カードローンカードローンを利用する場合、即日融資という言葉はもはや常識のように使われていますが、実際には確実に即日融資が期待できるのは消費者金融系のカードローンで、銀行カードローンの場合には審査時間がかかることも多く、消費者金融並みの速さで即日融資に対応しているところは少ないのが実情です。

多くの方が平日などの空き時間を利用して申し込むことになりますので、少しでも早く契約を済ませてお金を借りたいものです。

速いところでは審査時間が最速30分前後、申し込みから契約完了までが1時間前後をうたっていますが、それ以上に早く契約することはできないのでしょうか。

また、契約が完了したらATMを利用するか振込キャッシングを利用することになりますが、それぞれどのような組み合わせにすれば速く融資が受けられるのか消費者金融最大手のアコムのケースを紹介します。

WEBから申込んで即日振込でお金を借りる

アコムで即日融資を受けるには、WEB、電話、むじんくん、店頭で申し込む必要があります。アコムでは審査については自動化や簡素化がすすめられていますので、どの申し込み方法でも最短30分前後で審査結果が分かるようになっています。

運よく審査が通ったらインターネット上で契約を完結させることができます。同様にむじんくんや店頭でもその場で契約が可能です。

電話の場合にはFAXを利用するなどもありますが、契約をWEBやむじんくんで完了させるほうが一般的です。

電話の場合には、若干他の方法に比べると契約に時間がかかる可能性がありますが、それ以外の場合には申込んから契約完了まで1時間前後で完結させることができます。

もちろんお昼休みや夕方などは混むこともありますので、これらの時間帯は避けたほうが良いでしょう。例えば、むじんくんは1人しか利用できませんので先客がある場合には最悪1時間待つことになります。

また、申込む際には担当者に連絡して仕事中で急いでいますので早めの対応をお願いします、と伝えておくとスムーズに進むこともあります。WEBの場合には申し込みを済ませてフリーコールに電話をすればよいですし、むじんくんの場合には備え付けの電話で連絡が可能です。

やはり最も早く申し込みができるのはWEBからの申込です。PCやスマホから申込めますので基本的はどこからでも申し込むことができます。

電話中

申込みが済んだら前述のようにフリーコールでオペレーターに早めの対応をお願いしておくとよいでしょう。最短時間で契約が完了したら振込キャッシングを利用します。

但し当日中の振込を希望する場合には平日14時までに契約を完了させ振込依頼をする必要があります(銀行の営業時間の関係もあるため)。

また振込先が、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の場合には初回時のみ14時が18時まで延長されます。さらに振込先を楽天銀行にすると、24時間365日ほぼリアルタイムでの振込サービスを利用できます。つまり、WEBから申し込んで振込先を楽天銀行にすることで最速の融資を受けることが可能となります。

WEBから申込んでむじんくんでカードを取得する

上記のような振込キャッシングを利用する場合には、時間を過ぎてしまうと即日振込が受けられなくなり翌営業日の対応となりますので注意が必要です。

その場合には契約を済ませた後にむじんくんまで出向いてカードを取得して、併設してあるATMから融資を受けるという方法もあります。

アコムでは全国各地に1000台以上のむじんくんが設置されていますので、探すのにもそれほど苦労することはありません。

実はこれを利用して通常よりの早く融資を受けることができます。つまりWEBで申し込みながら近くのむじんくんに出向くのです。

通常最短でも30分の審査時間がかかります。30分待つのはもったいないのでこの時間を利用してむじんくんまでの移動時間にするのです。

審査通過の連絡を待ってむじんくんで契約を完了させます。もちろん運転免許証などの本人確認書類は忘れないように持参します。

契約を完了させたらその場でカードを取得できますので併設してあるATMから融資を受けることができます。

楽天銀行に口座を持ってなくて申込み時間が気になる場合にはむじんくんでの契約がおすすめです。むじんくんで申し込んで融資を受けても早い場合には1時間前後で融資を受けられますが少しでも早く融資を受けたいという場合には、事前にWEBで申し込みを済ませてむじんくんで契約を完了させることで、さらに時間を短縮することが可能です。

むじんくんの営業時間は通常8時から22時までとなりますので営業時間内であればカードを取得することができます。