専業主婦がカードローンを利用したいと考えても、旦那にバレてしまうのが心配で、利用を諦めている人も少なくないのではないでしょうか。

実は旦那にバレずにカードローンを行うのはそれほど難しいことではないのです。ここではその方法を紹介します。

銀行のカードローンを利用することになります

カードローンの利用には、原則的に申し込みを行う本人に収入が必要になります。よって、収入のない専業主婦の場合は利用することが難しくなりますが、銀行であれば、収入のない専業主婦への融資も行っています。
借りたお金は返済しなくてはいけません。その為には収入が必要になりますが、銀行では本人に収入がない場合には、旦那の方に安定した収入があれば、それを頼りに借りることができるのです。
このような配偶者の収入を頼りに融資を受ける方法を「配偶者貸付制度」といい、消費者金融でもこの制度を利用できなくもありませんが、その場合は本人にも多少なりとも収入が必要になります。全くの無収入の場合は銀行でしかカードローンは行えないと考えてください。

契約に必要になるものは?
専業主婦がカードローンの申し込みを行うには、原則的に本人の身分証明書の他に、住民票が必要になります。住民票が必要なのは、収入のある旦那との婚姻関係を証明する為です。住民票は本人が管轄の役所やその出張所に直接行けばその場で発行してもらえるので、入手するのにそれほどの手間は掛かりません。
そして、銀行によっては配偶者である旦那の同意書を求められることがあります。これが必要になると、旦那に内緒で契約を行うのは不可能です。その為、必要にならない銀行を選択しなくてはいけません。
大手の都市銀行では、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行でこの同意書が必要ありません。このどちらかで近くに支店のある方を利用すると何かと便利だと思います。その他にはネット銀行で、楽天銀行とイオン銀行が同意書の提出なく契約を行えます。

また、申し込み時に旦那の年収や職場の情報が必要になりますが、カードローンの契約について旦那に報告するようなことはなく、職場に電話を掛けて在籍確認を行うようなこともありません。契約を行うにはあくまで本人なので、旦那であっても他の人にカードローンの利用について話すようなことは一切ないので安心してください。

いくらまで借りることができる?

配偶者貸付制度を利用して契約を行う場合、基本的には旦那との収入を合算したのものを返済能力として考えますが、本人が無収入の場合は別で、この場合は一定の金額までの融資に限られています。
銀行では無収入の専業主婦に対しての融資は、原則的に30万円までです。これは旦那の年収が多い場合でも上がることはなく、一律でこの限度額になります。
これには理由があり、いくら旦那の方に収入があったとしても、その中から専業主婦の側が自由に使える分は限られています。その為、これ以上の金額の融資は行っていません。また、30万円なら普通に生活ができている夫婦であれば、決して返済できない金額ではありません。旦那には内緒で利用している場合でも、この金額であればこっそり返済することが可能だと考えているのです。
このような理由から、専業主婦が借りることのできる金額は、原則的に30万円までになっています。

もっと大きな金額が必要な場合は…

この30万円は、一般的な銀行における専業主婦への融資の上限ですが、ネット銀行ではこの30万円を超えた上限を設けている場合があります。
上でも紹介した楽天銀行とイオン銀行では、共に専業主婦に対しての融資の上限は50万円です。ですが、このどちらを利用しても、必ず50万円の限度額になるとは限りません。場合によっては一般的な銀行と同様に30万円になることもあるので、過度な期待は禁物ですが、少しでも大きな限度額で契約を行いたい場合は実銀行ではなく、ネット銀行を利用しましょう。

返済はきちんと行ってください

同意書の提出の必要がない銀行を利用すると、旦那にバレることなく契約を行えますが、2つほど注意点があります。

  • 1つ目は、銀行からの郵便物です。消費者金融ではこのような物は社名を記載しない封筒で送られてきますが、銀行の場合はそのまま銀行の名前が入っています。ですが、相手が銀行なので、それほど問題になることはないと思いますが、そのような郵便物にも敏感な旦那の場合には注意しておいた方がいいでしょう。
  • もう1つは返済の遅延です。これをやってしまうと、まずは本人の携帯電話に連絡をしますが、それが何度も繋がらなかった場合や、度重なる遅延になると、自宅に連絡をされてしまう可能性があり、これによってカードローンの利用が旦那に発覚してしまうかも知れません。

もし支払いが行えない状態が続いても、旦那に代わりに返済を求めるようなことはありませんが、何度も自宅に連絡をされたり、郵便物が頻繁に届くようなことになると、バレてしまうのは時間の問題です。そのようなことがないように、返済だけは忘れずにきちんと行ってください。