一般的な消費者金融でも事業者用のローンを用意していることがありますが、このビジネクストは事業者ローン専門の金融業者です。

事業者ローンの専門業者だけあって、融資可能な金額が消費者金融を利用する場合より大きい点などが特徴だと言えます。

ここではこの業者について見ていきたいと思います。

そもそも事業者ローンとは?

消費者金融で個人として契約を行った場合、基本的に借り入れたお金は自由に使うことができますが、事業用の資金としての利用だけはできない契約となっています。

この事業用の資金とは、業務上の仕入れや支払いなどに使う場合で、個人事業者や経営者が個人的に契約を行った場合もこのような使い方は禁止されています。

個人的な契約ではなく、事業用の資金として利用できる契約をこの事業者ローンと呼んでいます。契約自体は個人として行いますが、あくまで事業者として契約するということになります。

事業者ローンは大手以外の消費者金融では取り扱いがない金融業者も多いですが、このビジネクストはこの事業者ローン専門の金融業者で、逆に個人的な契約は用意していません。

ビジネクストを利用できるのは個人事業者や経営者だけになります。

ビジネクストの事業者ローンの特徴

ビジネクスト

申し込みはインターネット、もしくはFAXでのみで受け付けています。一般的なカードローンと比較すると高額の借り入れとなる場合が多いと言えますが、直接店頭まで出向く必要はありません。

利用できる対象となるのは20歳以上69歳以下の個人事業者もしくは法人の経営者の人で、事業者専用のローンなので会社員などの給与所得者は対象外となっています。

契約に必要な書類

事業者ローンなので、本人の身分証明書と共に収入証明書が必須となります。

これには個人事業者の場合は確定申告書B(=事業者用)の写しを直近の2年分用意する必要があり、経営者の場合はその法人の商業登記簿謄本と、決算書を直近の2期分用意してください。

ここに挙げた以外の書類では収入証明書にならないので、必ずこれらを用意する必要があります

担保や保証人は原則的に必要ありません。一般的なカードローンと同様に無担保融資となりますが、経営者の場合のみ、連帯保証人となることが条件です。個人事業者の場合はその必要はありません。

最高利用金額と金利

ビジネクストの事業者ローンで融資を受けられる最高金額は1000万円です。これは消費者金融ではまず扱っていない金額で、利用する事業者や経営者にとってこれは大きいに越したことはないので、事業者ローン専門の業者だけのことはあると言えるでしょう。

金利は年利8~18%で、高額の融資となった場合でも8%を切ることはありません。これは個人的な融資と考えるとかなり高いと思えるかも知れませんが、事業者ローンとしては多少高いという程度です。

消費者金融で事業者ローンを扱っている場合も、個人的な契約の場合より高い金利となっています。事業用の資金として使えるという視点から考えると、これは仕方のないことです。

契約金額(限度額)について

最高利用金額が1000万円とかなり高額になっていますが、最低50万円から申し込みを行うことができます

一般的なカードローンのように限度額方式となり、キャッシングカードも発行されるので、それを利用して借り入れや返済が行えます。

また、この借り入れは事業者ローンの為、総量規制の対象外になります。よって、年収の1/3を超える金額になっても問題ありません。

借り入れ方法と返済方法

借り入れは銀行振り込み、もしくは契約後に送付されてくるキャッシングカードを利用してATMから行うことができます。

このATMは、セブンイレブン、東京スター銀行、またはアイフルのATMのみが利用できます。この他のコンビニのATMは利用できません。

返済は指定された口座まで振り込みで行う方法と、ATMで行う方法があります。この返済時には東京スター銀行は利用できないので注意してください。この銀行のATMは借り入れ時のみ利用することができます。

返済日は特に決まっていません。契約の段階で毎月の都合のいい日を選択してください。

ビジネクストは高額の利用に向いています

消費者金融の事業者ローンでは、最高利用金額が300万円や500万円までのことがほとんどですが、金利は最低年利6~7%程度になっています。

このビジネクストの事業者ローンの最低でも8%いう点は、それと比較すると少々高いと言えます。よって、少額の借り入れ時に無理に利用する必要は無いかも知れません。

ですが、500万円を大きく超える金額まで無担保で融資を受けられるのは、事業者や経営者にとっては大きなメリットです。事業用の資金として借り入れを行う場合にそのような金額になると、まず担保を求められることが多くなります。

また、キャッシングカードで限度額の範囲で気軽に追加の借り入れが行える点も、事業者ローンとしては利用しやすいかも知れません。

このビジネクストの事業者ローンは、事業用の資金が大きく必要になった時に担保を用意できない場合に重宝するカードローン契約だと言っていいでしょう。