カードローンカードローンを含むローンの種類には大きく分けると2種類あります。まずは目的型のローンです。

これは不動産や住宅ローン、マイカー購入のためといった借りたお金の利用用途が決まっている場合にその住宅や車を担保として低金利でキャッシングできる目的型ローンとカードローンのように借り入れ条件として一切担保がなくても借りることが出来る無担保型のローンです。

無担保であることから基本的にカードローンの金利は髙く設定されています、金利は返済に大きく関わってきますので低金利に越したことはありません。

カードローンとは主に前述した無担保ローンとなります。

銀行や信販会社、消費者金融会社がそれぞれ取り扱っている無担保ローンで、審査に通過して発行されたローンカードを使ってその限度額の範囲内で自由に出し入れできるフリーローンです。

カードローンの利用方法は借り入れや返済どちらも簡単にできるようになってきています。

コンビニエンスストアのATMや自宅のパソコンから操作するだけでリアルタイムにお金を借りることができるようになっているため、まるでキャッシュディスペンサーのごとく借りてしまうケースも多く、返済が遅れたりといったことも多いようです。

カードローンは基本的に借金であることは忘れずに計画的に利用することがなによりも大事なことです。豆知識ですが最近では貸金業法総量規制が制定されたため、借り入れできる金額は年収の3分の一までに制限されています。

ですから限度額を高くしたいのであれば銀行系のカードローンを契約したほうがいいでしょう。

銀行の場合は銀行法が適用されますので貸金業法である総量規制は適用外であるからです。

ローンカード

とはいっても大金を長期間借り続けるような場合はカードローンでは損になります、やはり金利が髙いとうデメリットは長期に渡るほどじわじわ効いてきます。

住宅ローンやマイカーローンといった高額の場合は銀行うなどの目的型ローンを利用するようにし、日々の生活資金や突然の出費など少額ですぐに返済するような場合のみカードローンを使うようにしたほうがいいでしょう。

低金利で使いやすいのが銀行系のカードローン

最近のカードローンとしておすすめなのが銀行系のカードローンです。

ネットバンクなど新規参入した銀行は新規口座の獲得に向けて非常に低金利のカードローンサービスを提供しているところが多くあります。従来の一般的な金利に比べても約半分くらいに抑えられているため、これまで既に他のカードローンを利用しているという方でも借り換えにも使えます。

借り換えとは既に借りているローンを別の金融会社から借りることで1つにまとめることですから当然毎月の返済が楽になります。

審査はごく普通です

カードローンには審査がつきものですが、銀行系の審査は厳しいのが今でもありますが、一定の収入が毎月あるのであればほぼ落ちることはないでしょう。

カードローンの審査で重要なのが個人の信用情報です。信用情報は信用情報機関で管理されており、ほとんどの金融会社が提携していますので、全て横展開されています。

ローンやクレジットカードでいくら借りているか、遅延や債務整理の経験がないかなど一度でもローンを利用していればその情報が記録されていますので、申し込み時にうそを記入するなどしてもすぐにばれることになりますので注意しましょう。

カードローンで一番の良客とされるのは長期間に渡ってある程度ローンの利用があって遅延などがないしっかり支払している方です。

逆に今までに一度もローンやクレジットカードなっどを所有せずに利用してこなかったという方は信用情報には情報が一切ないのですが、敬遠される場合があるようです。

やはり一度でも実績があるほうが貸す側も安心ということでしょう。

さらに目的別ということを細分化する

ローン契約と一括りに言っても、手軽なところではカードローンを始めとして、色々な契約があります。

ここではそのような色々なローン契約と、それが払えなくなってしまった時に起こってしまうことについても見ていきます。

現金を借りるローン

ローン契約は現金を借りるローンと、物を購入ローンの2種類に分かれます。

まず現金を借りるローンですが、これにはカードローンのような無担保融資や、担保や保証人を付けるローン、そして、奨学金のような一定の猶予期間のある特殊なローン契約があります。

毎月やそれに近い周期で定期的に返済を繰り返していく返済方式を「約定返済」といい、返済日は正確には「約定日」、毎回の最低返済金額は「約定返済額」と表現されます。カードローンは正にこのタイプの代表で、現金を借りるローン契約の多くはこの返済方式になります。

このタイプの場合、約定日に約定返済額以上の返済が行われないと、返済の遅延という扱いになります。これは信用情報にも記録され、遅延損害金が発生することにもなります。

長期間に渡って返済が行われないと、それまでの金利や遅延損害金を含めた一括返済を求められることにもなってしまいます。

元々分割で返済する契約なのに、どうして一括で請求されてしまうのかというと、約定日が守られなかったことで、融資をしている側の利益の喪失が認められるからです。いくら分割での支払い契約をしていても、その約束を守らないような人より、貸した側の利益が優先される為です。

この約定返済ではないタイプだと、最初に決めた日にその日までの金利を含めた金額を一括で返済する契約や、特に返済期限を決めない契約がありますが、後者は業者との間ではまずそのような契約になることはないので割愛します。

一括で返済を行う契約では、その日に支払うことができないと、すぐに一括請求の申し立てなどになってしまいます。この時の保証人や担保を付けていると、その保証人の方に取り立てが移ったり、担保を処分されてしまうことになってしまいます。

保証人と連帯保証人の違い

この保証人ですが、「保証人」と「連帯保証人」では全く意味が違うので注意が必要です。

単なる保証人の場合、本人から取り立ては行えないと判断されるまでは請求や取り立てを受けることはありませんが、連帯保証人の場合は本人と同様の返済義務が生じます。その為、本人が問題なく返済できる状況にあっても、連帯保証人の方に請求を行っても構わないということになります。

この連帯保証人となった場合、そのローンが完済されるまでは、いつ取り立てを行われても何も文句は言えないということです。

商品を購入するローン

ローンという言葉だけを聞くと、まずこちらを思い浮かべる人も多いでしょう。

ローン=分割払いのことだと思っている人が多いと思いますが、現金を借りる場合でも同様に、金融の世界ではお金を借りること自体をローンと呼びます。よって、クレジットカードを利用した一括払いも、立派なローン契約となります。

この商品を購入するローン契約では、一括払いの場合に限り、金利が免除されるケースが多いです。商品の購入であろうと実際にはその代金分のお金を借りているので、実は金利が発生しているのですが、これは利用したローン会社が利用手数料という形で商品の販売店より徴収している金額に含まれていると考えてください。

例えば10万円の商品をクレジットカードの一括払いで購入すると、その5%の5,000円がこの手数料になります。

分割払いの場合、年利にして15%弱の金利が発生することが多いです。現金の借り入れではその金額によって金利が変化しますが、商品の購入では一律に設定されていることがほとんどです。

これは分割手数料という名目で請求されますが、実際には借りている金額に対する金利そのものです。また、この場合でも5%の利用手数料は別途発生しますが、これは販売店側が負担するものなので、気にする必要はありません。

ローン中の商品の所有権

クレジットカード、もしくはその他のローン契約を利用した場合、支払いを終えるまでは購入した商品の所有権はそのローン会社にあります。

クレジットカードやローン契約をする際の規約には必ずそのような記載があり、このローン中の場合、その商品を勝手に売却できないケースがあります。それは明確に所有者がローン会社だという書類がある場合です。

これは車やバイクなどの場合が多く、ローン中はローン会社やディーラーが所有者になっていることがほとんどです。このような場合は所有者の許可なく売却は行えません。

クレジットカードでちょっとした商品を購入した場合などは自由に売却をしても構いませんが、残りのローンは必ず支払う必要があります。もしそれが行われないと、まずローン会社に対する契約不履行と、売却を行った先に対しても、人の物を勝手に売ったという扱いになってしまうことまであるので注意してください。

住宅ローンの場合

これも商品を購入するローンの一種に当たりますが、これに限っては特殊な面があり、まずこのローンを組む場合には、その住宅自体を担保に入れることになります。

他に担保に相当する住宅などを所持している場合は別ですが、ほとんどの場合はその住宅を担保に入れた上でローン契約を行います。

そして、途中で返済が3ヶ月以上遅延してしまったり、何度も返済が遅延することがあると、その時点でローン契約自体が破棄される可能性があります。そうなってしまうと、担保になっている住宅を任意で売却をして返済に充てるか、競売に掛けられることになってしまいます。

また、それらによって得られた金額でもローンの残りを完済できない場合、残りの分は借り入れ金となり、返済をしていくことになります。

また、この住宅ローンに限り、自己破産以外の債務整理では整理対象の例外となる、住宅ローン特別条項という特例があります。これ以外のローン契約は原則的に債務整理の対象として扱われます。

2回目は許されない世界です

金融の世界では、1回目だけは許されるというケースが結構あります。

例えば手形取引きの場合は2回目の不渡りを出すとその会社は事実上倒産となりますが、1回目であれば、特にこれといったペナルティはありません。

そして、債務整理の自己破産も1回は行えますが、2回目は規定の期間が経過した後でもまず認められることはありません。

この住宅ローンの返済もそれらと同様に、1回だけは遅延をしても、その延滞した日数分の金利や遅延損害金程度で済みますが、2回目以降になると、場合によってはそのローン契約自体の破棄と一括返済の要求といった、これ以上ないペナルティを課せられることにもなってしまいます。

ローン契約は「信用」です

どのような形のローン契約であっても、原則的に全て信用情報に記録が残ることになります。

怖い顔

何度も返済の遅延を行ったり、途中から全く返済しないような場合は信用を大きく落としてしまうことになり、今後の全てのローン契約はまず行えなくなってしまいます。

特に住宅ローンでは2回目の遅延でローン契約の破棄という、これ以上ない厳しい結果が待っています。

ローンで現金を借りたり、商品を購入する場合は、自分の信用を守る為にも必ずきちんと返済を行いましょう。