カードローン
ここではお金を借りる際にどうして銀行の方が金利が低いのかという理由と、それでも消費者金融が利用される理由などを挙げていきます。

カードローンは主に銀行と消費者金融から提供されていますが銀行のカードローンの方が総じて金利が低くなっています。

中には消費者金融並の銀行もありますが消費者金融の最高金利はどこでもほぼ年利18%なのに対して銀行は平均して15%弱です。

銀行と消費者金融では資金源が違います

銀行はご存知のように、主に3つの業務を行っています。

1つは預金業務で、ご存知ように利用者に対して口座を提供し、預金を預ります。それに対して利息を支払う代わりに、その預金を運用して利益をあげています。

次に外国為替業務です。日本円を各国の通貨に両替したり、その逆を行うことで、両替手数料を徴収しています。

そして最後が貸金業務です。カードローンはこの業務に該当しその資金源に最初の預金業務で集めたお金が使われています。

銀行ではこのように、カードローンの資金源として利用者の預金を利用できます。その為、消費者金融より低い金利でお金を借りることができるという訳です。

その一方、消費者金融ではカードローンの資金源は自己資金か、もしくは銀行から借りたお金ということになります。自己資金で行っている場合も預金業務を行っている訳ではないので、そう潤沢にお金がある訳ではありません。

また、銀行から借りたお金を貸している場合、その為の金利を支払っています。さすがにカードローンのように年利15%前後も支払っている訳ではありませんが、預金業務で利用者に支払われる利息と比べると、比べものにならないほどの金利を支払っています。これでは銀行より金利を下げられる訳がありません。

これが銀行のカードローンの金利が消費者金融より低い理由です。低い金利(預金者に支払う利息)で集めたお金をカードローンの資金源にしているからです。これは預金業務も行っている銀行ならではの特権と表現してもいいでしょう。

金利こそ低いですが…

銀行ローン銀行のカードローンは消費者金融より金利こそ低くなっていますが、カードローンを利用するにはまず審査に合格する必要があります。

銀行ではこの審査が消費者金融より厳しくなっています。これは決して巷の噂や個人の感覚的なものではなく、業界紙に掲載されているカードローンの審査の合格率からも明らかです。

そのデータによると、消費者金融のカードローンの成約率は約40~45%ですが、銀行では約25%です。実際にこれほどの差がある為、金利は低くても、申し込みをした人のうち、約4人に1人しか利用できていないのが実情です。

消費者金融より金利の低い銀行のカードローンを利用する為には、この厳しい審査に合格する必要があります。

成約率の高い銀行のカードローンも

平均すると約25%になる銀行のカードローンの成約率ですが、その中でも35~40%も成約率があるカードローンが存在します。

それは、元は大手の消費者金融だった新生銀行のレイクです。このレイクは現在では銀行のカードローンですが、消費者金融時代の顧客をそのまま引き継いだこともあり、金利等の利用条件もその頃からそれほど変化していません。

その為、レイクの最高金利は現在でも年利18%で、消費者金融と全く変わらない水準です。金利が他の銀行のカードローンと比べると高い分、銀行のカードローンとしては審査に合格しやすくなっていると言っていいでしょう。

金利が高い消費者金融を利用する理由は?

消費者金融は金利こそ高いですが、利便性という面では銀行のカードローンを大きく上回ることが多くなっています。

特に大手の消費者金融ではPCやスマホを利用して自分の口座まで借り入れが行えるのは当たり前で、申し込みさえそれらを利用して行うことができます。審査に掛かる時間も最短で30分程度のことが多く、すぐにお金が必要になった時には銀行より消費者金融の利用がおすすめです。

また、契約時に無利息期間を用意しているのも消費者金融の特徴です。銀行でも一部では同様の無利息サービスを行っていますが、ネット銀行や地方銀行がほとんどで、有名な銀行のカードローンで無利息期間があるのは前述のレイクくらいです。

このように、消費者金融は金利では銀行と勝負できない分、各種のサービスに力を入れていると言えます。

返済方法が豊富なのも特徴です

銀行のカードローンは返済方法がその銀行の口座からの引き落としに限定されているような場合もありますが、消費者金融では豊富な返済方法を用意していることがほとんどです。

キャッシング用のカードを使ってATMから行う方法や、指定した銀行の口座からの引き落とし、または返済用の銀行口座への振り込みなど、自分に合った返済方法を選ぶことができます。

申し込みから借りるまでの早さもそうですが、このように利用を開始してからも何かと便利な点が多いのが消費者金融です。その為、金利こそ銀行より高くなりますが、消費者金融の方を選択する人も多いのです。