銀行のカードローンを利用しているのに、何故か消費者金融から請求がくることがあります。これは冗談でも何でもなく、本当の話です。

では何故そのようなことがあるのでしょうか? また、その請求に対してどうしたらいいのでしょうか?

銀行のカードローンの仕組み

銀行のカードローンは、銀行としては珍しい無担保での融資です。
消費者金融では無担保融資は当たり前ですが、銀行は担保のない融資は原則的に行いません。例えば住宅ローンを組めば、その住宅そのものが担保になります。企業に対する融資の場合は、その会社の株式などの有価証券を担保としたり、自社ビルなどの不動産を所持していれば、そこに抵当権を打って担保とします。

つまり銀行は原則的に返済ができなかった場合の保険を掛けた融資しか行わないのです。その担保が本当に融資額に見合っているかどうかはまた別問題ですが、何かしらの担保をとらないと融資を行わないのが銀行です。

そんな銀行でも、カードローンでは無担保融資を行っています。これには理由があり、銀行のカードローンには必ず「保証会社」が付いているのです。
この保証会社とは、契約者より返済が行われなかった時に、代わりに銀行に対して返済を行う役目を負っています。これを代位弁済といい、銀行から見るとこれが保険になっているのです。その為契約者にはこれといった担保を要求せずに融資を行っているのです。

保証会社の業務内容とは?

銀行のカードローンの保証会社は、万が一の時に銀行に対して代位弁済を行う義務がありますが、カードローンの契約ごとにその内容に応じた保険料を銀行より徴収しています。
限度額の高い契約になれば、その分この保険料も上がることになります。これは一般的な保険の契約と同じようなもので、要は保険業務を担当している会社だと言うことができます。
この銀行のカードローンの保証会社は、実はほとんどが消費者金融です。
例えば、三井住友銀行やジャパンネット銀行、横浜銀行のカードローンの保証会社はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)で、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行の保証会社はアコムといった具合です。
カードローンの契約者が再三の催促にも関わらず返済を行わないと、保証会社は銀行に対して代位弁済を行います。そして、それと同時にその債権を銀行より譲り受けます。要するに、銀行から保証会社に債権者が移るということです。
こうなると、銀行からではなく、その保証会社である消費者金融などから請求がくることになります。これが、銀行のカードローンを契約したのに消費者金融から請求がくる理由なのです。

保証会社から請求がきた場合

保証会社から請求がきたということは、元々カードローンの契約をした銀行は、もう返済してもらえないと判断したということです。
この状態になってしまった場合、この時点でブラック扱いになったと考えてください。よって保証会社も電話での催促や封書による請求だけでなく、法的手段に訴えてくる可能性が高いと言えます。
これによって、裁判所への呼び出しを受けたり、給与の差し押さえをされてしまうなど、強制的な取リ立てが行われることになります。
この保証会社が債権者になったということは、銀行が自力で回収することを諦めたからです。銀行も、1ヶ月や2ヶ月程度の遅延で保証会社に債権は譲りません。度重なる催促を無視するなど、よほど悪質だと判断した場合に初めてこの債権が譲渡が行われる訳です。
その為、それを譲り受けた保証会社は最初から容赦せずに回収を行ってくるのです。

すぐに返済を行いましょう
カードローンを利用していた銀行の債権を譲り受けたという書面が消費者金融などの保証会社から届いた場合には、すぐに返済を行うことをおすすめします。
この時点で信用情報はブラック扱いになっていますが、これは返済を行わない限り、解除されることはありません。ブラック扱いになってしまうと、あらゆる借り入れ行為が行えなくなります。クレジットカードを所持している場合、それも使えなくなってしまいます。通信販売などのローン契約も同様に全く行えなくなります。
この状態のままでは、全ての支払い行為を現金だけで行わなくてはいけません。現代社会において、この状態では日々の生活にも影響が出てしまう可能性が高く、また、給与の差し押さえなどから、職場にカードローンの未払いをしていることがバレてしまうことも考えられます。

銀行のカードローンを利用していて、その保証会社である消費者金融などから請求がくるということは、ここまで深刻な状態になっているということなのです。こうなってしまった場合、一刻も早く返済を行ってください。

すぐには返済できない場合は…

債権を譲り受けた保証会社は、基本的にはそれまでの金利や延滞金などを含めた一括返済を求めてきます。ですが、そのまま支払えるようであれば、そのような状態にはなっていないはずです。
よって、現実的には分割で返済を行うことになるケースが多く、これにはある程度ですが、交渉の余地があります。毎月支払える範囲で完済できるようなプランを提示されることも多いので、強制的な取り立てが行われる前に、保証会社側と折り合いを付けることが大切になります。