カードローンまず、ネット銀行とは、三菱東京UFJ銀行などのように店舗を街に構えていません。その為、口座の開設から、ローンの申し込みまで、すべての作業をネット上で行います。

その為、人件費などのコストを軽減させる事ができ、その分、ローン金利が低かったり、預金の利息が高かったりと言った面で、利用者には、お得な事が多いのが特徴になっています。

そして、そんな各種ローンの中に教育ローンが含まれており、店舗を構えている銀行に比べ、低金利で教育ローンを組む事も可能になっているのです。

しかし、実際、大きな額のローンを組むにも関わらず、一度も相談する事なく契約する事に抵抗のある人もいると思います。ネット銀行の場合、直接、店舗に向かい顔を合わせて相談する事はできませんが、メールなどを利用し相談は可能です。その他、多くのネット銀行では、相談窓口を設けている為、納得いくまでフリーダイヤルを利用し、相談する事は可能になっています。

そのような事から考えると、相談する事ができる面で比べれば、店舗を構えている銀行と何も変わらず、教育ローンを利用する事ができるかと思います。

大手ネット銀行楽天銀行の教育ローン

楽天銀行

ネット銀行の中でも、大手と言う事ができる楽天銀行においても、教育ローンの販売を行っています。

楽天銀行の教育ローンでは、提携している大学の教育ローン、一般の大学の教育ローンと2種類に分かれています。その為、まず、自分の子供がどちらにあたるのか考えた上で、選ぶ事が必要です。

提携している大学とは、城西大学、日本大学芸術学部などをはじめとし、神戸山手短期大学などの短期大学においても、提携を行っています。

これらの確認は、楽天銀行のホームページからでも簡単に確認する事ができる為、まずは自分の子供が通っている大学が提携しているのかを確認することが大切なのです。

楽天銀行の場合、提携している大学への教育ローン利用者においては、優遇金利で利用が可能になっています。

楽天銀行教育ローンの特長とは

まず、受付開始時期において、大学の授業料の場合、まとまったお金が必要になる為、本当に融資を受ける事ができるのか、気が気でない人も多いかと思います。

そんな人の為に少しでも早く、お金に準備を行う事ができるよう、楽天銀行では、学費納入期限の3ヶ月前から受付を行う事が可能になっています。その為、余裕を持って、審査の申し込みから借り入れまで行う事が可能になっているのです。

反対に申し込みがギリギリになってしまった人でも、安心です。楽天銀行の場合、最短で翌日営業日に融資を受ける事が可能になっている為、万が一、ギリギリの申し込みの場合でも、心配する事はないかと思います。

その他、大学に通う際、利用する事が多い奨学金を利用している人でも、教育ローンの利用は可能です。奨学金のみでは、大学に通う事が難しい人や入学金などに教育ローンの利用を考えている人でも、安心して利用が可能です。

ネット銀行教育ローンまとめ

以上のように銀行で利用する事ができる教育ローンには、店舗を構えている銀行、店舗を構えていないネット銀行の両方で利用が可能になっています。

そして、両者を比べた場合、店舗を構えていない分、低金利で借りる事ができやすいのがネット銀行だと言え、これからの時代、どちらが自分にあった教育ローンなのか検討し、判断することが大切になってきます。