きちんと定職に就いていて収入も安定している、でもキャッシングの審査に通らない、そんな方はブラックリスト登録されている可能性があります。過去のキャッシング利用状況は信用履歴という情報としてデータ会社に保管されており、それをキャッシング会社は審査に利用することができます。信用履歴に審査落ちになってしまう理由となる情報があるとブラックリスト入りをした状態になってしまうのです。

キャッシングの延滞や契約解除

ブラックリスト入りになる理由のひとつは、過去のキャッシングで3ヶ月以上の延滞をしたり、その結果契約解除されてしまったことです。保証会社による代位弁済(返済の肩代わり)もブラックリスト入りの理由になります。ブラックリスト入りから解除されるのは契約終了から5年後です。5年間は新規申し込みをしても審査に通ることがとても難しくなります。

キャッシング以外のローン延滞

延滞でブラックリスト入りするのは何もキャッシングだけではありません。それ以外のローン返済も延滞が長引くとブラックリスト入りになってしまいます。こうしたローンはたいてい保証人や担保が必要ですが、担保を差し押さえられたり、保証人に請求が行ったことがある場合はアウトです。こちらの解除期間も契約終了から5年間です。

携帯電話料金の延滞

キャッシングやローンの返済で問題を起こしたことがないという方でもブラックリスト入りしていることがあります。それは携帯電話料金の延滞です。携帯電話料金にスマホなど携帯端末の分割代金が含まれていると、これはローン扱いになります。そのため、携帯電話料金を延滞するとローンを延滞したことと同じことになってしまうのです。見落としやすい部分なので携帯電話料金の支払いにも注意しましょう。