キャッシングを行うには定期的な収入が必要ですが、これは何も会社員や公務員のように、毎月給料による収入があることが条件という訳ではありません。

パートやアルバイトによる収入であっても、問題なくお金を借りることができます。

収入による借り入れ制限があります

消費者金融を利用する場合、総量規制という制限があります。

この総量規制とは、借りれるのは最大でも年収の1/3の金額までという決まりで、1社からのお金の借り入れ金額ではなく、総量規制が適用される貸金業者を合計した金額です。

つまり、パートやアルバイトでの年収が100万円の場合、30万円がその限度となります。キャッシングは限度額制で、その範囲内で自由に借り入れが行えます。この限度額は基本的に10万円単位になるので、100万円の年収の場合は、最大でも30万円が限度だということです。

必ず年収の1/3まで借りられるとは限りません

パートやアルバイトの場合、同じ年収だったとしても会社員や公務員のように毎月安定した定額の収入がある場合と比べて、どうしても安定面から多少割り引かれて判断されてしまうことが多くなります。

例えば同じ200万円の年収同士でも、アルバイトやパートの場合はその1/3に当たる60万円の限度額で契約を行うことは難しい場合が多く、40万円程度にされてしまうこともあります。

キャッシングの審査では、収入の額そのものも当然大切ですが、その安定性を重視します。パートやアルバイトの場合、いつ辞めてしまうか分からないという点と、これまで通りにはシフトに入れなくなった場合に収入が下がってしまうことなどが考えられるので、年収の1/3ギリギリまでのお金を借りることは難しいと考えておいてください。

銀行を利用する場合

銀行には総量規制こと適用されませんが、だからといって、消費者金融より高額の借り入れが行えるとは限りません。規制がないことと、返済が行えるかは別の問題だからです。

特に銀行では収入の安定性を重視する傾向が高いので、パートやアルバイトの場合は総量規制が適用される消費者金融より低い限度額にされてしまう可能性があります。

よって、パートやアルバイトの場合は、消費者金融の方が契約を行いやすく、限度額も大きくなると考えておいていいでしょう。

カードローン契約に必要なものは?

キャッシングの契約には、まず身分証明書が必要になりますが、パートやアルバイトの場合はそれと併せて給与明細票の提出が必要になることがあります。これは年収を証明する為です。

提出を求められた場合、原則的に直近の2ヶ月分を用意します。今が10月の場合は8月分と9月分です。この2ヶ月分を6倍しその金額を年収として判断することになります。

パートやアルバイトでは、月によって収入がまちまちなことも多いと思います。たまたま収入の少なかった2ヶ月分を提出してしまうと、限度額を小さくされてしまう可能性があるので、できれば比較的収入の多かった連続した2ヶ月分を提出したいところです。

ですが、直近ではない過去のものでは受け付けてくれないことが多いので、少しでも大きな限度額での契約を行いたい場合には、申し込みのタイミングが重要だと言えるかも知れません。

在籍確認も行われます

申し込みを行った後の審査では勤務先への在籍確認が行われます。

この在籍確認は基本的に電話で行われますが、もちろんキャッシング会社の名前を名乗ることはないので、その電話に出た人などにキャッシングの利用が発覚してしまう可能性はまずありませんが、パートやアルバイトの場合は外部から電話が掛かってくることがない環境の人も多いでしょう。

ですが、この電話に本人が出る必要はないので、心配はしなくても大丈夫です。確かにその職場に在籍していることさえ確認できればいいので、個人的な友人を装って掛けてきてくれます。その為、勤務中なので繋げないといって断われてしまったとしても、特に問題はありません。

キャッシングの申し込みを行った後に、職場で「○○さんから電話があったが個人的な電話のようだから繋がなかった」などと言われた場合、それが在籍確認だった可能性が高いと言えます。

職場が変わった場合は?

パートやアルバイトの場合は職場が変わることも多いと言えます。

契約を行った後にそのようなことになった場合、すぐにキャッシング会社までその旨の連絡を行ってください。そのままにしておいてもすぐに発覚する可能性は低いですが、キャッシングは審査に合格した後でも、利用状況などによっては再び審査を受けることがあります。

この時に申し込み時の職場に勤務していないことが分かってしまうと、それ以上の利用を停止されてしまったり、一括で返済を求められるようなことが無いとは言えません。職場が変わった場合には、必ずすぐにそれを連絡しましょう。よほどの場合でない限り、それによって限度額を下げられてしまうようなことはありません。

住所の場合も同様です

職場もそうですが、引越しをして住所が変わったような場合も、すぐにそれを連絡してください。キャッシングの世界では、ウソや偽りは厳禁です。これがあると、今まで何の問題もなくきちんと返済を行っていたとしても、一気に信用を失ってしまうことになります。

キャッシングを利用する際には、きちんと返済を行うことと、申し込み時から何か変わったことがあった場合には、すぐにその連絡を行うことが大切だということです。