カードローンはとてもメジャーなキャッシング方法です。カード1枚で借り入れや返済が行える手軽さが、利用者が増えている理由です。

利用方法はとても簡単で、キャッシング用のカードを使用して、契約を行っている金融機関のATMや、提携先のコンビニに設置されているATMから、借り入れや返済を行うことができます。

ここでは初めての人がカードローン利用する流れを説明していきます。

申し込みから借り入れを行うまでの流れ

カードローンを提供している金融機関は、主に銀行と消費者金融です。

それぞれの店舗の店頭の窓口までカードローンの申し込みを行う方法の他に、メガバンクや大手の消費者金融ではカードローンの契約用に自動契約機を用意しています。

また、電話や郵送による申し込みを受け付けている場合や、最近ではそれぞれのWEBサイトから申し込みを行えることも多くなりました。

カードローンの申し込みを行うには、免許証などの身分証明書が必要です。また、借り入れを行う金額によっては源泉徴収票などの収入が証明できる書類が必要になることがあります。

カードローンが利用できるのは、満20歳以上の人だけです。未成年は利用できません。そして、定期的な収入があることが条件です。

申し込みを行うと、審査が行われます。この審査では、申し込みをした人の年収や職業、そして勤続期間、他にも住居形態や、各種のローン契約の利用記録などから、この人に融資を行っても返済は大丈夫かどうかの判断を行います。

消費者金融を利用する場合、貸金業法によって、年収の1/3を超える借り入れは行えません。その為、既に他の借り入れがある場合はその額が審査に影響します。住居形態は、住宅ローンを抱えている場合や、賃貸物件に住んでいる場合は必ず毎月その支払いがあるので、それを考慮した上で返済に問題がないかといった判断の為の大事な要素になります。

借り入れを行ったお金は、毎月返済していかなくてはいけません。収入が安定していないとそれは難しいので、就いている職業の安定性や、職場への勤続期間も大事な判断要素です。

審査に合格すると、限度額が設定されます。これは、カードローンで借りれる上限です。基本的には申し込みの時に申請した希望額に応じた額になりますが、希望通りにはならないこともあります。

急ぎでお金が必要な場合、カードの発行の前に銀行の口座まで振り込みを行ってもらうことができます。ネットからの申し込みでは、カードが発行されない場合もあります。この場合の借り入れや返済は、全て銀行口座を通して行います。
カードが発行された後は、そのカードを利用して、いつでもATMから限度額の範囲で借り入れが行えますが、返済日には決められた金額を支払う必要があります。この返済は、銀行の口座から自動振替で行うこともできます。

審査で大事な信用情報とは?

審査において、現在の借り入れ残高などの確認はどのように行っているのかと不思議に思うかも知れませんが、これには信用機関に記録されている信用情報が利用されています。

この信用情報には、これまでのカードローンやクレジットカード、その他の各種のローン契約といった、その人の借り入れ状況に関する個人情報が全て記録されています。

どのようなローン契約を行った場合も、必ずこの信用情報に記録されます。借り入れを行った額はもちろん、返済日をきちんと守っているか、現在いくら支払いが残っているかという情報まで全て記録されています。

消費者金融では総量規制の関係から、まず現在の借り入れ残高を確認し、次に過去に返済でトラブルを起こしたようなことはないかをチェックします。

カードローン以外のローン契約や、クレジットカードでのショッピングはこの総量規制とは関係ありませんが、キャッシング枠を利用した場合はその金額が総量規制の対象になります。

過去にカードローンも含めたローン契約で、返済を遅延してしまったことがあった場合、それが問題になることがあります。1日や2日程度の遅延があっただけの場合はそれほど問題になることはありませんが、長期間の延滞や、未だに支払いを行っていないような借り入れがあると、審査に合格するのは難しいかも知れません。

銀行にはこの総量規制は適用されませんが、上限なしに借り入れが行える訳ではありません。返済に問題がないと判断された金額でないと、審査に合格することは難しいです。もちろん消費者金融と同様に、返済でトラブルを起こしたことがあるような人は敬遠されます。

この信用情報は直近の5年分の記録が保存されています。過去に何かしらのトラブルを起こしてしまったことがある場合、この期間が経過しないとカードローンの契約は難しいでしょう。

どちらを選択した方がいい?

銀行と消費者金融のカードローンのどちらを利用した方がいいのかは、その人によって違ってきます。

まず、銀行より消費者金融の方が、申し込みから早く借り入れが行えることが多いです。消費者金融では、申し込みを行った日のうちに即日融資を受けられることも珍しくありません。

また、銀行より消費者金融の方が審査に通りやすいというデータが出ています。ですが、消費者金融は銀行と比べて多少金利が高いことが多く、短期間の借り入れではそれほど差は出ませんが、借り入れ期間が長期になる場合、この差が大きくなってきます。よって、すぐに返済を行える場合は、消費者金融を利用した方がいいと言えます。長期間の付き合いになりそうな場合は銀行を利用した方がいいでしょう。

消費者金融では希望額が50万円を超えると収入証明書の提出が必要になります。初めての利用の場合、多くても30万円までにしておきましょう。これは銀行でも同様ですが、カードローンの利用経験がない場合、高額の希望は審査で落とされる原因になってしまいます。

利用する際の注意点とは?

実際に申し込みを行ってみると、思ったより簡単に利用できることが分かるでしょう。

初めての人でも気軽に申し込みや利用が行えるカードローンですが、いくつか注意点があります。まず、返済日だけはきちんと守らないといけません。

返済日に支払いが行えない場合、金利の他に、遅延損害金というものが発生してしまいます。また、信用情報にその遅延の記録が残ってしまい、今後のカードローンや各種のローン契約の利用に支障が出てしまうことがあります。

支払い方法に口座振替を選択した場合、返済日に残高が不足していると、遅延という扱いになってしまいます。これには注意してください。

また、返済が終わった後でもカードローンの契約をしたままにしておくと、限度額は与信枠として残ったままになります。つまり、限度額が30万円の契約だった場合、常に30万円を借りているという扱いになるということです。

実際には借りていないので、もちろん返済などを行う必要はありませんが、他のローン契約などを行う場合にこれが影響することがあります。もう利用しない場合は返済の終了と同時に、必ず解約を行いましょう。

メガバンクや大手の消費者金融のカードローンを利用すると、スマホ用の専用アプリが用意されています。それを利用すると、簡単に自分の口座まで振り込みで借り入れが行えるなどのメリットがありますが、カードローンはあくまで借金です。便利だからといって、つい必要のない分まで借り入れを行わないように気を付けてください。

カードローンは大変便利なキャッシング方法ですが、自分の収入で返済ができる範囲で、計画的に利用しましょう。