お金を借りる方法として挙げられるものの中にはカードローンとキャッシングという2通りの方法があります。この2つは似て非なるものといえ、どちらもお金を借りることが出来ることに関しては全く同じなのですが、利便性などに違いがありますし、利用するためのカードなども全く異なるものとなります。

まずカードローンと呼ばれる方式に関しては消費者金融や銀行が発行しているカードローン専用カードを利用してお金の借り入れを行うものです。一方のキャッシングに関してはクレジットカードの機能として付帯しているもので、クレジットカードをもっていないと利用できないものとなります。そのため審査などにも大きな違いがありますし、利用できる限度額に関してもカードローンとキャッシングでは違いがあります。

カードローンの特徴とは?

カードローンは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2種類に分けることが出来、どちらも同じように限度額までの借り入れが出来るローンとなっています。まず最も利用者の多いアコムやアイフル、プロミスといった消費者金融のカードローンに関しては、貸金業法と呼ばれる法律の元で運用をされているカードローンとなります。

この貸金業法では総量規制と呼ばれる規制があり、年収の三分の一までしか借り入れが出来ないことになっています。そのため借りることが出来る限度額は年収に大きく左右されることになりますし、収入が無い場合は総量規制の対象となるため専業主婦や無職の人は利用をすることが出来ません。

一方の銀行系カードローンに関しては銀行法での運用となっているため総量規制という規制は無く、一部の銀行では専業主婦など収入の無い人でもカードローンの利用が可能になっています。利用に関してはwebでの振り込み融資やATMでの利用といった借り入れが可能となっていますし、返済に関してもカードローンの場合は銀行系でも消費者金融系でも毎月決められた金額のみを返済していけばOKとなっています。

キャッシングの特徴とカードローンとの違い

キャッシングに関してはクレジットカードのサービスの一部となるもので、契約しているクレジットカードの限度額の一部がキャッシング枠という形で使用が可能になります。クレジットカードの場合ショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠が設けられており、ショッピング枠は買い物をした際の支払いを行う枠、キャッシング枠は現金を借りることが出来る借り入れの枠という設定になっています。

それぞれに運用されている法律が異なり、ショッピング枠は割賦販売法という法律で運用され利用に関しては買い物での支払いに限定された利用しか出来ません。キャッシングに関しては利用する用途を特定していない自由枠となり、カードローンと同じ貸金業法での運用となります。

そのためキャッシング枠に関してはカードローンと同じく総量規制の対象となるため利用できる枠は年収の三分の一までに限定されることになります。

カードローンとの大きな違いは利用する際にもあり、キャッシング枠に関してはショッピング枠が優先となるため買い物で限度額を使い切っていた場合キャッシング枠の利用が出来ません。これはクレジットカード全体の限度額はショッピング枠優先で利用することになり、ショッピング枠の場合は限度額全額利用が可能となっており、その中の一部分をキャッシングにも利用できるという設定になっているためです。

カードローンの場合は全額カードローンのみの利用が可能ですので、その点でも違いがあります。それと返済に関してもカードローンとの違いがあり、キャッシングに関しては借りた金額は翌月一括返済を行う必要があるため、基本的にはカードローンのような毎月一定額を返済していくということが出来ない仕組みとなっています。

そのため5万円借りればその全額を翌月一括返済する必要があるわけです。この点はカードローンよりも利便性が劣る部分です。

近年ではキャッシング枠の利用後に返済をリボや分割に変更することが出来るサービスも増えてきていますが、これはクレジットカードにより利用可能な場合とそうではない場合があるので、基本的にはキャッシングに関しては翌月一括返済が必要だと考えておくほうが良いでしょう。
カードローンとキャッシングの金利は?

カードローンとキャッシングの金利に関しては基本的には同じ貸金業法での運用のため利息制限法に基づき金利が設定されています。そのためどちらも18%程度の金利での利用となっていますが、利息の付く計算方法がカードローンとキャッシングでは異なっています。

カードローンの場合は日割り計算なので借りてから返済するまでの期間が短ければそれだけ利息が少なくなります。しかしキャッシングに関しては日割り計算ではなく月割り計算となっているので、月の頭で借りても終わりで借りても利息に変化がありません。

そのためひと月の間であれば何時借りても同じだけの利息の支払いが必要となります。この点もカードローンとの大きな違いとなります。