関であればお金を借りれるかというと、それも厳しい場合が多いと考えてください。

それは、おまとめローンを組んだ場合、その記録が信用情報機関に記録されます。おまとめローンとは記録される訳ではありませんが、他の複数でお金を借りている状態で、それらを全て返済できるほどの高額な借り入れを行った時点で、それは丸分かりです。これは審査の際に分かってしまいます。

それまで利用していた他の金融機関のカードを持っている場合でも、再度審査を受けないとそれは使用できません。おまとめローンによって、完済と同時に解約が行われているからです。

そして、おまとめローンを組んだということは、言い方が悪いですが、その状態になるまで無計画にお金の借り入れを行っていたということになります。そのような人にお金を貸してしまうと、返済を行ってもらえるかどうか不安があります。完全にアウトという訳ではありませんが、新たに借りにくくなっているのは間違いありません。

また、おまとめローンは月々の返済額が大きくなります。普通に考えると、それまでの複数の借り入れの返済分をまとめて1回で返済するようなものなので、その返済を抱えながら他の新たな借り入れの返済も行うのは難しいと判断され、審査を通らないことがあります。

このように一度おまとめローンを組んでしまうと、その借り入れを完済するまでは、新たにお金を借りることはまず難しいと考えておいてください。

返済額を今までより減らしてしまった場合

すぐ上でも書きましたが、おまとめローンの返済額は基本的に高額になります。それまでの返済が苦しかった場合、その複数の返済の合計額をそのままおまとめローンの返済額にしてしまうと、金利が下がったとしても、返済の苦しさは変わらないことになります。

よって、おまとめローンを組む際には、返済額を下げるケースが多くなります。例えば、今まで合計200万円の借り入れがあり、月々の返済額の合計が10万円だったとします。おまとめローンではこの返済額を7万円や8万円まで下げる場合が多いということです。

これによって返済が楽になりますが、このように月の返済額を今までより減らしてしまうと、その分返済までの期間が延びてしまいます。

げっそり

長く返済を続けるということは、その分支払う金利も多くなるということです。おまとめローンを組んだことで折角金利が下がっても、支払い期間が長くなってしまっては、反って支払う金利が多くなってしまうこともあります。これではおまとめローンの最大のメリットである、金利を下げられるという点が台無しです。

おまとめローンを組む際には、金利が下がる分を考慮した上で、今までより多く金利を支払うことがないように考えて返済額を設定する必要があります。これを行わないと、まとめたことで反って損をしてしまうので注意してください。

まとめる前にその性質を理解しましょう

おまとめローンはメリットだけではありません。このローンを組むことで、完済するまで新たにお金を借りることが難しくなってしまう点や、返済額を減らしてしまうと、反って損をしてしまうことがあるのです。

特に今まで返済を行いながら、時には借り入れも行っていた状態の場合は注意してください。返済専用のローン契約になってしまうので、また借り入れが必要になった場合でも、それが行えなくなってしまいます。

借り入れや返済を繰り返しながらフリーキャッシングを利用している場合、金利が下がるという面だけに目をとられてこのおまとめローンを組んでしまうと、後で困ってしまうかも知れません。おまとめローンを組む際には、その性質をよく考えてから利用する必要があると言えるでしょう。

低金利で限度額が多い銀行カードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行

  2. 武蔵野銀行

    金利年6.0%~年14.8%の限度額は300万円!

    パート、アルバイト、専業主婦の方もお申込みOK。

    借入額が100万円までなら所得証明書不要です

    詳しくはこちら →→ 武蔵野銀行