現在カードローンの利用者は10人に1人という割合と言われており、100人いれば10人はカードローンを利用していることになります。

その割合は徐々に上昇してきており、中流層~上流層でも利用者が増加しています。

利用者の多くは男性となっていますがもちろん女性のカードローン利用者も少なからずいますし女性でも男性と同様にお金を工面しなくてはいけないケースもあるのでその利用者は増加傾向に有ります。


現在7:3くらいの割合で男性と女性の利用率が分かれていますが、3割の人が女性利用者であることを考えた場合、カードローンは男女ともに利用する人が多いローンだと分かります。

ただし女性の場合、男性に比べてカードローン利用への不安やカードローン事態への不信感と言うものが昔から根強くありますので、利用したくても一歩踏み出せないという女性も実際には相当数いると考えられます。

安心してカードローンを利用できればさらに女性利用者が増加すると思いますが、女性の場合は即行動することが少なく、徹底的に不安などを取り除いたうえで初めて利用開始する人が多いので女性利用者の利用率が増えない原因となっています。

アコムでは不安を抱えている女性がもっと便利に安心してカードローンを利用出来るようにと女性専用のサービスを始めています

女性が利用しやすいアコム

それがアコムの女性専用ダイヤルの開設です。

一般的なカードローンの場合、担当が男性だったり女性だったりと必ずしも女性担当員に当たると言うことがありません。

女性の場合男性担当員だとなかなか本音を言えずにカードローンの契約を行うことが出来ない、男性担当員なのでお金の相談をするのが恥ずかしいということも少なくありません。

しかしアコムでは女性専用ダイヤルを開設することで女性が安心して相談できる窓口を設けています。この女性専用ダイヤルは女性のみが使用出来るダイヤルで、担当となるのは全て女性担当員が応対してくれます。

女性の悩みは女性にしかわからない

担当が女性の場合は利用者も安心して悩みを相談したり聞いてみたい質問を気兼ねなく言うことが出来ます。

担当が女性であることでカードローンに対する根強い不信感や不安も解消することが出来ますので、アコムの女性専用ダイヤルを開設すると言う取り組みは非常に優れている女性利用者を増やすことにも繋がるサービスとなっています。

アコムの女性専用ダイヤルの仕組み

カードローン
専用の電話番号に電話をかけることでいつでも専門の担当員と繋がります。女性専用なので男性の利用は出来ませんので、その点に関しても安心して利用できるでしょう。

電話をかけた場合女性担当員が必ず電話に出てくれますし、そのまま契約も行うことが出来ます。店舗で契約するのが嫌だと言う女性も多いですし、無人契約機での契約も人目に付くのでダメといった女性も非常に多いと考えられます。

しかしアコムの女性専用ダイヤルを利用した場合、電話で直接相談や契約が可能になっているので、自宅で誰にも知られずにカードローンの相談をすることも出来ますし、仕事の休憩時間等に相談だけでも可能となります。

なかなか外出できない女性の場合でも電話一本で気軽に相談可能なので、その点を考えた場合も女性専用ダイヤルは使いやすいサービスとなっています。

女性専用ダイヤルでは利用できる金額や利用できる場所、契約に必要な書類や返済に関することまで事細かに説明してくれます

女性ならではの悩みも同じ女性である女性担当員が聞いてくれるので安心感が高いのも特徴となっています。
女性のことは女性にしかわからないということも少なからずありますし、同じ女性だからこそ同感出来ることもあるので、通常のカードローン契約とは明らかに利便性が違うのがアコムの女性専用ダイヤルです。

契約に関しては電話を通じてそのまま行うことが出来るので非常便利ですし、基本的には24時間女性専用ダイヤルを利用することが出来ます。

そのため土日や祝日でも関係なく何時でも相談や契約を行うことが可能となります。特に土日などは急な出費が増える可能性が高いですし、その際に専用ダイヤルを利用すればお金の悩みも解決することが出来ます。

来店不要なので手間もかかりませんし、自分が利用したい時に何時でも利用可能なのはとても便利です。ただし混雑時にはやむ負えず男性担当員が対応することもありますし、夜間の利用の場合も女性担当員以外が電話に出ることもあるので、その点はある程度理解しておく必要があるでしょう。

確実に女性担当員と話しをしたいのであれば平日の利用が良いですし、土日などの場合も昼間の利用であれば女性担当員と話しをして悩みを聞いてもらうことが出来ます。

利用する時間などにも注意して使用すれば、女性のお金に対する悩みを一気に解決してくれる便利なサービスです。そのためしっかりと事前に内容を理解した上で使うようにすると良いでしょう。