クレジットカード、キャッシング、ローンについて知っておくのと知らないでおくのはぜんぜん違います。
まずローンには不動産や住宅のような借り入れ条件として担保の提供が必要な有担保ローンとカードローンのような借り入れ条件として担保の提供が不要な無担保ローンがあります。有担保ローンは無担保ローンと比較すると金利が低い、融資限度額が大きい、長期返済が可能なものをいいます。

住宅、自動車ローンは有担保ローン

銀行、信販会社、消費者金融などが取り扱っているのは無担保のローンです。それは審査を受けカードを発行してもらいますが、店舗に行かなくてもATMかた借り入れや返済ができる資金目的の使途自由なフリーローンです。カード発行時に決められた貸付限度内であれば何度でも借り入れすることが出来ます。
銀行の有担保ローンは総量規制の対象外で銀行のカードローンと比べ、最高限度額が高く、金利が低い低金利のローンが多いのが特徴です。その分審査が非常にきびしくなっています。銀行の有担保ローンを申し込む際はそういった点にお気をつけください。

審査とは、信用を見られるということ

カードローンの審査はカードローン独自の審査基準があります。審査基準の中でももっとも重要なのは実は信用情報なんです。信用情報というのは、ローンやクレジットカードでいくらくらい借りているか毎月の支払いで遅滞がないか、などの情報でこの情報は信用情報機関で管理されていて、金融機関各種はこの情報を共有しています。信用情報でいいのは、長期間のある程度の利用があり、遅滞が全く無いというケースなのです。
そうゆう方の信用状況は良好とみなされ「しっかりしている」と見られます。逆に今まで一度もローンを組んでない人は信用機関に情報が全くありません。その場合、あまりいい判断にはならないことが多いです。返済能力を審査するために毎月一定額の収入があるのかも大きな決め手になります。また仕事の雇用形態も見られます。まず公務員、正社員、自営業、契約社員、派遣社員の順に評価の高さになります。ローン会社や借りる金額によっては収入証明する書類も必要になってきますので用意しておきましょう。

借りたら必ず金利を付けて返さなくてはならない

販促的な取り組みで一時的な無利息キャンペーン等がありますが、ローンに関する注意点としては全てのローンには必ず借りた金額に対し、金利というものがかかってきます。カードローンやキャッシングは小額から気軽に借りられるものも今は増えてきていますが全てのローンには借りた金額に対し金利がつきますので毎月借りた金額+金利を返済しないといけなくなります。
ご自身の返済能力にあった借り入れをしないと、後々大変になりますのでご注意ください。

クレジットカードは大変便利ですが…

クレジットカードのキャッシングは賃金業法の対象となりますが、ショッピング枠は割賦販売が適用され総量規制の対象外となってしまいます。
年収の大体3分の1以上の銀行以外の総量規制の対象となる借り入れがあっても、クレジットカードローンのショッピング枠では買い物は可能です。クレジットカードのショッピング枠の現金化も活用すると非常に使えて便利なものですが、カード会社の「クレジットカード会員規約」に抵触するので控えましょう。

主婦の方が借り入れる場合

また先ほどローンは返済能力のある人しか許されないと欠きましたが専業主婦の場合、収入源が無いため普通はカードローンは難しいですが、しかし、最近はローンの返済方法が本当に多様化していますのでローンに対する情報があふれ、以前よりローンに対する抵抗は減ってきています。主婦の人は収入が少ないため、ローンには審査が通らない確率は会社員よりは低いかもしれません。しかし、配偶者の収入がある程度あればローンが利用可能になります。主婦ほど買い物を多くする人もいないので、ローン会社も主婦の方に是非使ってほしい気持ちにあると思います。一歩で勝手にローンを組めるので気づけば知らない間に支払いがたくさん溜まっていて驚いたという状況もありますので家計の管理を出来た上で配偶者にきちんと説明をし計画的な使い方を心がけましょう。

どこのカードローンを利用すべき?選び方とその理由

カードローンやキャッシングは様々な銀行・会社などがあり、どこを選んだらいいのか迷ってしまう方は多いです。まずご自身にとって最適なカードローン・キャッシングを選ぶために必要な知識として、2010年6月に導入された総量規制の内容を挙げます。
総量規制という言葉は知っているけど、内容までは把握していないという方も多いのですが、基本的には利用者の方が返済能力を超えた借入を行ってしまわないようにという目的で導入された規制です。主な規制内容に「借入可能額は年収の3分の1まで」「無収入の方は借入不可」「借入申込の際に、収入証明書の提出が必要となる金額が低い」というものがあります。これによって借入希望者は借りにくくなり、カードローン・キャッシング事業者は貸しにくくなってしまいました。倒産する事業者も表れ、賛否両論の規制となっています。
またその反面で、総量規制の対象外となるカードローンの利用者が飛躍的に伸びています。総量規制とは貸金業法の適用される事業者のみが対象となっているのですが、これに対して銀行法が適用される銀行カードローンなどは総量規制の対象外となっています。
つまりは銀行カードローンの方が審査に通りやすく限度額も高くなりやすく、例えば収入の無い専業主婦の方でも限度額30万円までなら配偶者の方の収入などを審査対象とせずに借入を行う事が出来ます。
こういったメリットに加えて、さらに金利が安いという大きな優位点まであります。
ほとんどの消費者金融が上限金利18%となっていて、銀行カードローンは14%台が多いです。要するに、銀行カードローンがメリットだらけの状態になっているのです。これからカードローン・キャッシングを利用しようと考えている方への豆知識として強調したいのが「とにかく銀行カードローンがお得で審査も通りやすい」という事です。注意点としては銀行カードローンと、銀行のグループに入っているカードローン会社・消費者金融は別物という事を挙げておきます。
三菱東京UFJ銀行であれば、銀行カードローンはバンクイックがあり、総量規制の対象外です。しかし、三菱UFJフィナンシャルグループに属しているアコムは総量規制の対象です。少々ややこしくなっているので、お間違いのないように申込先を選んで下さい。
そんな銀行カードローンですが、中でもみずほ銀行だったり三菱東京UFJだったりと選択肢が分かれます。

例えば話題のカードローンを選ぶのも一つの方法

その中でも現在最もお勧めな銀行カードローンは楽天銀行が運営するスーパーローンです。今やたくさんの方が楽天で通販を行っていますが、通販の度に加算される楽天ポイントは非常にお得なポイントサービスとして人気が高いです。楽天銀行のスーパーローンのカードが発行されると、楽天ポイントが大幅に加算され、その後も様々なタイミングで加算され続けていきます。
さらに、楽天銀行はネットバンクですので、ネット上で借入・返済などの一連の手順を完結する事が出来ます。尚かつスーパーローンでは金利が大幅に下がるキャンペーンなども行っており、利用者が激増しています。
またスーパーローンをTVCMでも頻繁に見かける事からも伺い知れるのですが、楽天はカードローン会員の獲得に非常に力を入れているのです。新興カードローンですので、会員が増えない事には利益も上がらないため、他行以上にカードローンの会員増加を促進しています。これにより、カードローン申込者の中では楽天のスーパーローンが今一番審査が通りやすいともされています。もちろん審査基準などが明確に明かされているワケではありませんが、事故歴さえ無ければ無職の方でも通る可能性が高いとまで言われています。
大変お得で便利なカードローンな上に、審査に通りやすいとまでなれば、お勧めカードローンの一番手に挙がるのは当然です。
要約しますと、カードローン・キャッシング利用をご希望する方はまず銀行カードローンを選ぶべきであり、さらに楽天銀行のスーパーローンが超お得という事を豆知識として持っておかれると良いです。消費者金融系などを含めますと、ここまで利用先によって顕著に損得の分かれるサービスも珍しいのではないでしょうか。より良いカードライフのために、是非知っておいて頂きたい事です。

カードローンと目的別ローンの違い

カードローンは銀行の目的別ローンである自動車ローンや教育ローン、住宅ローンといったものとは仕組みが違うローンです、目的別ローンとはある一定の金額の融資を受けて、その金額を毎月分割して返済していくローンですが、カードローンは個人信用情報をもとに利用出来る限度額を決めます、ですから人によっては50万まで、100万までといったように利用できる限度額が違ってくるわけです、限度額が決まればその枠内の金額を自由にATMなどからキャッシングすることができるわけです。
この借り入れ限度額は年収や他の借り入れがあるかどうかなどで決まります、さらに消費者金融からの借り入れ限度額の場合は総量規制という制度にも左右されます。総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れできないという規制です。
目的別ローンと違って、カードローンは返済方式も自由度が高く、従来の元利均等法式、残高スライド制以外にもある時に支払う毎月の返済金額が変動できる返済方法を採用している会社もあります。
カードローンは必要な時に必要なだけ借りて月々返済することができるといった自由度が特徴です、社会人になると突然お金が必用になることも多いですからローンカードを1枚サイフに用意しておくことはごく当たり前のことかもしれません。カードローンと似たものでキャッシングがありますが、広い意味ではカードローンと同じものですが、厳密には違います、キャッシングは主にクレジットカードに付随しているショッピング枠で借りることができるものを指します。