カードローンを利用することは昔ほど抵抗はなくなってきています、やはりイメージが変わってきていることがその理由でしょう、なんとなく借金をすることは恥ずかしいことと思ってしまうのは今でもあるものです、カードローンなどはうまく利用すれば非常に便利で生活を楽しくしてくれるアイテムです。とはいっても借金としてのカードローンはできれば周囲にばれずに使いたいという人も多いのは確かです、利用したくても周囲にばれるのが怖くて踏みきれないでいる方も中にはいらっしゃいます、はたしてカードローンを利用すると周囲にばれるものなのでしょうか?

答えはNoです、カードローンを普通に利用していて職場の人や知り合いなどにばれることは皆無といっていいでしょう、ばれるタイミングとしてはまず申込みの時があります、カードローン会社の審査がありますので、職場に対してあなたが本当にその会社に勤めているかどうかを確認する必要があります、その時にローン会社の名前で電話がくれば総務のい担当などはなんとなくローンの申し込みでは?と思ってしまうと思います、でも実際はローン会社側は会社などへの在籍確認は電話ですが、個人名で行うことが普通になっています、会社名で在籍確認をすることはまずありませんので申込み段階でばれることはありません。

次に心配なのが利用後の明細などの郵送です、ここまでくれば会社の人にばれることはまずありませんが、次は家族など一緒に住んでいる人にばれないかどうかということになります、さすがにローンの利用明細書が自宅に郵送されてきたら家族の目に入りますのでばれるかもしれません、1人暮らしの方ならいいですが、奥さんにばれたくないという男性もいます…

そんな時でもローン会社によっては利用明細を郵送しない会社を選べば大丈夫です、実は最近はインターネット上から利用明細を確認することができるようになってきており、そういった家族にばれないようにしたい方のためにローン会社では明細を一切郵送しないところが増えています、その理由はもう一つあります、それは資源の問題です、紙資源は非常に大切なため、企業としてはローン会社だけでなく明細書などはすべてインターネットから確認できるようにして紙での郵送はなくしているのが増えてきています。
こういったことからも、最近のカードローン利用ではほとんど周囲に使ったことはばれないで利用することができるようになっているというのが結論です。
カードローンが利用できるローン会社としては銀行系や消費者金融系とありますが、ネットバンク系のカードローンは最初から紙での連絡がないところがほとんどです、もしネットバンクの口座をお持ちならまずその銀行のローンサービスがどうなっているか確認してみるといいでしょう、こういったネットバンク系のローンはキャッシュカードさえあればあとは借入れや返済がその口座を使って簡単に出来るのも魅力です、借り入れ方法もインターネット上で簡単に済ますことができますので、急にお金が必用になった時でも慌てることなくすぐに借り入れできます。

「返済遅延」などルールを守れなければバレることもある

これまでのことはあくまでもローンを借りてきちんと期日までに滞りなく返済している場合のことになります、もちろん返済が遅れたり滞ったりすればローン会社側もそれなりの処置をしてきますので、周囲にばれてしまうことはあるでしょう、特に会社などに連絡がいくなどということは避けたいものです、いずれにしてもカードローンを利用する場合はきちんとした返済計画をたててきれいに借りて返してを行うことが大前提というわけです。ばれたくないという方は是非気を付けてこういった返済漏れなどがないようにしないと利用していることどころか返済していないということすらばれることになりますので注意しましょう。

カードローンの利用を誰にも知られない方法

近年の大手消費者金融は銀行の傘下に加わったことで信頼性が向上し、「サラ金」と呼ばれていた時代の暗いイメージが払拭されてきています。とはいえ、前述のとおり銀行や消費者金融から借入をしていることを周りに隠したい人は少なくありません。そこで、まず気になるのがカードローンの契約の申込をした時に行われる「在籍確認」です。在籍確認というのは借入金の返済に充てる収入の有無を調査するものなので、消費者金融にとっては必須業務になり、必ず消費者金融から勤務先に電話が掛かってきます。ただし、在籍確認はあくまでも勤務先への在籍を確認するだけなので、申込内容を根掘り葉掘り聞くものではありません。

在籍確認は非常に簡単なもの

利用者の中には社内の同僚に知られることを心配している人が多数いますが、周りに知られることはありません。現在は貸金業法によって銀行や消費者金融が郵便物を送ったり、電話を掛けたりする場合は社名を出すことが禁止されています。また、家族を含め、利用者以外の第三者に契約のことを話すことも禁じられています。従って、電話は銀行や消費者金融の担当者の個人名で掛かってきますし、利用者本人が電話に出ると、在籍確認であることだけを伝えてすぐに電話を切ります。なお、「在席」の確認ではないので、利用者が出かけていても構わず、電話に出た人が「○○さん(利用者)は出かけています」と答えれば在籍確認が取れたことになります。ちなみに、最近は派遣社員の利用が増えており、個人情報の保護の観点から電話での在籍確認を受け付けない派遣元が多くなっています。そういう場合は派遣元の発行した在籍証明書と健康保険証を提出することで在籍確認としている銀行や消費者金融もあります。

契約成立後のローンカードと契約書類の郵送

インターネットや電話から申込んだ場合はローンカードや契約書類が郵便で送られることになります。前述したように郵送物に消費者金融の名前はないため、家族に知られることはありませんが、どうしても見られることが気になる場合は「自動契約機」「窓口」で受け取る方法があります。大手の消費者金融はどこも自動契約機を設置しており、その場で申込、審査、契約、カードの発行が行われ、インターネットや電話で申し込んだ後に自動契約機で契約処理をすることも可能です。。また銀行においても窓口で受け取る旨を伝えられる場合もあります。

なお、自動契約機は駅前や幹線道路沿いに数多くありますし、自動契約機の場所はホームページから簡単に検索できるようになっているため、都合の良い場所を選択することができます。

利用明細書の自宅への郵送

借入を始めた後に家族に見られる懸念のあるのが明細です。カードローンで借入、返済を行うと利用明細書が発行されます。それは、貸金業法によって、借入や返済が行われた都度、借入残高や借入可能額、返済期日などを記載した明細書の交付が義務付けられているからです。ATMを利用すればその場で明細書が発行されますが、振込キャッシングや口座引き落としなどを利用した場合は自宅に送られてきます。当然、送り主名は消費者金融名とは違ったものを使用していますが銀行の場合は金融機関名の場合があります。しかしながら実は従来、利用明細書は書面での交付しかできませんでしたが、現在は電子媒体による交付も認められたため、利用者がホームページ上での確認を希望した場合は、利用明細書の郵送を省けることになりました。

例えば、プロミスではホームページにある「書面受取方法の設定選択」のフォームから「ホームページで書面(WEB明細)を確認」の手続きを行うと振込キャッシングなどを利用しても利用明細書が送られて来なくなります。ただ、利用明細書の郵送を必須としている消費者金融もあるため、利用明細書を郵送されたくない場合は借入、返済ともATMから行うのが最も安全な方法です。なお、モビットの「WEB完結」のように、契約書やローンカード、利用明細書を一切郵送せずにインターネットでの取引専用のカードローンもあるので、申込む前の確認が必要です。