カードローンカードローンは誰でも利用できて非常に便利なローンですが、使い方を一歩間違えると多重債務に陥る危険性もあります。

そのため出来るだけ複数のカードローンの同時利用は避けるべきですが、つい気が緩み何箇所も利用してしまうということがあります。

その場合にはそれぞれに返済をする手間も生じますし、利息も個々のカードローンで発生するためとても無駄が多くなってしまいます。

そうなると他のカードローンの返済のためにカードローンを使用する自体にもなりかねませんしこれが続くことで多重債務と呼ばれる状態に陥ることになります。

その状態を防止したり改善したりできるのがおまとめローンと呼ばれる特殊なローン

このおまとめローンには消費者金融のおまとめローンと銀行のカードローンによるおまとめの2種類が存在しています。

一見同じように見えるこの2つですが、実際には大きく異なる特徴もありますので利用する際にはその特徴を理解した上での利用が必要となります。

消費者金融のおまとめローンとは?

消費者金融のおまとめローンは貸金業法下で営業を行っている貸金業者がサービス展開しているローンで、複数のカードローンをまとめて一つにして返済を楽にすることが出来るローンです。

通常は貸金業法下で営業を行う貸金業者を利用する場合、総量規制と呼ばれる規制の対象となるため年収の三分の一以上の借り入れは出来ませんが、おまとめローンに関しては総量規制の例外に当たるローンとなります。

これは総量規制の例外に当たる項目の中の利用者にとって一方的に有利となるローンになるためで、おまとめローンの場合は年収の三分の一以上の借り入れが可能となるローンです。そのため複数のローンをひとまとめにした場合に自分の年収の三分の一を超えてしまっても、おまとめローンであれば問題なく利用することが出来ます。

ただしおまとめローンの利用に関しても消費者金融を利用するための条件となる安定した収入が見込める場合というものはクリアしなければいけませんので、専業主婦や無職の場合はおまとめローンの利用は出来ません。

次に消費者金融のおまとめローンは返済特化型と呼ばれるローンのため、一度おまとめしてしまうとその後は追加融資や借り入れは出来なくなります。これはおまとめローン自体は総量規制の例外となりますが、借りた金額が年収の三分の一近く、もしくは三分の一を超えている場合、カードローンの利用にも影響を及ぼすためです。

怖い顔

消費者金融のおまとめローンを利用した場合にはその後のカードローン利用は出来なくなると考える必要があります。返済に関してはおまとめローンを利用した場合には他のカードローンの借り入れはおまとめローンを利用した業者が代わりに返済してくれることになり、利用者はおまとめローンの返済だけを行えばOKとなります。

その場合口座からの引き落としでの返済となります。消費者金融のおまとめローンにまとめることが出来るのは貸金業法で利用したローンのみですので、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠の利用、個人間でお金を借りているものに関してはおまとめできませんので注意が必要です。

銀行のおまとめローンとは?

銀行の場合、消費者金融のようなおまとめローンではなく、カードローンを利用しておまとめすることが可能という形で案内をしています。

これは銀行のカードローンには総量規制の規制が及ばないためで、年収の三分の一という縛りもないからです。

そのため多くの銀行カードローンでは他社の借り入れをおまとめにも利用できるという謳い文句でサービス展開しており、実際に銀行のカードローンを利用してのおまとめは可能となります。この場合、消費者金融のカードローンの借り入れや他の銀行の借り入れ、クレジットカードのショッピング枠の返済に関しても銀行のカードローンによるおまとめであればひとまとめにすることが可能になります。

この点は消費者金融のおまとめローンとの大きな違いとなります。何故このようなことが可能なのかといえば、銀行のカードローンでのおまとめはただ単にカードローンを利用してまとめているだけなので、その用途に制限がないためです。

そのためカードローンで借りたお金に関しては用途は自由に使用できるので様々なものをまとめることが出来ることになります。違いとしては追加融資も可能になる点で、銀行のカードローンでおまとめした場合は消費者金融のような返済特化型ではないので返済をすることで枠が空けば追加融資も可能になります。

その点に関しては消費者金融のおまとめローンよりも利便性が高いでしょう。

げっそり

しかしおまとめした他のローンの返済に関しては自分で借りたお金を使用して返済する必要があるので、消費者金融のおまとめローンのように業者が代わりにやってくれることはありませんし、返済に関しても自動で引き落としされるわけではないので返済し忘れにも注意が必要となります。

このように消費者金融のおまとめローンと銀行のおまとめは似て非なるものですので利用する際には違いを理解した上で利用しましょう。

低金利で限度額が多い銀行カードローン

  1. 千葉銀行

    銀行のカードローンなのに最短即日融資が可能でしかも来店不要で完結。

    所得証明も原則不要で金利も1.7%~14.8%。

    基本は運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みできます!

    詳しくはこちら →→ 千葉銀行

  2. 武蔵野銀行

    金利年6.0%~年14.8%の限度額は300万円!

    パート、アルバイト、専業主婦の方もお申込みOK。

    借入額が100万円までなら所得証明書不要です

    詳しくはこちら →→ 武蔵野銀行