お金を借りる方法にカードローンとキャッシングがあります。どちらもお金を借りる事には変わりはなく、しかも似たようなサービスであるために本質を理解している方は案外少ないのではないでしょうか。そこで今回はカードローンとキャッシングの違いについて考えたいと思います。

カードローンについて

カードローンとは、銀行や消費者金融などでお金を借りる金融サービスです。特徴は、マイカーローンや教育ローンなどといった使用用途が限定されるローンとは異なり、お金の使い道は自由となっています。

又、担保や保証人の設定も不要となっている為に審査に要する時間は短く、最短で申し込み当日に融資を受ける事が可能な迅速性のあるサービスです。又、限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも借りられるなど自由度が高い金融サービスといえます。一方で金利は用途が限定されるローンに比べると高めの設定となっています。

キャッシングについて

キャッシングとは、一般的にはクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用してお金を借りることになります。利用する際には、ATMなどからお金を借りることが出来ます。

特に海外で利用する場合には、余分な現金やパスポートなどを持ち歩く必要もないので安心して利用できるといえます。ちなみに海外でも使えるカードローンはないため、クレジットカードでのキャッシングが、海外では便利だし安心して利用できるという事です。

カードローンとキャッシングの違い

両サービスとも、お金を借りるという事では特に大きな違いはありません。また、お金の引き出しや返済に関しては、金融機関の店舗や提携金融機関、コンビニ等に設置されているATMから行える行えますので、このあたりでも特に違いはありません。

唯一違いがあるとするなら、融資額と返済方式が挙げられます。カードローンの融資額では、アコムやプロミスといった大手消費者金融の場合で最高500万円まで可能となっています。一方、みずほ銀行やジャパンネット銀行などといった大手銀行では最高1,000万円まで可能と可能となっています。

いずれも年収によって決まりますが、消費者金融系の場合は総量規制の対象となり年収の1/3までの融資となります。銀行系では総の量規制対象外となっている為に高額融資が可能です。

一方、クレジットカードのキャッシングでは利用限度額は、通常10万円から50万円に設定されています。又、利用実績などによっては50万円から100万円など増額する事が出来ます。それでもカードローンに比べて限度額は少ないといえます。

そして返済方式では、カードローンでは分割返済が基本となっており、キャッシングでは原則、翌月に借りた金額を一括返済するというのが基本となっています。ただし最近では、キャッシングの中にも分割返済が可能なものもあるため、返済方式においてはカードローンとの違いはほとんどないといえます。

カードローンとキャッシングの大きな違い

金利にも違いがある

キャッシングとカードローンでは、お金を借りる際に最も気になる金利に違いがあります。基本的にはキャッシングはカードローンと比べて高い利率となっています。

これは、カードローンでは長期にわたって少しづつ返済する分割支払いとなっている為、金利は低くなる傾向にあります。銀行系の金利ではソニー銀行の2%台から他行上限でも17%台、消費者金融系ではアコムの4%台から上限18%となっています。

一方で、キャッシングは翌月に一括返済を行う事が前提となっている為、金利は高めに設定されている事が多いです。最も低いとされるイオン銀行のイオンカードセレクトでも7.8%から18.0%とカードローンに比べて高めに設定されています。

ただし注意したいのが、金利の低いカードローンの方が得だと安易に考えない事です。キャッシングは翌月に一括で支払うのに対して、カードローンは長期間にわたって返済していく事になる為、返済するまで金利を支払う事になります。金利で判断する場合は、最終的な金利も含めた支払い金額を事前に確認してから利用を検討する事が大切といえます。

カードローンとキャッシング、結論から言えば基本的にはお金を借りる事に違いは無い為、ほぼ同じ意味だと言えます。又、利用するにあたっては、収入や返済能力など審査を受けて契約するといった事も違いはないため、結局のところどちらが得なのか悩むところです。

例えば、海外での利用も視野にいれているのであれば、クレジットカードのキャッシングが便利ですし、高額融資を即日望むのであればカードローンが向いているといえます。

又、返済においては一括で返す計画があれば良いのですが、そうでない場合にキャッシングで一括返済するはめになってしまうと、生活が成り立たなくなってしまう恐れがあります。

そうなってしまうと借金返済の為に借金を行ってしまう悪循環に陥ってしまう可能性があります。カードローンもキャッシングも、事前に返済計画をしっかりと立てる事で、無理のない範囲で返済しておくという事がとても重要になります。