カードローン自身には収入のない専業主婦がカードローンを利用する場合、消費者金融は利用することができません。その為、必然的に銀行のカードローンを利用することになります。では、何故専業主婦では消費者金融は利用できないのか、そして、どのように銀行のカードローンの申し込みを行えばいいのでしょうか。

総量規制によって消費者金融は利用できません

消費者金融を利用するには、契約を行う本人に収入が必要です。総量規制という決まりがあるので、その収入の1/3が借りれる上限になります。この総量規制がある為、自身には収入のない専業主婦は、消費者金融を利用することができないのです。収入がゼロでは、その1/3もゼロということです。

例外的に、配偶者である夫との収入を合算して、その1/3までの借りれる配偶者貸付という制度がないこともありませんが、消費者金融でこれを利用するのはあまり現実的だとは言えません。それは、この制度による借り入れを行う場合、夫だけでなく、本人にも多少なりとも収入が必要になるからです。

また、この制度による融資を行っている消費者金融は、大手の中にはありません。中小の消費者金融の中には行っているところがあるかも知れませんが、やはり、本人の収入の面から利用は難しいでしょう。

銀行のカードローンなら利用できます

銀行には総量規制は適用されない為、収入のない専業主婦でもカードローンの契約を行うことができます。

ですが、全く返済の当てがない人に対してお金を貸すことはできないので、このカードローンの契約は、上に書いた配偶者貸付を利用した契約になります。銀行では本人に収入がなくても、この制度を利用することができます。そして、多くの銀行でこの配偶者貸付制度を利用した、専業主婦に対しての融資を行っています。

本人に収入がない場合の配偶者貸付は、配偶者である夫の収入を頼りに行われます。確かに収入のある夫がいることを証明する必要があるので、申し込み時に住民票を提出することを求められる場合が多いです。

そして、原則的に夫の同意が必要になります。ですが、この同意書を書いてもらうことになると、夫に秘密で契約を行うことができませんが、夫に秘密で借り入れを行いたい場合も多いと思われます。そのような場合、この同意書の提出が必要ない銀行を探すことになります。これは、申し込みの前に必要になる書類を聞くことで確認できます。

大手の銀行では、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行で、この同意書が必要ありません。夫には内緒にしたい場合、このような銀行を選択しましょう。

ネット銀行と言っても、キャッシング用のカードは発行されます。そのカードを利用して、全国のコンビニのATMから借り入れや返済が行えるので、それほど利便性が悪い訳ではありません。

審査はどのように行われる?

この契約では、本人というより、夫が審査対象になるので、申し込み時にはその夫の勤務先や連絡先、年収などの情報が必要です。

ですが、このカードローンの申し込みを行うことを夫に連絡することや、勤務先に在籍確認の電話をするようなことはありません。信用情報のチェックはありますが、その他の情報は、あくまで参考程度です。

それは、専業主婦がこの配偶者貸付で借りれる額は、ほとんど場合で30万円までと決められているからです。これは夫の年収が多い場合でも関係なく、収入のない専業主婦ではこの額までが限度になります。自身には収入のない専業主婦でも返済に問題が起きないように、借りれるのは最高でも30万円までだということです。

そして、配偶者貸付による借り入れになりますが、契約を行ったのは本人なので、もちろん返済も本人が行っていく必要があります。

利用を始めてからの注意点は?

言ってしまうと、この専業主婦のカードローンの契約は、ほとんどの場合で夫には秘密で契約を行うケースになると考えられます。夫が同意をするなら、夫自身が借り入れを行った方が限度額も高くなり、利用しやすくなるからです。

夫に秘密で申し込みを行っても、夫に連絡をされるようなことはありませんが、返済を遅らせてしまうようことがあると、その連絡の電話があったり、督促状などが送られてくることがあります。

それによって、夫にカードローンの契約が発覚してしまう可能性があります。電話は本人の携帯電話に掛かってくることがほとんどですが、繋がらなかった場合は自宅に掛かってくることもあります。夫に秘密で契約を行った場合、これには注意してください。

ですが、夫に返済についての連絡をしたり、返済自体を夫に求めるようなことはありません。契約を行ったのは本人なので、本人が責任をもって返済を行わなくはいけません。よって、毎月自由に使える金額の中から返済に回せる金額を考えて、計画的に利用することが大切になります。