カードローン自身には収入のない専業主婦でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか?

原則的に収入がない人はキャッシングは行えませんが、専業主婦の場合は条件こそ付きますが、行うことが可能です。

ここではその方法を説明していきます。

消費者金融は利用できません

キャッシングというと、まず思い付くのは消費者金融だと思います。

ですが、収入のない専業主婦では消費者金融は利用できません。それは、消費者金融には貸金業法が適用され、その中に総量規制という規定がある為です。

総量規制では、借りれるのは年収の1/3までという決まりです。年収がゼロの専業主婦では、この決まりから、借り入れは行えないということになります。

この収入とは、会社員のような給与収入だけでなく、パートやアルバイトでも大丈夫です。学生の場合でもアルバイトをしている場合は消費者金融を利用することができますが、仕送りや、専業主婦の場合の夫から貰うお金は収入とは判断されません。

無収入の人でも消費者金融を利用する方法は1つだけあり、それは配偶者貸付という制度を利用する方法です。

この配偶者貸付とは、夫婦の年収を合算し、その合計の1/3までの借りれるという制度です。これを利用すると、夫の年収を元にした借り入れが行えることになりますが、消費者金融でこの制度による融資を行っているところはまずありません。

また、あったとしても、主婦の側にも多少なりともの収入が要求されます。全くのゼロでは審査に通りません。

このような点から、実質的に無収入の専業主婦が消費者金融を利用することはできないのです。

銀行のカードローンなら利用できます

消費者金融とは違い、銀行には貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されます。

これには総量規制のような規定はありません。その為、無収入の人でも借り入れを行うことができるのです。

ですが、それはあくまで規定上の問題であって、無収入で、全く返済の見込みのない人にはさすがにお金は貸せません。そこで、先ほどの配偶者貸付を利用することになります。

この制度は銀行でも利用することができ、主婦側の収入がゼロの場合でも、夫にさえ収入があれば借り入れを行うことができます。

借りれるのは原則的に30万円です

銀行でこの制度を利用して専業主婦が借り入れを行う場合、限度額は30万円になることがほとんどです。これは夫の年収には左右されず、一律だと思ってください。

それは、いくら夫に収入があっても、そのうち主婦側が使える額には限りがあります。そして、カードローンの契約を行うのはあくまで主婦本人の為、返済もその主婦が行うことになります。

もし返済が遅れるようなことがあっても、夫にその連絡がいくようなことはなく、契約を行った主婦本人が責任をもって返済しなくてはいけません。

よって、専業主婦でも返済に問題がないと思われる金額が、この30万円だということです。

必要書類を確認しましょう

専業主婦がこの配偶者貸付を利用するには、自分の身分証明書と、収入のある夫との婚姻関係を証明する為に、原則的に住民票が必要になります。中には必要にならない銀行もありますが、まず必要になると考えてください。

そして、申し込みの際の書類に夫の名前や勤務先、年収などの記入が必要です。ですが、夫にカードローンの契約を行うことの連絡をしたり、在籍確認を行うようなことはありません。

身分証の用意と、住民票は役所に行けば簡単に発行してもらえるので、ここまでは特に問題にはならないと思いますが、問題は夫の同意書が必要になるケースです。これが必要になると、夫に内緒で契約を行うことは不可能になります。

げっそり

専業主婦がキャッシングを行う場合、夫には内緒のケースが多いと思います。その為、この同意書が一番の難関だと言えますが、これが必要のない銀行があります。

詳しくは銀行ごとに事前に確認を行えば簡単にそれが分かりますが、例えばメガバンクでは、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行で、この夫の同意書が必要ありません。夫には内緒で契約を行いたい場合、このような銀行を利用しましょう。